注目のワード

官能小説 年上の彼女と…〜憧れの人とエッチ〜

亮太(23歳)の体験談

官能小説;車に乗る男女

亮太の目の前で、景子が芳樹と寄り添い、仲良さそうに喋っている。
その二人の姿を見るのが、たまらなく辛い。
 
「ねえ、亮太君、あなたもそう思うでしょ。 芳樹ったら、ひどいのよね〜」

いきなり景子に話を振られて亮太は、
「そ、そうですよね」
とっさに話を合わせてうなずいた。

話なんて、景子にずっと見惚れていて
まるで聞いていなかったのだから…。

景子に寄りそうイケメンの26歳の芳樹は、亮太の大学時代の先輩。
27歳の景子は、芳樹の彼女なのだ。

亮太が食品メーカーに就職してからも、
時々こうして3人で逢って食事をしたり、飲んだりしている。

「俺これから、会社に戻らなきゃいけないんだ。
亮太、お前、景子を送ってやってくれよ」
芳樹は、立ちあがって帰ってしまった。

「この頃、いつもこうやって帰されてしまうの…」
帰りの車の中で、ため息をつく景子に、

「好きなんですね、先輩のこと」
運転しながら亮太は話しかけた。

「うん。どういうわけか、冷たくされるほど、惹かれちゃうって言うか…」

亮太は景子を自分の車で送って行くたび、
(このまま景子をさらっていきたい!!)

そんな衝動に駆られた。
そうできたら、どんなにいいだろう。

だけどそれは、決して許されないことなのだ…。

「じゃあ、気をつけて」
景子を降ろす。車が発進する。だけど亮太は知っていた。

今夜も、景子の姿を脳裏に思い浮かべて、
眠れない長く苦しい夜が待っているのを…。

泣きながら亮太は告白した

それは、突然の会社からの通達だった。
亮太は九州に転勤することになったのだ。

「お別れです。九州に転勤することになりました」

亮太がそう告げると、後日、
芳樹と景子が送別会を開いてくれることになった。

送別会は景子の部屋で行う事になっていたのだが、
当日、芳樹は急用があると言って来れなかった。

(今しかない、今しかない!!)
珍しく酔っ払った亮太の頭の中で、ぐるぐるその言葉がまわりだす。

キッチンから酒のおかわりを持ってきた景子に、
「ずっと、景子さんのことが、好きでした」
泣きながら亮太は告白した。

涙をぽたぽた膝にこぼす亮太の手を、景子はそっと握った。

「いいの。わかってた。亮太君の気持ち」
景子は、亮太にすがりながら囁いた。

「私を抱いて…芳樹には恋人がいるの。私じゃない。彼には、新しい恋人ができていたの…
私も同じように、幻の相手に恋をしていたのよ」
 
景子に囁かれ、膝をなでられると、
若い亮太の男性は、どうしようもなくたぎってきた。

その先からは、もう先走りに透明なツユを流している。
だけど、女性経験が少ない亮太は、ぶるぶる体を震わせている。

「私とキスするの、いや?」
なやましい目で、景子が覗きこむ。

景子の唇が、やさしく亮太の唇に押し当てられた。
そして、離す…。


官能小説;女性を押し倒す男性

「好きです!」
亮太は、思いっきり強く景子に抱きついて、ガバッと押し倒していた。

まっ白い肌はどこまでもなめらかで、
88センチCカップの乳房は、量感いっぱいに盛りあがり、
なめらかなウエストラインの下のやわ草のそよぎは、艶があって濃かった。

夢にまで見た景子の体に、触れているのだ…。

「もう一回、キスして…」
景子の囁きに、今度は亮太の方から、
濃厚に舌が絡まるディープキスを開始した。

すてきよ!亮太君…

彼の分厚い舌先が、景子の口腔内をエロチックにうごめく。
「ああ…」

景子の熟れた官能的な女体が、妖艶にくねる。
彼女の手が、亮太の背中を這う。

だけど、女性になれていない亮太の動きは、キスとペッティングで止まっていた。
あまりにも憧れの人だったため緊張して、それから先にすすめないのだ。

景子が、
「ねえ、これ、とっても美味しいローション なのよ。
舐めても安全なの。これを塗ったところを舐めて…」

とまどっている亮太のために、鏡台に立てておいたラブローションを手にとって、
自分の体に塗った。

首筋、乳首、お腹におりて、ウエストの窪みにも。

すぐに亮太は景子の肌に唇を押し当てて、
舌先ですくうように、ラブローションを舐めていった。

特にたっぷりつけている乳首の上や、
ウエストの窪みは時間をかけて舐める。

 「ああっ…そうよ…亮太君、いいわっ」
景子の呼吸が荒くなり、88センチのバストが揺れる。
女の香りが濃厚になる。

亮太は覆いかぶさって、挿入しようとした。
「まだ、だめよ…」

景子は、カチカチに硬くなった亮太のペニスに、ラブローションをつけた。

そして、本当に美味しそうに舐めた。
メープルシロップのいい香りがして、より一層エッチな気分になるのだ。

睾丸まで舐めまわすうちに亮太の男性は、今にも爆発しそうに膨れた。

「景子さん…。ずっとあなたを、こうしたかった」

亮太は、景子の下肢を大きく開き、紫色のラビアにラブローションを垂らすと、
顔を覆いかぶせて、 蜜液と一緒に舐めあげた。

「ああっ…」
景子のなやましい細い泣き声が漏れる。


官能小説;セックスする男女

「亮太君、入れてっ」
筋肉質のたくましい体の下に、力強く景子を組敷いて、
亮太は、思いの丈がこもった自らのペニスを打ち入れた。

「あーっ、そ、そうよっ」
景子が腰を浮かして補助したので、ペニスが女性の一番深いところまで入った。

本能のままに、亮太は、若い腰を繰り出して肉筒を突く。
もう何も考えられない。

ひたすら、憧れの人を征服した歓びと、ペニスを締め付ける肉筒の内部のヒダと、
ラビアの感触にひたって動き続けている。

「すてきよ!亮太君…たまらないわ…」
景子が、あえぎながら叫んだ。

彼女も、太いペニスの動きに、
頭がおかしくなるほどの愉悦を感じていたのだ。

蜜の中を、亮太は角度を変えて突き続ける。
二人の体に、同時に快楽の火花が走った。

「おうっ」
「ああーっ、イッちゃううっ…」

震え、しがみつき、亮太の体液が景子の中に注がれる…。

亮太は目を開けた。
天井が映っている。

夢だったんだ…。

九州に行ったら、新しい人生を踏み出そう。

でもきっと、亮太にとって景子は、
一生憧れの夢の中の恋人だ。


★イラスト:しろっぴ

⇒【おすすめ官能小説】「…久しぶりだからかしら……私……すごい勢いでみだらになってるわ……」(玲子 32歳)

★イラスト付官能小説一覧はこちら

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう