注目のワード

官能小説 優しい彼の濃厚愛撫

美加(29歳)の体験談

官能小説;女性の手

人は記憶を、さまざまな物から得ると言う。
匂いや形、そして触感…。

ペルシャ猫の毛並みを撫でていると、そのふわっとした感触に、
頬ずりしたくなる。

ぬいぐるみでもそうだ。
ずっと抱きしめて、撫でていたい。

つるつるとした、陶器の触感。
薄い茶碗と厚い茶碗では、その触り心地は、全然違うのだ。

鉛筆、口紅、ボールペン…。
すべてに触り心地があり、すべてが違う。

半年前から付き合い始めた隆の触り心地だって、
この手のひらの中にある、触感だ。
彼は、知り合いの数人の友達と飲んでいる時、
美加の知り合いとして、現れた。

「私が知っている人が、この近くで働いているのよ」

美加の電話の15分後に、彼は現れた。
すぐに話の輪に加わった彼は、初対面だと言うのに、
すぐにみんなと打ち解けて、にこにこして…。

帰り際、
「楽しかったですよ、ありがとう」
ホームでなぜか私の手だけを握り締めた彼の手の温かさが、
まだ記憶に残るうち、彼はすぐにお誘いのメールをくれた。

その着信音が、なぜか耳に残っている…。

彼の指が私の体中を…(肌がエッチで…)

官能小説;たくさんのベリー

「やわらかい肌…この触り心地がたまらない…」

恋人になった彼は、私をぎゅっと抱きながら、
私の肌を、彼のその男性の手で撫でながら、そう囁く。

いつまでもいつまでも、彼の記憶の中に、
私というやわらかい肌の感触が、刻み込まれて欲しい…。

女の体の凸と凹の部分の、どこもを彼の指がなぞる。
その彼の指の動きで、私はうめき、喘ぎ、のけぞり…
そして髪を乱して、ひたすら彼と一体になることを求め、
究極の高みへと、愉悦が登りつめていくのだ…。

彼が言った事がある。

「あなたの甘い香りのするこの肌が、僕に焼きついていて、
逢わない時だって、いつもあなたを思い出させる…」

ベリーの甘い香りに包まれて、お風呂で自分の肌をマッサージするとき、
彼に愛されるこの我と我が身が、つくづくいとおしく感じる。

私は今夜も、ベリーの香りに包まれ肌を揉む。

次も彼に優しく抱かれるために…。



⇒【おすすめ官能小説】「私の背中に骨ばった大きな手をゆっくりと這わせた瞬間、快感が電流のように走った…」(曜子 33歳)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

エルラブおすすめ!TL漫画



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう