注目のワード

官能小説、エッチ漫画のLCスタイル 告白体験談 エッチな初体験告白2 初告白

初告白 (体験談一覧)

彼とのドキドキな「初めて」体験!初告白のエッチな体験告白が集まりました!みんなはどんなエッチしているの?楽しいセックスのヒントを見つけてみましょう♪

初めての、自分からの告白。

恋愛に消極的な私は、今まで自分から告白したことがありません。今までの彼氏も、すべて相手からでした。もちろん付き合ってるときは付き合ってる人のことが好きだったけど、でも、私にはずっと想う人がいたんです。

私にはかなうはずがないと決め付けてアプローチすることもなかったけど、誰かとつきあっても、出会っても、彼の存在を消すことはできませんでした。でも、このままでいいはずもありません。私は、彼に告白をして、答えをもらおうと決めました。自分の中で誰よりも一番だった人に、生まれてはじめての告白をするなんて、本当に一生分の勇気を使い果たすぐらいの気持ちでした。

結果は「ごめんね」・・・。 普通に涙も出ました。でも、私は、悲しかったというより、満足感とほっとした気持ちでいっぱいでした。伝えるはずもなかった自分の気持ちを、ずっと想い続けてた大切な人に伝えることができて、それで十分でした。こんなに好きと想える人に出会えたことは本当に幸せだったと思います。

(みゅうさん/25歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

10歳も離れているけど…

初告白は今の彼氏です。1年片想いしてやっとの初デート。(それまで何度か約束してたんですが実行されなくて…年が離れてたのでからかわれてるのかと不安でした;)前日に2人でカラオケに行こうと約束し,お昼に私の家まで迎えに来てもらいました。それからカラオケに入り楽しく過ごし,そのあとご飯を食べに向かう車の中。

私「〇〇さんって好きな人いるの?」
彼「今はいないかなぁ」
私「好きな人いたらガンガン行くタイプ?」
彼「この年なったら控えめなるで」
私「うちはけっこう頑張って行くなぁ」
彼「…」
しばらく沈黙…。(ドキドキ)


私「私が頑張ってるの気付いてくれてるかなぁ」
彼黙って頷く。
彼「そんなに鈍感じゃないよ…気付いてたけど年も離れてるし,良いんかなぁと思って俺からは行かれへんかった。良いの?」
私「良いの?って(笑)私は〇〇さんのこと好きやもん」
彼照れる。
彼「じゃあ…付き合おっか」
私「えっ…良いの?」
彼「俺も気になってたし。その代わり結婚も考えるで?良いか?」
私「もちろん!」

…こんな感じでした。今では彼氏の方が私にベタ惚れです(笑)

(羅威夢さん/19歳/フリーター)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

自分磨きにハマってます!!

私は先月に30歳になったばかりですが、実は未だにバージンです(苦笑) もちろんファーストキスはおろか、彼氏いない歴も30年…。今の若い子達からしたら バカにされそうですが、それには理由があります。この際なので思い切って告白したいと思います。

私は喘息の薬の副作用で、子供の頃から太っていて、小学生から高校までイジメに合っていました。高校に入ってからはいじめはなくなり、クラスの男子とも普通に話せるようにはなりました。もちろんクラスメートに恋心を抱いたこともあります。でも太っているし、自分自身に自信を持てずに告白なんてできるはずもなく、結局その男子は私の友達と付き合ってしまいました。

それ以降は「私は恋なんてしちゃいけない」って思い込んで、男性と付き合うこともなく30歳を迎えてしまいました。
でもふとしたことでLCさんに出会ってからは、自分磨きにハマってます。なんとか痩せてきたし、自分にも自信を持てるようになったので、そろそろ素敵な彼氏でも探そうと思っています(笑)もし彼氏ができたあかつきにはまた体験談を投稿したいと思っていますので、これからもお世話になります♪

(すぎっちさん/30歳/パート)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

ほのぼのした思い出

初めてされた告白。 小学生の時、学校の教室でした。 ちょっとスローペースでぽっちゃりな彼はいつもおどおどしていて、姉御肌な私は(実際弟がいたこともあってか)放って置けずに、おせっかいをやいていました。

バレンタインに「友チョコ」としてあげたチョコレートにたまたま見ていた担任の先生がからかいの声をかけてきたんです。 私に、ではなく、その男の子に。
「ちろちゃんのこと好きだから嬉しいでしょ〜」
その子は素直だったので、のせられてしまったのだと思います。
「は、はい!おれは、ち、ちろちゃん好きですっ!」

昼休みの教室は人がいっぱい。 私はお友達としか見られないことを正直に告げてお断りしました。 みんなの視線が嫌だったなあと覚えています。 その時こそ迷惑のように感じてしまいましたが、思い返すと、小学生らしい純粋な告白だったなとほのぼのします。

(ちろさん/19歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

突然の、見知らぬアドレスからのメール。

私の初告白は高校3年生の春休み、ちょうど部活を引退してしばらくたってからです。 私が密かに想いを寄せていた彼は、1つ下の部活の後輩でした。

その当時はかなり人見知りだった私は後輩ともあまり話すことはなかったのですが、彼だけは別でした。彼のほうから積極的に話しかけてくれて、なにかと私を笑わせようとしてくれる姿を見るうちに、だんだん心を開いていったのです。何より1番好きだったのは、話すときに真っすぐに私の目を見て話してくれる姿勢と、まっすぐで綺麗な目でした。

引退当日の夜。突然見知らぬアドレスからメールが入りました。驚いたものの、とりあえず返信してみると、何と彼からのメールではありませんか。 それから何度か他愛のないメールのやりとりをするうちに、私はどんどん彼に惹かれていきました。 そして思い切って告白することに…。

すると「前の彼女が忘れられない」と返ってきました。 それでも諦められずに数か月が経ちました。突然、またもや彼からメールが… そこには「彼女のことはふっ切りました。よかったら今度、食事でもしながらゆっくりお話しませんか?」 と書かれていたのです!

結局私は受験で、すれ違い、付き合うまでには至らなかったのですが、ずっと忘れられない思い出です♪

(水樹さん/18歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全50件中 1 - 5件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

恋猫
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう