抱き合うカップル

86%の男性が「クンニが好き」…ただし、●●に限る!その条件とは?


重ねる手

彼から強引に押し倒されて…

≪部屋に着くなり、ちょっと強引に押し倒され、彼がクンニをしてきた…≫

会社帰りに待ち合わせて、私の家の近くのバーで飲んだ帰り。

「今日は泊まっても良いかな」と突然言い出した彼に、驚きながらも小さくうなずいた私。

部屋につくなり彼が後ろから抱きしめてきて、「なんだか今日すごくムラムラしてて…君を見てると我慢できないよ…」と言って、そのまま押し倒されました。

少し酔った彼はいつもより饒舌になり、エッチな言葉をささやきながら私の唇をむさぼるように吸ってきました。すぐにその手が下着の中に入ってきて、思わず「あぁっ…」と声が出てしまう私。

彼は少し強引に下着を脱がせると、シャワーも浴びていないのに、スッと顔を下の方に移動させていき…

「あぁ…可愛いね…膨らんでピンク色になってるよ…」と言いながら、舌先や唇で恥ずかしいところをついばんだり、じらすようにゆっくりと舌を挿入したりしてきました…。

私は「だめっ…ああっ、気持ちいい…-」と言いながらも、突き抜けるような快感に身を委ねてしまいました。

あなたの彼は、こんなゾクゾクするような展開と、愛情も感じられる丁寧なクンニをしてくれていますか?

一番敏感な部分をじっくり舌で舐められた時のあの気持ちよさは、指で触られるのとまったく違った感覚。

本音を言えば、大好きな彼にたくさん時間をかけて、身も心も思い切りトロけてしまうようなクンニをして欲しいですよね。

しかし、そんな女性の理想とは裏腹に、クンニするのを避けている男性たちがいるのです。

首筋にキス

男性がクンニを避ける理由とは?

約86%の男性が「クンニが好き」…ただし、ある条件付き!

彼から愛情を感じるようなクンニを誰もがしてもらっているのかというと、実はそうではないのです。実際に、LCラブコスメが行った調査によると、女性からクン二についてこのようなコメントが寄せられました。

「私の彼はクン二があまり好きではないようで、手では愛撫してくれますがその後はすぐに挿入して終わりです。でも私から『舐めて』なんて言えないので…いつも何となく不満を抱えています!」(sonoさん/31歳/会社員)

「キスからだんだんと唇が下りて行って、胸、腰、足の付け根までキスしてくれたので『いよいよクン二をしてくれるかな!』と思ったら、スッと戻ってきてしましました…。私はクンニが好きなのでしてほしいのですが…私のアソコに何か問題があるのではと不安になってしまいます!」(パンちゃんさん/25歳/アパレル)

指だけではなく、彼の舌で思いっきり感じたいと本心では思っていても、彼が全然してくれない!と悩んでいる女性も多いのです。だからと言って、女性から「舐めてほしい」とはなかなか言い出しにくいですよね。

オーラルセックスは、女性にとって気持ちいいだけではなく、お互いの愛を確かめ合うためにも大事な行為です。そして、男性にとっても女性を満足させることは悦びのはず。

LCラブコスメが男性へ「クンニは好きですか?」という質問をしたところ、約86%が「好き」と回答。「どちらとも言えない」が約10%。なんと「嫌い」と答えたのはわずか4%だったのです。

でも、基本的にはクンニが好きな男性が避ける原因とは、いったい何なのでしょうか?

「好き」と答えた人の多くは「ある条件」が必要と言っています。

それは、アソコの清潔感

ベッドの上の二人

男性本能的に惹かれるアソコ!?

アソコがキレイで清潔であることは、男性にとって「繁殖能力」や「若さ」を判断する条件。透明感があり、清涼なピンク色の肌をしていると、実年齢とは関係なく男性本能的に「若々しい」「誰の手にも染まっていない」と判断でき、より性的な魅力を感じやすいのです。

一方で、どんなに見た目が美しい女性でも、いざ下着を脱がせてみたら見た目が黒ずんでいたり、ニオイがしてしまうと、本能的に彼のやる気はダウンしてしまうこともあります。また、未だにアソコの黒ずみ=「遊んでいる」という間違った認識をしている男性も少なくありません。

「明るい部屋でエッチをしようとしたら、彼女のアソコが真っ黒…清純そうに見えるけど、本当は経験豊富なのかなって思ってしまいました」(きっくーさん/27歳/会社員)

彼女のアソコが黒ずんだアワビみたいで、ちょっとグロいな…って思ったことがあります」(lukiさん/31歳/IT)

下着を脱がせたらチーズみたいなニオイがして、正直引きました!」(篤さん/23歳/大学生)

女性のアソコに、黒ずみやニオイのトラブルのない他の誰にも染められていないような清涼感を求める男性たち。男性が女性へのクンニを避けている原因の1つに、アソコの「ニオイ」や「黒ずみ」があったのです。

では、そんな男性が理想とするデリケートゾーンにはどうしたらなれるのでしょうか?


男性が求めるアソコにしたい

男性が求めるアソコにしたい

≪体験談≫クンニで絶頂を感じられるようになった女性たち

実は、特別なケアをしたことでデリケートゾーンの黒ずみやニオイの悩みを解決し、アソコの清楚さを取り戻した女性がたくさんいるのです。そんな彼女たちの羨ましいクンニ体験談を見てみましょう!

「ちるるのココ、綺麗で可愛いね…」と言われて…(ちるるさん/19歳/学生)

鏡で自分のアソコを見てみると…思わずびっくりしてしまうくらい、想像とかけ離れた色。予想以上に黒ずんでいて、ショックでした。こんな状態でお泊りも、ましてやクンニしてもらっていたなんて…恥ずかしさと後悔でいっぱいでした。「なんとかしないと!」と決心し、デリケートゾーンのケアアイテムを購入しました。

さっそく使ってみると、数日後に実感が!初めに感じた黒ずみの元が、洗い流されてきれいに見えたんです。数か月続けていくうちにさらに実感が。なんと彼に「ちるるのココ、綺麗で可愛いね…」と言われて、たっぷりクンニされてしまいました。ビックリしたけど、すごく嬉しかったです!

本当に嬉しかったのか、たくさん舐めてくれました。(プレコさん/24歳/事務OL)

彼にエッチで初めて舐められ、キスをしようと彼の顔が近付いていきたら、大ショック!何とも言えないニオイと独特の味が彼の唇から伝わってきたのです…彼は何も言わなかったけれど、とても悲しい気持ちになりました。その後も何度かエッチしましたが、どうしてもニオイが気になってクンニを断るように。でも悲しそうな彼の顔を見て、デリケートゾーンのケアを始めました。

次のエッチの時、諦め顔で舐めて良いか聞く彼に、恥ずかしかったけれど笑顔でおねだり。本当に嬉しかったのか、たくさん舐めてくれました。気持ち良すぎて手は痺れてくるし体に力は入らないし頭はクラクラしてくるし、舐めてもらっただけでぐったり…思わず「もうヤバい」と呟いてしまいました。その後もこれ以上ないくらい気持ち良く、素敵な時間を過ごすことが出来ました!

見つめ合う二人

アソコの清楚さはこれで取り戻す!

彼が舌で愛撫したくなるアソコを作る、LCジャムウハーバルソープ!

彼女たちが始めた特別なデリケートゾーンのケアとは、「LCジャムウハーバルソープ」

ジャムウとは、インドネシアの各家庭に伝わるハーブなどの天然素材を調合したもので、古くから女性独自のお悩みをケアするものとして用いられているもの。「LCジャムウハーバルソープ」は、そんな伝統の製法をもとに、日本人女性に合うよう優しい自然素材を独自に配合。デリケートな部分にも安心して使用することができます!

安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤などを使っていないので、成分が気になる方も安心。さらに、デリケートゾーンだけではなく、黒ずみやニオイが気になるワキ、足、胸、乳首、さらに顔など全身に使用することができます!

使い方も簡単です!泡立てネットを使って泡立てて、デリケートゾーンを泡で3分間パックするだけ。黒ずみやニオイの元をさっぱりと洗い流して、男性が理想とする美しいアソコに導いてくれます。

これ一つで女性のあらゆる黒ずみやニオイのお悩みをトータルケアしてくれるので、初めてデリケートゾーンの特別ケアを始める方にもおすすめです。

ジャムウ・ハーバルソープ

ニオイや黒ずみの元をトータルケア

デリケートゾーンのケアで、最高に気持ちいいクンニ体験!

LCラブコスメは女性だけで運営している女性のためのセクシャルヘルスケアのお店です。
デリケートゾーンの悩みを解決する商品だけでなくキスだけでは止まらなくなる「キス専用美容液」や香りで彼を誘う「ベッド専用香水」など“恋する女性”のお悩みを解決してくれるアイテムが勢揃い。

Yahoo!JAPANやGoogleで「ラブコスメ」で検索すれば、季節限定の商品などもチェックすることができます。
コスメだけではなく、女性の悩みに関するコラムやコンテンツも充実!誰にも言えないカラダの悩みを、LCラブコスメは丁寧にひっそりと解決してくれますよ。

シャワーを浴びず、そして明るい場所で彼に突然押し倒されても、ためらわない!「キレイで美味しいね…」と無我夢中で彼が舐めてしまうような自信の持てるアソコを目指しましょう。

アソコに自信が持てれば、彼の舌で絶頂を感じられる、最高に気持ちいいクンニを体験できるはずです。

美味しいアソコを手に入れて、今までクンニをしてくれなかった彼を、夢中であなたのアソコを舐める「舐め男クン」に大変身させてみませんか?今まで以上に彼から愛情と、オーガズムを感じるラブタイムを体験できるはずです!

「LCジャムウ・ハーバルソープ」の詳細はコチラ⇒



女性のお悩みコラム

お問合せいただく前に・・・