注目のワード

初バレンタイン (体験談一覧)

チョコはチョコでも…?

わたしの初バレンタインの思い出はちょっと他の人とは違うかな?なんて。 中学生時代、勿論2月に入るとみんな盛り上がりますが… はい。 チョコレートなんて、(特に学区内でも成績高く真面目な学校だったこともあり) 好きな子に手作りチョコレートを渡せる、なんてまずできなかったですね。 特に、当日から前後3日は持ち物検査とかあったので。

さてさて、で。 わたしがチョコレートを渡したい相手は、 同級生でもなく、 先輩でもなく、 後輩でもなく… …部活動の顧問の先生です。(本気で好きでした…) 絶対渡したい、と思って結局わたしがとった手段は… 雑貨屋さんで買ったキーホルダーのチョコレートを 支援助士の先生に渡してもらった、という。

一応何年後かにお返しいただけました。。。 自分なりにがんばったつもりですが、 支援助士さんに感謝です。

(涙さん/22歳/主婦)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

先輩が泣きそうで震える私を抱きしめて…

私の初バレンタインは、高校1年生の冬でした。

ずっと好きだった先輩が卒業してしまう…。いつもは相手から告白されて付き合うことしかしない勇気のない私でしたが、自分の胸の中で大きくなりすぎてる気持ちをどうしようもなくて、バレンタインに賭ける事にしました。

バレンタインの一週間前から準備をしてあま~いトリュフを作って、先輩に『明日学校来れませんか?』とメール。すると『いいよ、じゃあ明日3時間目と4時間目の間に俺の教室でね。』と来ました。それだけでドキドキしてきて、本当に気持ちを伝えられるか自信がなくなったのですが、少しでも可愛い自分で行きたいと思い、夜な夜なパックをしてチョコを最終確認して寝ました…。

そしてついに当日、約束の時間に先輩の教室に行くと、もう3年生の授業は終わっていて先輩が誰もいない教室に1人、机に座って私を待っていました。
…ドキドキ…ドキドキ…
口から心臓が出ちゃいそうな気持ちを抑えて、先輩に言いました!

『だ、大好きです!!すごい大好きです…!!!』

緊張と真っ赤な自分の顔を見られたくなくて下を向いて、前ならえのようにチョコを突き出して持って、返事を待つ私…。するとチョコが手から取られた瞬間、先輩が泣きそうで震える私を抱きしめてくれました。そして…

『遅せーよ…ありがと。俺も好きだから。』

嬉しいのと、ビックリしたのと、どうしたらいいのかと、わけがわからないので本気な泣きした私に焦りながらも、優しく頭を撫でてくれました。その後は、顔を真っ赤にして私は授業に参加し、友達にガッツポーズを決め(笑)最高の1日を送りました。

モチロン授業のあとは先輩が迎えに来てくれて、仲良く手を繋いで帰りましたょ♪もうその先輩とはお別れをしてしまいましたが、今でも一番の思い出です。次の恋はもーっと甘いバレンタインにしたいと思います!!!

(さおり☆さん/21歳/販売員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

どんなのが好き?と聞くと…

私の初めてのバレンタインの思い出はかなり遅咲きで、20歳の時、しかも相手は今の夫です。 それ以前にもお付き合いしていた人や好きになった人はいましたが、どういうわけかバレンタインの時期には寂しく一人で過ごすことが多く、私にはあまり関係ないものだと思い込んでいました。

夫と付き合うことになったのが2月13日で、バレンタインの前日でした。初めて男性にチョコレートをあげられる!と思い、どんなのが好き?と聞くと、意外にも答えは、スーパーなどで販売されている、ごくごくノーマルなメーカーの、やはりノーマルなミルクチョコレートの板チョコ。

下手に加工などせずにそのままあげたほうがいいな、と思いましたが、ぺろっと一枚か二枚渡すだけでは面白くないなあと思い、考えに考えて、、、近所中のスーパー三軒のチョコレート売り場に置いてある、その板チョコを全部買い占めて渡しました。

時期が時期なだけに、売り場もだいぶ閑散としてはおりましたが、店員さんに出してもらったり棚の奥を探ったりして、最終的には28枚集まりました。半端な数字ですが、数の効果は大きく、渡したときの驚きと喜びようはかなりのものでした。

(naomaruさん/32歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

雪の中、彼を待ち続けること一時間…

初めてバレンタインのチョコを渡したのは、高1のとき。前日の朝から、友達と二人で試行錯誤しながらトリュフを大量に作り、初めてにしては割とイケるんじゃないの?なんて自画自賛しながら、余ったチョコを味見と称して食べまくったりしてました。そして、形のいいものだけを6個選んで赤い箱に詰めて…。

当日は、勇気を出してちゃんと告白できるよう、母からもらった香水(たしか資生堂のアンジェリークで、今思えばだいぶ大人っぽい香りでしたが)を全身にまとい、放課後さっさと学校を抜け出し、向かった先は好きな人の家の前。 雪が降り積もり寒さも増す中、部活から帰る彼を待ち続けること一時間、ようやく彼が帰ってきました。

私は彼に駆け寄り「これ…」と赤い箱を渡し、その場から走り去りました。 本当はもっと言いたいこと、たくさんあったのに…恥ずかしいのよりも、あまりの寒さに口が思うように動かず、結局告白どころじゃなくなってしまいました。

でも、あれだけ寒い中待ってたんだから、気持ちはきっと伝わってるはず…と思いたかったんだけど、彼にはそのとき別に好きな子がいたらしく、あっさり流されてしまったんです… そのときを境に、自分からは告白しなくなり、相手から言わせることに力を注ぐようになりました♪

(にゃあさん/29歳/OL)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

バレンタインの当日が高校の受験の日で…

今でも後悔している苦い思い出のバレンタインです。 中学のとき、同級生で好きな子がいました。 クラス替えで離れてしまい、でもなんとかそばにいたくて彼が部長を務めている委員会に入ったり。大人しかった私にしては、よくやったなーなんて思います。

その委員会の当番は週に1回、給食時間と掃除時間。いつもドキドキでした。 何人かのグループで、他の子もいたけど、なんとなく私に対しての接し方は違っていたような。 2人きりになるように仕向けたり。

バレンタイン間近の日。
「チョコレートちょうだい」の言葉に「いいよ」と返事した私。周りの子に「くれるってー」なんて嬉しそうに言ってたりして。 そのバレンタインの日。高校の受験日でした。 親が厳しく、寄り道厳禁。とてもバレンタインどころじゃ・・・ そしてやっぱり勇気が出ない私。。。。 通っていた中学が試験会場。もやもやした気持ちのまま、試験を終えて帰ろうとすると向こうからカレが! すでに推薦で高校が決まっていたカレは委員会の仕事で学校に来てたのでした。

目は合ったものの、そのまますれ違って・・・ それ以来、なんとなく気まずいまま。 後から聞いた話だと、他の子がカレの家までチョコレートを持っていったところ「受け取れない」って言われたそうです。 あげてたらどうなってたんだろう。 今でも引っかかってるできごとです。

(ナルさん/34歳/派遣)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全39件中 6 - 10件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう