注目のワード

官能小説、エッチ漫画のラブコスメ漫画(LCスタイル) 官能小説 連載官能小説(長編) Sweet of edge Sweet of edge 桃と稜治前編

Sweet of edge 桃と稜治編「恋の行方は」 前編

久しぶりの再会

人物図

暗い路地裏に入り、ハイヒールの音だけが空しく響く。桃は古びたドアの前で足を止めると、一つ大きく深呼吸をした。

来るつもりはなかった。けれど、来ずにはいられなかった。

ドアの取っ手に手を掛けて、そのままゆっくりと手前に引く。

すると、ドアベルが鳴った。

久々に聞く音に桃の気持ちは揺らぐ。

彼女はカフカの店内に足を踏み入れると、真っ直ぐ前を見た。

「いらっしゃい」

稜治は少し驚いたようだったが、平然と桃を迎える。しかし、桃は稜治の顔が一瞬こわばったのを見逃さなかった。

桃は閉店間際のカフカのカウンター席に何も言わずに座る。その場所は桃がいつも座っていた席だった。

「もう来てくれないかと思ってた」

稜治は嘘か本当かしおらしい様子で言う。

「小都音さんと春さんに予定があるから、一人で来ただけです」

桃は稜治のことを見ずに小さな声で答える。声が震えなかったことに心底ほっとしていた。

稜治はそんな桃の姿にそれ以上何も言えずに黙ったまま、そっと桃がいつも好んで飲んでいたカクテルを差し出す。桃は自分の前に置かれたカクテルの揺れる表面を見つめながら、ぼんやりと稜治と最後に会った日のことを思い返していた。

あの日

一人で閉店間際のカフカに立ち寄った桃は、話し相手がいないこともあって、ハイスビートでお酒が進み、気が付けばいつもの倍以上のアルコールを飲み干していた。けれど、彼女が強かに酔っているのは、それだけが理由ではなかった。早く酔って、普段は言えないことを口にしたかったのだ。

「桃ちゃん、ちょっと飲み過ぎじゃない?」

店内にはすでに桃以外の客はいない。

稜治はカウンターの反対側でグラスを洗いながら、今にもカウンターに突っ伏しそうな桃を見ていた。

「だってぇ……」

窘める稜治に桃は甘ったるい声で答える。

「何か嫌なことでもあった?」

稜治は酔いつぶれそうな桃の顔を心配そうに覗き込んで言った。

「そういうわけじゃないんですけど……。飲みたい時もあるんですぅ……」

桃は口を尖らせながら答えて、「ねぇ、稜治さん」と潤んだ瞳で稜治を見上げた。

「私、稜治さんのことが好きです」

桃はずっと言いたかった一言をようやく口にした。拒否されれば、酔っていた所為にすればいいし、受け入れてもらえればお酒の力に感謝すればいい。桃はその程度に考えていた。稜治が他の女性(ひと)を好きだということをわかって告白をしているのだ。そのくらいの打算があったって、きっと罰は当たらない。

「はいはい。わかったから、グラス置こっか?」

稜治は桃の告白を受け流し、桃の小さな手からグラスを取り上げた。

「もうっ……! 本当なのに」

「桃ちゃん、酔ってるでしょ?」

「そんなことないもん……。本気で稜治さんのこと……」

「はいはい。わかったからね」

稜治はまるで子どもをあしらうかのように、桃の頭をぽんぽんと撫でた。

帰りたくない

カフカの閉店時間を一時間ほど過ぎていた。

夜の空気は少し冷たく、妙な落ち着きをはらんでいる。

終電がないのは明らかだった。

稜治が閉店作業の最後確認をしている間、桃は入口の左横にある花壇に腰をかけて、ぼんやりと数十メートル

先に見える大通りの行き交う車のヘッドライトを見つめていた。

せわしない灯りになんだか気持ちが逸る。

「お待たせ」

「ううん」

桃は首を左右に振り、稜治を見上げた。

桃が立ち上がろうとしたのを見て、稜治がそれを手で制す。桃は意味がわからずきょとんとした表情で稜治を見据えた。

「タクシー捕まえるから待ってて」

稜治は大通りに向かって歩き出そうとする。桃はそんな稜治の服の裾を引っ張った。稜治は反射的に振り向くと、不思議そうに桃を見た。

「帰りません」

桃ははっきりと口にする。

「え?」

稜治は桃の言葉に戸惑いを隠しきれなかった。

桃は懇願するように稜治のことを潤んだ瞳で見つめる。

エロい大人の官能小説イラスト

その眼差しの意図することに気が付いた稜治は、堪らず視線を地面へとそらした。

「帰りたくないんです」

稜治が悩んでいることを察した桃は、ダメ押しとでも言うようにいじらしく言う。

稜治はしばらく考えた後、「わかったよ。家に来る?」と微笑んだ。

夢のような時間

好きな男性(ひと)に抱かれるというだけで、どうしてこんなにも幸せな気持ちになれるのだろう。

桃は稜治の広い背中に腕を回し、快感の波が押し寄せる度に爪を立てた。

ほとばしる桃の甘い声に後押しされるように稜治の動きが激しさを増していく。

桃は稜治の気持ちを聞いていない。

稜治が小都音のことを好きなのは、桃だってわかっていた。けれど、小都音は稜治の誘いを悉く断っている。

叶わない恋よりも、手を伸ばせば手に入れられる恋を選んだのだろうか。

それとも、稜治は自分を小都音の身代わりにしているのだろうか。

そういった思いが心の中でぐるぐると回り続けるのを振り払うように、桃は稜治との快楽に身を委ねていく。

理性がどこかに飛んでしまいそうなほど、桃は大きな快感に飲まれた。そして、稜治の動きがぴたりと止まり、彼は静かに果てた。

朝の陽射しは

カーテンの隙間から差し込む陽射しに、桃は朝が来たことに気が付いた。隣を見ると、稜治はいない。桃はまだぼんやりとする意識のまま、昨日は気にならなかった稜治の部屋のインテリアにしばし視線を漂わせた。白を基調としていて爽やかな雰囲気に統一されている。雑誌で見たことのあるソファや棚がバランス良く設置されているのを見ると、きっと稜治はインテリアが好きに違いない。そして、桃はそんな些細なことも知らなかったことに稜治と自分の関係の浅さを見た気がしていた。

桃はふと音のする方に目を遣る。その方向にあったのはキッチンがあり、朝食を作っている稜治の姿が視界に入った。

「桃ちゃん、起きた?」

「はい……」

桃は掛布団で身体を隠しながら、床に落ちている下着を拾い上げると、稜治の目につかないように身に付ける。

「もうすぐ、朝ご飯出来るから。コーヒーでいい?」

「ありがとうございます……」

朝食を作ってくれることは嬉しい。けれど、男女が初めて朝を迎えたような、そんな甘い雰囲気がないことが桃の心には引っかかっていた。

「ねぇ、稜治さん」

桃は稜治に背を向けて洋服を着ながら、躊躇いがちに口を開く。

「何?」

手際良く、フライパンを煽りながら、稜治は返事をした。

「昨日のことなんですけど……」

不安と期待に押し潰されそうになりながら、絞り出すように声を出す桃の言葉を稜治の言葉が遮った。

「桃ちゃん、早くいい男(ひと)見つけなよ」

稜治の言い放った言葉に桃は耳を疑った。

お酒の力を借りたとは言え、桃は勇気を持って自分の気持ちを伝えたはずだ。

稜治だって、告白がいい加減なものではないとわかっていたのではないだろうか。それとも、稜治には自分の想いが伝わっていなかったということだろうか。稜治にとっては所詮、端から遊びでしかなかったということだろうか。 

桃の頭の中をさまざまな可能性が過ぎっては消えていく。

桃はただ呆然とブラウスのボタンに手を掛けたまま、何も出来ずにいた。

忘れたくても

桃はグラスを磨く稜治のことをカウンター越しに見据える。

あの日、桃は稜治の作ってくれた朝食を食べずに稜治の家を飛び出した。

大人なら何食わぬ顔で朝食を食べ、次のチャンスを狙うべきだったのかもしれない。けれど、桃にはそんなことは出来なかった。軽口を叩く余裕すら持てないほど、桃は稜治に本気になってしまっていたのだと、この時ようやく気が付いたのだ。

稜治と寝た直後、桃は稜治のことを最低だと思った。こんな男、こっちから願い下げだとも。けれど、日が経つにつれ、稜治への腹立たしさは薄れていき、その代わり、好きだという気持ちが再びふつふつと沸きあがってくるのを感じていた。

自分の愚かさは自分が一番よく知っている。そして、どんなに愚かだとわかっていても、好きな気持ちを抑えられなくなるのが恋だということも。

桃は稜治の姿を見つめながら、そんな自分のことを持て余していた。

⇒NEXT:桃と稜治、二人の関係は…?(3/20公開予定)

あらすじ

稜治のことを好きな桃は、その思いをついに彼に伝えた。
しかしその告白は稜治に軽く流されてしまう。桃は「帰りたくない」と彼に伝えて…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ


この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

おすすめ記事



官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

マリンライムマーメイド
  • マリンライムマーメイド
  • ラブグッズSP2018
  • ブルガリアローズ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP

公開中のエピソード 全29話公開中

野々原いちご
野々原いちご
小説家。 1984.3.12生まれ。 法政大学文学部…
嶋永のの
嶋永のの
フリーのイラストレーター・漫画家(少女漫画・TL)
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう