注目のワード

初エッチ(初体験談) (体験談一覧)

彼の愛撫が激しくって…すごく感じてしまいました♪

初エッチは高1の3学期の終わり頃でした。 大学生の彼の家へお泊りに行った日のこと。(親には女友達の家に行くって言ったっけ…笑) 昼間は車でドライブしてました。 夕方になり、コンビニでご飯を買って彼の家へ。

ご飯を食べて、おしゃべりして、ぐうたらして…笑

先に私がお風呂へ行きました。 はじめてのお泊りだし、もしかしたら…と思って、体をめっちゃキレイにしました!! (処理とかも…笑) 私が上がって、すぐに彼もお風呂へ行きました。 私はなんか急にドキドキしはじめて、緊張してきてベットの端から動けませんでした。

すると、彼が上がってきて「どうしたの?髪乾かしてないやん」「あっ…笑」 だから彼に乾かしてもらっちゃいました(^∀^)笑

そして、イチャイチャしはじめて、そうゆう雰囲気に… 熱いキスをいっぱいして彼の愛撫が激しくって…すごく感じてしまいました♪

でも私は初めてで緊張したけどキスだけでトロンとなってしまいました★ 彼とひとつになるのはちょっと痛かったけどなんかすごく嬉しかったです!! ちなみに今もラブラブですo(≧∀≦)o

(かな太郎さん/18歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

桜がまだ舞う季節に彼の部屋で初めて体を重ねて愛し合いました。

高校生の時に初めて出来た彼は、私の憧れていた先輩。大好きで大好きで仕方がない先輩とお付き合いが出来て、最初の頃は毎日が花が咲いたように楽しくて仕方がありませんでした。

先輩は、何でも女の子のことを知っている、経験豊富な人。対照的に、先輩に比べたら経験なんてゼロに近いような私。

キスの一つにしても、色々なテクニックを持っている先輩に対して、私は受けることが精一杯。先輩に教えて貰うことがほとんどで、いつも先輩のアクションに驚いてばかりの私。

そんな私に、先輩は『こうして、ああして』と優しく教えてくれているけれど、本当に先輩を満足させてあげられているのか心配でした。 ・・・いつもこころのどこかで、「先輩は私では物足りないのではないかな?」と心配していました。。

お付き合いを始めてから暫くしたある時から、先輩が「えっちしたい」という気持ちを話すようになりました。私はこの当時、もちろんそんなのは初めてで、戸惑いや潔癖感もあって、「待って欲しい」とずっと先輩を拒んでしまっていました。

・・・先輩は大好きだけど、セックスが怖く思えてしまっていたのです・・・ でもそんな私の心の中の不安な気持ちをなかなか言い出せず、先輩は「どうして俺とセックスしたくないの?」とこの話題の度に怪訝な面持ち。

少しずつ気持ちがぶつかってしまう時も出始め、遂に私は勇気を出して、『怖い』という気持ちを先輩に伝えてみました。

先輩は思いの外、真剣に私の話に耳を傾けてくれて、私の不安な気持ちや、心配な部分を理解しくれようとしてくれました。

まだコンドームや避妊、性感染症の知識も全く無かったこの頃の私に、先輩は実際にコンドームや、性交上のリスク、避妊・感染症予防法などを本などを用いて教えてくれ、『セックスは方法を間違えずにきちんと注意を払っていれば、安全なんだよ』と、「セックスは怖くないよ」と、私の不安を払拭してくれたのです。

私は、涙が出るくらい有り難かったです。話しても解ってもらえるのか、また笑われちゃうかな、と怖じ気づいてなかなか言い出す勇気が出なかった私に、一緒になって不安を解消してくれた優しい彼が有り難かったのです。

その後、高校を卒業するまで私を待ってくれた彼とは、桜がまだ舞う季節に彼の部屋で初めて体を重ねて愛し合いました。 初めての人が、彼で良かったと心からそう思います。 この時から●年経った今でも、彼とは以前と変わらずラブラブな甘い関係が続いています。

(エクリュさん/25歳/専門職)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

初体験は23歳の時、バイト先の先輩の家

昔から、男の人と付き合うということにあまり興味がなかった私。合コンに誘われても男の子を紹介されてもあまり乗り気にはなれず…。

ただ、周りの友達がほとんど初体験を済ませていたのに少し焦りがありました。そんな私の初体験は23歳の時、バイト先の先輩の家でした。

その先輩とはそれまでもずっと仲が良くて一緒に遊びに行ったりはしていたのですが、まさかそんな関係になるなんて、ベッドで押し倒される瞬間まで思ってもいなかったので、すごくびっくりしました。

それにその当時、私はキスやエッチどころか、デートしたことも誰かと付き合ったことさえなく、緊張とでガチガチ、ものすごく怖かったのを覚えています。でも彼は本当に優しくて…。それからはどんどん彼のことが大好きになりました。

彼に褒めてもらいたくて可愛い下着をつけたり、いつもと違う香水で彼を誘ってみたり。彼と付き合っていくうちに、自分で思っている以上に自分がエッチが好きだったとか、今まで知らなかった自分も発見できたりしました。

当時は初体験が体の関係から…ってやっぱり焦ってたのかな、と少し複雑だったけど、今となってはいい思い出です。

その彼とは大分前に別れてしまいましたが、今の彼とも色々試して楽しく恋愛してます。エッチに積極的になれたのもきっと初体験の相手がその彼だったからじゃないかなー、なんて思ってます。LCさんの商品も、たくさん試して行きたいです!

(honeyさん/26歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

2年半後偶然町で再開

友達以上恋人未満みたいな関係だった人が急に引っ越して離れ離れになりとてもさみしかったのですがそれから2年半後偶然町で再開し当時の思い出話などをしていました。

そして急に会えなくなってさみしかったことを伝えると彼は私を抱きしめて優しくキスしてくれました。そして二人で飲みに行ったあとホテルに行き二人でシャワーを浴びました。そのあとベットに行くと彼はディープキスをしてくれその晩は朝まで何回も抱き合いました。その後もラブラブで続いてます。

(アッキーさん/28歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

彼が『初めてだったんだね』って少し嬉しそうに・・・

当時付き合っていた会社の先輩。年は少し離れていますが、いつも相談にのってくれて、私にはなくてはならない存在なんです。

何度か二人で飲みに行くようになり、歴史好きな彼からいろんな話を「うん、うん。」と聞いているうちに、それがなんとなく心地よく、“波長が合うのかな”と思うようになりました。

ある日、いつものように飲みに行きお酒もいい加減に入ってきた頃、何気にまじめな顔した彼が何か言いたげなそぶり。するとささやくようにぼそっと『おじさんとホテルいかない?』って言うんです。『二人っきりで話せるところに行きたいんだよ~、お願い。』だって。かわいい!

なんとなく興味もあって、それに彼のこと尊敬していて、もっといろんな話も聞きたかったので、出会ってから1年後くらいに意を決して二人でホテルに行きました。

最初はソファーの隣に座って、ほんとに話をしていただけなのですが、そのうち腰に腕をまわしてきてやさしくキスされギュって抱きしめられました。すると彼が、『しろ、舌出して。』 急にそんなこといわれてもドキドキで腰が引けちゃって・・・おそるおそる舌を突き出すと、彼は自分のそれと絡ませたり軽く噛んでみたり、彼のタバコの残り香をかすかに感じながら、私も初めての感覚をちょっと楽しんでいました。

それからブラウスの上から胸を撫でられてドキドキも最高潮でしたが、彼は、少し震えていた私の背中をポンポンとやさしくたたいて、気持ちを静めてくれました。

でも、左手でポンポンしながら右手はあそこへすべり落ちていき、いいようもない感覚に襲われて、無意識に「アン」なんて声を出してしまいました(照)。

それに反応したのか、いきなり抱きかかえられてベッドへ。それからは彼のなすがままに、キスしながら片手で服を全部脱がされて、ぴったりくっついたまま彼の愛撫を受けました。気持ちいいのかどうかその時はよく分かりませんでしたが、彼と二人だけでいられる時間が大切に思えて、とても幸せな気分でした。

終わった後、彼が『初めてだったんだね』って少し嬉しそうに言っていたのを今でも思い出します。すっごく痛かったけど、やさしい彼のことを、もっと好きにさせてくれた初エッチでした。(まだ今でも彼とは続いています。あれからもっとおじさんになってしまったけど・・・(笑))

(しろさん/40歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全423件中 21 - 25件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう