注目のワード

官能小説、エッチ漫画のラブコスメ漫画(LCスタイル) 官能小説 連載官能小説(長編) Sweet of edge Sweet of edge 夏野と海悠編

Sweet of edge 夏野と海悠編「唇が甘すぎて」 前編

断る理由

人物図

傷心の夜は、何もかもが切なく映る。
ビルのネオンも酔っ払ってはしゃぎながら歩く大学生たちも乾いた風の匂いも、その全てが切なかった。
夏野は人混みを抜けて、静かな路地へと入って行く。
民家の間に挟まれたそのバーを見つけたのは、春にフラれてから間もなくのことだった。隠れ家的なその佇まいを気に入り、足しげく通っている。自宅に程近く、どんなに飲んでもすぐに帰ることが出来る距離にあるというのも魅力の一つだった。
夏野が決まっていつも座るのは、店の一番奥のカウンター席だ。ここなら、人の出入りを気にせず、ゆったりと飲むことが出来る。
夏野は店内にかかるジャズを聴きながら、ナッツをつまみにウィスキーのロックをゆっくり飲むのが好きだった。

エロい大人の官能小説イラスト

「ねぇ、隣いい?」
背後から唐突に若い女性の声がした。
振り向くと、歳の頃なら二十二、三といったエキゾチックな雰囲気の女性がグラス片手に夏野を見ていた。身体のラインがわかるタイトなミニのワンピースから露出した脚は適度に肉付き、健康的な美しさがある。
夏野は思わず彼女に見惚れかけた。しかし、どんなに外見が魅力的であったとしても、見ず知らずの女性と飲むのは好ましくないと思った。
女性はぷっくりとした唇を不満そうにへの字に曲げて、返事をしない夏野を大きな丸い瞳で見つめる。無言の圧力だ。夏野はそれに耐えきれず、「どうぞ」と言った。いくら考えても、彼女の誘いを断る理由を思いつけなかったのだ。

乱されてみて

「ありがとう」
女性は幼さの残る笑みを浮かべ、夏野の隣のバースツールに腰を掛けた。
「いつも店の端っこで飲んでるから、気になってたの」
「ここなら、落ち着いて飲めるからね」
「確かに店が狭いと、人の出入りって気になるんだよね。でも、気を取られるのはバカらしくって好きじゃない」
「バカらしい?」
夏野は彼女の言葉にくすりと笑って、鸚鵡返しに問う。

「だって、折角、自分のペースで飲んでるんだよ? それを誰かに乱されるのって、バカらしくない? 空間が破たんするっていうか」
「空間の破たんか……。考えたこともなかったな」
変わった表現をする彼女に夏野は次第に興味を持ち始めていた。
「でも、俺は今、君に自分のペースを乱されているけど?」
「ふふっ、意地悪な言い方するね。たまには乱されることも必要だよ。それが毎回だとうんざりするけどね」
「君こそ、ずるいな。都合の良い言い訳をしている」
「だって、あなたと話してみたかったんだもの。私、自分の欲しいものは自分で手に入れる主義なんだ。だから、あなたと話す時間が欲しくて話しかけたの」
「本当に変わってるね、君は」
「羽鳥海悠(はとりみゆう)」
海悠は夏野の言葉を遮って言った。

「え?」
「私の名前。羽鳥海悠って言うの。君じゃなくて、海悠って呼んで」
初対面なのに名前で呼ぶように言われたことに、夏野は戸惑いを隠しきれなかった。同時に、最近の若い女の子はこんな感じなのか、と思い、自分がそれなりの年齢になったことを感じて内心苦笑する。
「あなたの名前は?」
夏野は促され、「夏野要」と答えた。

「要っていい名前ね」
「ありがとう。あまり言われたことがないから嬉しいよ」
「いつもなんて呼ばれてるの?」
「夏野さんが多いね。仕事をしていると」
「私も会社じゃ羽鳥さんって呼ばれるよ。私の下の名前を知らない人がほとんどだろうしね。友達は海悠って呼ぶけど」
「俺は友達からは夏野だな。会社で呼ばれるのとあまり変わらない」
「じゃあ、私が要って呼んであげる」
夏野は海悠の発言にグラスを持つ手を止めた。

「だから、要も私のことは海悠って呼んで?」
「君は面白い子だね」
「だから、海悠だってば」
「海悠ね……。よく変わってるって言われない?」
「うーん、自由な子ね、とはよく言われるかな」
「自由か、随分優しい言い方だな」
「日本人特有の建前と本音の使い分けだって、私でもわかるよ」
「それがわかっていれば、上出来だ」
さっきまでは声をかけられたことに戸惑いしか感じていなかったのに、海悠とのお喋りが楽しくなってきている自分に夏野は驚いていた。

気が付けば、彼女の持つ雰囲気に飲まれている。
海悠の言う通り、たまには誰かにペースを乱されるのも悪くないのかもしれない。

秘密にしたい?

夏野は取引先から直帰し、今日はいつもより早くバーでグラスを傾けていた。流れるジャズに一人で聴き入るのは久々だ。大抵、海悠が先に来ていて、最近はこの店で一人でいられる時間は基本的にない。けれど、海悠と一緒にいることで、自分だけの時間が削られることに不思議と夏野は嫌悪感すら抱いていなかった。
春のことで傷ついた夏野の心は、次第に海悠の存在で癒されている。
いつの間にか、夏野がバーに通う理由は、ゆっくりと一人で飲めるということから、海悠と話がしたいという理由に変わっていた。

でも、夏野はこれが恋だとは認識していない。
楽しい時間を共有出来る相手が出来たという程度のことだ。
勿論、海悠を魅力的な女性だと思う。
海悠は話していて面白いし、一緒にいて楽しい。美人でスタイルだっていい。
けれど、あどけなさの残る海悠を恋愛対象として見るのは、大人である夏野には難しいことだった。恋に発展してしまえば、今よりもずっと楽しいかもしれないし、春のことだってあっという間に吹っ切れてしまうかもしれない。
それでも、夏野はこれ以上、踏み込む気になれなかった。

「あれ? 今日は早かったんだね」
すでに飲み始めていた夏野を見つけて、海悠は少し驚いたように言った。
「ああ、外出先から会社に戻らずに帰って来たからね」
「仕事は営業?」
「そうだよ。言ってなかったっけ」
「うん、聞いてない」

海悠はそれだけ言うと、ハイボールを喉を鳴らして一気に飲んだ。
その様子を見て、仕事のことは訊かれたくないのだろう、と夏野は察する。
今まで仕事の話が出なかったのは、海悠が話題にしてこなかったからだ。
いつだって、話題を振るのは海悠からだった。
訊かれたくないことを訊く趣味を夏野は持ち合わせてはいなかったが、海悠がどんな仕事をしているのか気になっているのも事実だ。
「次は何を飲む?」
しかし、夏野は気にならない振りをして、海悠に問いかけた。

飲み過ぎた夜は

「飲み過ぎじゃない?」
夏野は心配そうに海悠の顔を覗き込む。目鼻立ちのはっきりした海悠の顔を夏野はまじまじと見て、その美しさに溜め息が出そうになった。
酔っている所為で海悠の頬は赤く染まり、瞳は潤んでいる。
それがどこか儚げで、手を伸ばさなければどこかに行ってしまいそうな気さえした。

「……大丈夫」
考えるような間があってから、海悠は答えた。しかし、大丈夫ではないことは明らかだった。
「とにかく、今日はこれ以上飲むのはよそう」
「うん……」
威勢の良い普段の海悠とは違うしおらしい姿に、夏野は胸がときめくのを感じた。
だが、そんな気持ちを振り払うように夏野はかぶりを振る。
年齢差を考えたら、これ以上踏み込むべきではない。
夏野はどこか理性的だった。

支払いを済ませ、海悠の身体を支えながら夏野はバーを出る。
「家は近所?」
「うん……」
「ここら辺、タクシー通らないからな……」
夏野は「送っていくよ」と言って、海悠に家の場所を尋ねる。すると、意外にも海悠の住むマンションは夏野のマンションのすぐ近くだった。
「一人で大丈夫だよ?」
「足元がそんなにフラついているのに?」
「……」
「俺の家も同じ方向だから気にしなくていいよ」
「……ありがとう」
申し訳なさそうに言う海悠の頭をぽんぽんと軽く撫でると、夏野は海悠の肩を抱き寄せた。

→「Sweet of edge〜恋と愛の間で揺れてみて〜」夏野と海悠編「唇が甘すぎて」後編4/17公開

あらすじ

夏野が行きつけのバーのいつものカウンターの端で落ち着いていると、
突然後ろから女性に声をかけられる。

「ねぇ、隣いい?」

振り返るとそこには、
20代前半のエキゾチックな雰囲気をもつ美女が立っていた。

健康的な美しさをもつ彼女の名前は羽鳥海悠(はとりみゆう)。
夏野は断る理由もなかったので、彼女の申し出を受け入れた。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ


この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

おすすめ記事



官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

恋猫
  • サマーホワイト
  • マリンライムマーメイド
  • アンダーヘア
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP

公開中のエピソード 全29話公開中

野々原いちご
野々原いちご
小説家。 1984.3.12生まれ。 法政大学文学部…
嶋永のの
嶋永のの
フリーのイラストレーター・漫画家(少女漫画・TL)
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう