注目のワード

官能小説 花火の夜に…〜浴衣エッチ〜

雪子(28歳)の体験談

官能小説;夜空に打ちあがる花火の写真

「ああ、こんなはずじゃなかったのに!」
悔しそうに土砂降りの夜空を眺め、河村雪子は、ため息をついた。

多少残業で遅くはなったが、会社を出たときは月夜だったのだ。それが。地下鉄のホームを上がって改札を出ると、そこは一転して、雷つきのスコールだった。

「セイちゃんとの夏祭りデートだったのに……」
恋人の三上晴治(せいじ)は、フリーのカメラマンだった。

来週には中東へ出かけると聞いて、雪子は政状不安の見知らぬ国へ行く恋人を心配した。しかし、「男が決めたことだからね」と晴治はにこやかに言った。ならば、せめて、自分も笑って見送ろうと思ったのだ。

そして、タイミングよく雪子のマンションからも見える場所で、花火大会があるのを知り、雪子は恋人に合鍵を手渡したのだった。時計を見ると、ちょうど8時半だった。

夜空には雨の音以外に聞こえないので、花火は中止になったのだと思うと残念だったが、彼はきっともう雪子の部屋に来ているだろう。雪子はこの夜のために、浴衣を自分で仕立てて用意していたのだ。

「ただいま、セイちゃん来てる?」
「うん。お帰り。すごい降りだね。濡れなかった?」
「花火、残念だったわ」

そう言う雪子に、晴治はにっこり笑って、コンビニの袋を見せた。
「雪ちゃんの部屋の、そこのルーフバルコニーでちっちゃな二人だけの花火大会やろうよ。たぶん、このスコールはもう10分もすれば止むだろうからね」

晴治は、冷えたビールと線香花火を用意して待っていてくれたのだ。
「セイちゃんは晴れ男ですものね」
「そういうこと。それより濡れちゃっただろ?早くシャワー浴びておいでよ。ビールと僕が待ってるよ」

子供っぽい表情の恋人が愛しかった。危険な地域へなど、たとえ彼が自分から選んだ仕事でも、出かけていってほしくなかった。

「早くシャワー済ませておいで。それであでやかな浴衣姿みせてよ」
「待っててね」

雪子は、寝室へ入り、仕立てたばかりの浴衣を手にバスルームへ向かった。

線香花火に火を付けて…

官能小説;浴衣をきた女性の足元

ソープを泡立てて汗を流す。デリケートゾーンは特別な石鹸 を使った。シャンプーも良い香りのする品を使っている。

――でもあんまり待たせちゃ悪いから……。
身体を流すと、雪子はシャワーを止めてバスタオルを取った。髪をドライヤーで手早く乾かし、ヘアパフューム で撫で付けバレッタでシニヨンにまとめる。

肌襦袢と腰巻を手にしたが、
――外に出ないなら……
浴衣って、元は湯帷子(ゆかたびら)ですものね。

子猫のようにいたずらっぽく笑った雪子は、自慢の白い素肌に、直接、糊の効いた浴衣を着て、大人用の兵児帯をしめた。

「長湯だったね。もう先にやっちゃってるよ」
恋人はビールを空けて、バルコニーにいた。

「雨、だいぶ止んできたけど、夜店も花火も雨天順延だな」
「いいじゃない。二人だけの花火、しましょうよ」
雪子はそっと晴治の隣に立った。

「雪ちゃん、湯上り美人だね。いい匂いがするし、浴衣姿、とてもきれいだ」
「線香花火なんて、子供のころ以来だわ」
二人、しゃがんで、線香花火にライターで点火する。小さな火花がぱちぱちはじけて、二人だけの世界が始まった。

「夜店で、僕の射的の腕前を見せたかったのにな」
「残念だったわね」
「でも、かえってよかったかも」

一本目の花火が終わったところで、晴治は立ち上がり、雪子をいきなり抱きしめた。

「どうしたの?」
「だって、雪ちゃん色っぽすぎ‥‥‥ こんな姿、僕以外のやつに見せるの、もったいない」
言いながら締めたばかりの帯を解こうとしたので、雪子は慌ててその手を抑えた。

「待って、ここ、一応、外よ」
「ならベッドに行こう」

有無を言わさぬ力で雪子の足元をさらって抱き上げ、晴治は寝室へ向かった。

ふたりの花火

官能小説;裸の男女

「雪ちゃん、雪子、なんだろう?石鹸なのかな?いいにおいがする。なんだかさっきから――もう限界に近いよ」

雪子に覆いかぶさって、晴治はキスを仕掛けてきた。
「ねぇ、危ないところ行かないで、っていっても無理でしょうけど、絶対に無事で帰ってきてね。そうしてもう一度、愛してね」
「約束するよ」

何度もキスを交わしながら、晴治の手は器用に兵児帯を解きにかかった。

「……あれ?雪ちゃん、もしかして……」
雪子は下着を何も着けていなかったのだ。
「なんだか、すごい、感動だな」
晴治は恋人の下肢を優しく寛げ、羽のような柔毛の奥を探っていた。

「雪ちゃん、もう濡れてる……」
「だって、今夜からしばらくあなたに会えないって思ったら、私……」

「射的の腕、ここで披露してもいいね?」
「……やさしくして、ね……」
「もちろんだよ。キスしてもいい?――うん、なにか、バラの花みたいな香りがするね。雪ちゃんの秘密の唇」
指でそっと繊細な花びらを押し開き、晴治は雪子の蜜をたたえている花芽の下の蜜壷に口付けた。

「……あ、ん……セイちゃん……」
わざと敏感な芽に触れないようにすると、雪子はじれたように腰を身悶えさせた。

「絶対に無事で帰ってくるから。待っててくれるね」
言いながら、乱暴ではなかったが、若さからくる余裕のない様子で、開かせた花唇に、牡(おとこ)をあてがって晴治は雪子の中へ押し入って。

「桔梗の、この浴衣の模様の花言葉、『変わらぬ愛』って……言うのよ。私、待ってるから、絶対に……無事で……」
「雪子……!」

やがて力強いストロークのあとに、めくるめく快感の火花が弾け、最後にひときわ大きな花火が二人の中に、上がって、散った――。

⇒【こちらもおすすめ】「つるつるになったら、自分でも鏡で見てみようね…」(夏美 24歳)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう