注目のワード

官能小説 甘くしびれる耳への愛撫

気がかり

官能小説;ベッド

「ごちそうさま」

ふたりで、
声をそろえて手を合わせた。

亮君と私は、
この部屋に同棲してもうすぐ1年。

リビングでゆっくり
テレビを観ながら食事をするのが、
私たちの小さな贅沢。

でも今日は、
なんだか亮君の様子がおかしい。

何を訊いても、
返事が一瞬遅れる。

お気に入りのバラエティ番組を観ていても、
目が半分しか笑っていない。

どうしたんだろう??

「ちょっとトイレ」

亮君が、ソファから腰を上げた。

私は、急いで
リップグロスを塗り直した。

それから、
亮君が大好きなキャンドルに
火をつけて、と。

ソファに戻って、慌てて髪を整えた。

「おぉ。どうしたの?」

戻ってきた亮君が、
ちょっと乾いた声で驚いている。

「ちょっと、
ヘッドマッサージしようと思ってね」

私はそう言って、
自分の膝をポンポンっと軽く叩いた。

スカートを押さえながら
開いた私の両脚の間に、
亮君はすんなりと座ってくれる。

美智(30歳)の体験談

官能小説;コーヒー

「気持ちいい〜」

今日の亮君の声が、
ようやく少し、柔らかくなっていく。

そして。

しばらくマッサージをした後、
私は亮君の耳を軽く指で支えて、
唇で触れた。

フワッとしたキスを、
耳に何度も何度も吹きかけた。

「ふぅぅ…」

嗚咽が混じった亮君の息を聞いて、
今度は舌で耳をなぞる。

耳の外側のラインを確かめるように。

内側のくぼみを洗い流すように。

耳の奥に、舌先が届くように…。

「はぁぁう…」

亮君は、
吸う息も吐く息も激しくなって、
胸と肩が大きく動き始める。

それを確かめて私は、
くちゅっと音を立てながら
耳をくわえこんだ。

キャンドルだけの明かりで
オレンジ色に浮かび上がる部屋の景色に、
絡み付く唾液のこだまする私の愛撫。

「私はね、
亮君がいてくれるだけでいい。
生きててくれるだけで、
それが一番の幸せだよ」

耳から口を数ミリだけ離して、
半分は吐息で半分は声でささやいた。

少しグタッと
亮君の体から力が抜けた。

灯を消して…

官能小説;照明

「この、グロスの香り、俺、好きだよ」

そう、
ひとりごとみたいに呟いて、
次の瞬間。

振り向いて立ち上がった亮君は、
私をガッと抱き上げて
ベッドに連れて行った。

それから、
泣きそうな、嬉しそうな、
ちょっと悔しそうな、はしゃぐような。

グチャグチャに
かき混ざった表情をして、私を抱いた。

激しくて、少し乱暴で、
でも雑じゃない。

いつもより硬い中心を
奥の奥まで届かせながら、
亮君は、「好きだ」と何度も言った。

「本当だ」と、何度も言った。

私はただ、
全身の細胞を支配していく
甘くとろけそうなしびれの中で、
しっかりと目を見て頷くだけだった。

ふたりで一緒に果てた後、
亮君はそのまま眠ってしまった。

そういう日があってもいい。
何があったかわからないけれど。

全部、カラダで私にぶつけて、
吐き出して、リセットできるなら
それでいい。

私は、自分の唇が
ちゃんと柔らかいことを確かめて。

それから、
眠っている亮君の唇に、目に頬に、
そしてもう一度耳に、そっとキスをした。

すべての電源をオフにする、
大事な大事な「おやすみキス」。



⇒【おすすめ官能小説】「服と肌がこすれるわずかな音さえも、いやらしく耳の奥に響いた…」(千賀子 27歳)




あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

エルラブおすすめ!TL漫画



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう