注目のワード

初絶頂 (体験談一覧)

いきなりの騎乗位にチャレンジ☆

彼の仕事の都合で、今年の春から中距離恋愛(車で1時間半くらい…)になった私たち。彼は研修医1年目でとっても忙しく、休みもほとんどなく、休みにデートをしていても呼び出される始末。。。朝も早いし夜も遅い。最近は週1で私が彼のところへ通って、夜を一緒に過ごすくらいになってました。

淋しいなぁ…って気持ちはとっても大きいけれど、たまにしか会えないからこそ会えたときにメロメロにしてやろう!!って思えて、今まで以上に会える日の全身ケアが念入りになってました☆

ジャムウソープとシャイニングラブローションは欠かせません♪彼に会える日は、フェロモンボディでふわふわな香り付けをして、ヌレヌレをぬって完璧にしていきます。

もうひとつ。遠恋になってからの日課は、ひとりえっちです。「他の男について行っちゃダメだからね!!」と彼からプレゼントされてしまったオルガスター。。。

最初は使うことに戸惑いもあったけれど、LCさんでの体験談を読んでいて、これも綺麗磨きだ!と思えるようになりました。それで、なんとなく最近では自分の気持ちいい場所がわかるようになってきていて。苦手だった騎乗位で自分が感じるように動けるようになりました。

そして先日。久しぶりに彼と昼間に会えたのですが、彼は学会発表用のスライド作り。私は彼のベッでごろごろしながらお手伝いをしたりお昼寝をしたり。

彼の邪魔をしないようにおとなしくしてたつもりなのですが、彼曰く「そんな良い香りさせて、おいしそうな唇で笑いかけられたら我慢できないじゃん!!!」「あゆりがそばにいるだけで我慢できないの!」って何度も襲われかけました。

その度に「時間ないんでしょーが!」といってストップをかけて。たぶん3回ぐらいは我慢させちゃいました。かわいそうだなぁとも思うし、私も彼とぎゅぅってしたいけれど、後で大変な思いをさせるわけにもいかないので我慢がまん。なんとかスライドが目標のところまで出来上がって、15時ごろ。まだ明るい部屋の中で思いっきり襲われちゃいました。

普段なら彼の前戯がすっごく長くて。それだけで何度もいかされちゃうのですが、その日は彼を散々我慢させていたので、さすがにもう限界だったみたいです。。。敏感な所をすこし触られて、濡れていることを確認すると、「今日はあゆりが入れて?あゆりの中で俺をめちゃくちゃにしてよ…」と切ない顔で言われて。

普段と違う表情にドキッとしてしまい、いきなりの騎乗位にチャレンジ☆いつもと違う感覚に戸惑いながらも、なんとか彼を全部受け入れることができて。初めはそろそろと動いていたのですが、だんだん激しく腰を動かしてしまいました……。

いつも以上に感じる場所に彼が当たっていて。怖いくらいに気持ちが良い場所があって、逃げようとすると彼が下から突き上げてきて……。

彼が「……ダメ、もぅ出すよ……」って言ってさらに激しく突き上げられてると、急に頭がぼわぁっとして、私の腰も止まらなくなっちゃって。。。初めて彼と同時に絶頂を迎えることが出来ました。

すごくすごく嬉しくて涙が出そうになっていたら、すぐに彼がぎゅぅって抱き締めてくれて、キスの嵐をくれて。「やばい!すっごいうれしい!!」って笑ってくれたので笑顔になれました。「あゆり、上に乗って動くの上手になったね~。自分の気持ちぃとこもわかってきたみたいだし。一緒に感じられるのは最高に嬉しい!!」って褒めてくれました。

「俺いっちゃってるのにあゆりの腰が止まんなくて。最高に気持ちよかったけ。また一緒にいこうね☆」って。

初めて彼と一緒に絶頂を迎えられて、とっても幸せだぁ~って。彼を愛おしいなぁって気持ちが強くなりました。

オルガスターでのひとりえっちで、自分の感じる場所がわかりだしてたこと、ボディケアで自分に自信が持てたことが大きいのかなぁって思えます。これからも彼のために、自分のために、心も体もきれいになっていこうと思います。そしてまた彼と仲良く一緒にいきたいな~と思います♪

(あゆりさん/22歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

彼から「イッちゃったみたいだね。」と言われて・・・

数年前、初めての彼氏との2回目のセックスで初絶頂を体験しました。初エッチは緊張しすぎていて快感なんて皆無でしたが、2回目はお互いリラックスして楽しめていたからか…彼のワンルームの狭い部屋で、彼に後ろから抱きしめられ、胸を撫でられただけですごく感じたのを覚えています。

そのあと、彼の手は胸からお腹、太ももの外側、内側へ、そして下着の中に入ってきました。その時にはすでに洪水状態でした。。

彼の手がクリトリスをつまんで、こするように何回か往復させた時、すごく気持ち良くて体が痙攣したみたいになり、下腹部から何か熱いものが出たと感じました。

意識が朦朧としていて、彼から「イッちゃったみたいだね。」と言われて、はじめて絶頂を迎えたんだとわかりました。

そのあと本番に入り、結局その日だけで3回もイッてしまいました。彼とは別れたけど、今でも思い出すと照れ臭いような思い出です。

(かみちさん/27歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

初絶頂は初プロポーズ

主人とまだ付き合っていたときのこと。 私は実家、主人は独身寮に住んでいて、お互い社会人でした。

週末は、いつも彼の部屋にお泊りに。 泊まりになると、自然な流れでえっちもしました。 それなりに気持ちよくはあったのですが、 恥ずかしさが先にたって、絶頂は経験していなかったんです。

あるとき、彼の仕事が忙しくて、二週間ほど会えませんでした。 週末、ようやく会えると連絡が来ました。 二人でご飯を食べて、彼の部屋へ。 お互いにほどよくお酒も入って、私はこの後のことに ちょっと期待して部屋に入ると、突然後ろからぎゅ、と抱きしめられ ました。いつもはふんわり、包み込むような抱きしめ方なのに、 今日は苦しいくらい。
「ど、どしたの?なにかあった?」
「…すっごく、会いたかった」

付き合うときに言ってもらったきり、好き、という言葉をもらって いなかった私は、たまらなくなってしまって。 振り返ろうとした私の首筋に、ちゅ、とキスをして… 「会えないのやだから、結婚して欲しいんだけど」(!) 驚いている私を、あっと言う間にベットに押し倒して、 「返事は、後でちょうだい」 言うなり、濃厚なキスを仕掛けられて、何も考えられなくなりました。

服を脱がされて、いつもより丁寧に愛されて。 声をガマンできなくて必死に自分の指をかんでこらえました。 彼のが入ってくると、いつもと違うんです。 なんていうか、入ってきたところから、全身に熱さが伝わって、 彼に必死でしがみついてないと、自分が自分じゃなくなっちゃうような 気がして、思わず彼に訴えました。

「だめっ…なんか、ヘンっ!」
「いーよ、ヘンになって…」

彼の息が荒くて、声もかすれているのに気づいて、もう夢中でしがみつきました。 後は、気持ちよさに追い詰められていくだけで、ああ、最高に気持ちいい、と眼を閉じた 瞬間に、身体の奥から何か温かいものが溢れていく感覚が。 気がつくと、彼に抱きしめられたまま、ベットに横になっていました。
「返事…」
「あー、改めてちゃんとプロポーズするから。その時にOKちょうだい」
「何で、OKだって思うの?」
「お前がNOって言うわけないじゃん」

…悔しいけど、おっしゃるとおりです(笑)

そのあと、本当に改めてプロポーズしてくれました。 と、言うわけで、初絶頂は初プロポーズのときでした。
後日、彼の背中にひっかいたような痕を見つけて、 「どしたの?」と聞いた私を、 「お前がつけた爪の痕だろ?覚えてないほど気持ちよくて夢中だったわけ?」 と彼がからかったのは、また別の話ですね(笑)

(るなさん/26歳/主婦)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

初絶頂・・・というか。

初絶頂・・・というか、初潮吹きの話なんですが(照)。 私と彼は付き合った当初遠距離恋愛で、会えるのは一ヶ月に一回、しかも夜だけという関係がずっと続いていました。多忙な彼からはあまり電話もなく、私も仕事の邪魔をしちゃいけないと思ってなかなか連絡も取れずにいる日々・・・。

そんな中、一ヶ月半ぶりに彼からお誘いの電話が。時間も遅かったのであまりゆっくりできないけど、人目のないところで話したいからと、とりあえずホテルへ。彼に対してや二人のことについて、私は心に溜めていたことをきちんと話しました。

彼も素直に聞いてくれて、「言葉足らずで心配させてごめん。でも俺だっていつもkoaraのこと想ってるよ。これからはちゃんと伝えるようにするな」と言ってくれました。私は心が軽くなって、久しぶりの彼の胸に甘えました。そのうち時間が無いにも関わらずお互いムラムラしてしまい(笑)早急にシャワーを浴びてベッドへ。

彼の愛撫はいつにも増して丁寧で、挿入前に指で執拗に掻き回されて頭がおかしくなりそうでした。彼が私の中のどこかをこすった途端、体がビクッと反応しました。彼はすぐに気づいて、そこばかり攻めてきます。(もしかしてコレがGスポットなのかな?)とぼんやりと考えながら身を任せていると、どんどん追い詰められてきて、自然と体が強張ってきました。
「あかん・・・でちゃうっ・・・」と思わず呟くと、「我慢しなくていーよ、出して?」と彼が優しい声で言います。もう私はたまらなくなって、シーツを汚しちゃうんじゃないかとか考える暇もなく、昇りつめた自分を解放してしまいました。その後、興奮しきった彼にすぐ挿入され、終った頃には二人とも腰が立たない状態に・・・・。

余韻を楽しみたいのにタイムリミットが迫ってて、よろよろとお風呂に向かう彼の後ろ姿がおかしくて、でも幸せで。私はベッドに転がったままニマニマしていました。帰り際に見たシーツの上の大きなシミがめちゃくちゃ恥ずかしかったんですが(笑)。彼はそれから転職して会う時間も増え、いっそう仲良くやっていますが、あの時のセックスが今までで最高だったと思います。

(koaraさん/28歳/販売員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

こころとからだのつながり

私は、人に気を遣うタイプで、自分の気持ちより他人の気持ちを優先する傾向にあります。別に無理していたわけではないのですが、いつの間にか自分自身の気持ちを抑えるようになっていたのかも知れません…。

Hのときも「ああしてほしい、こうしてほしい・・・。」と言えなくなっていました。当然、絶頂には到達できず・・・。付き合い始めたばかりの彼も、なんだかさみしそうでした。 そのころと時を同じくして、前から気になっていたLCさんのHPを見て、いろいろなグッズやボディケア用品を購入し始めましたところ、抵抗なく一人でHができるようになり、ボディケアも毎日欠かさず行うようになりました。

するとどうでしょう!からだがつるっつるのすべすべになり、そんな自分が愛おしく思えてきました。 もちろん、彼とのHでも心を開いて、気持ちよくなることができました。 周りの女の子たちからも、きれいになったとお褒めの言葉が・・・!「何使ってるの?」と聞かれる始末!! こころとからだのつながりって、ひとのからだって不思議ですね。

私の場合はからだの開放がこころをも開放してくれました。 二つはつながっているからこそ、両方大事にしていかないといけませんね。 こころに悩みを抱えている方は、まず自分のからだを愛して、からだに悩みのある方はこころを愛することから始める・・・。 そんな風に自分に自信を持たせてくれるLCさんのこと、もっとみんなに知ってもらいたいです。

(ちゅもさん/29歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全120件中 6 - 10件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう