注目のワード

初バレンタイン (体験談一覧)

なんと電子レンジで…!

こんにちは。 私の初バレンタインは小4でした。チョコを型に流し込んできれいにトッピングしてあげる予定だったのですが、なんと電子レンジでチョコ大爆発!!!!笑。焦げてクッキーみたいに・・・、なのに、これがなんと絶品!!!笑。あまりにおいしかったので、本当は本命の子にあげる予定じゃなかったのですが、勢いあまってあげてしまいました。笑。もちろんきれいにかたちをととのえて☆笑。
ただあげただけなので返事はもらってないですが「うまい!!」っていってくれたのがうれしかったです♪いまは彼どうしてるんだろなぁ~。。。

(ゆずこさん/19歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

朝のラッシュ時にも頑張って守り抜いたチョコレートケーキ。

それまでも、市販されている普通のチョコくらいは男の子にあげたことはあります。でも、なぜかその時は初めて「頑張って手作りしちゃおう(*^.^*)」って思っちゃったんですよね。

21歳位の時かなぁ、勤めていた会社の近くにバイク屋さんがあって、駅を出て会社に向かうときに前を通るんです。毎朝お店のシャッターを開けてるお兄さんがカッコよくて、毎日会えるのを楽しみにしてました。それをチラッと会社の先輩に話したら、一回も彼と言葉を交わしたことないのに「もう直ぐバレンタインデーだからチョコあげれば」って。

いきなり!?って思ったんですが、あげる事にしちゃいました。作りましたよぉ〜。チョコレートケーキ!味はともかく見栄えは何とかなりました。でも、朝の電車はラッシュです。ぎゅうぎゅうに押される中、必死でケーキを自分の頭より上にあげ、崩れないように頑張って会社まで持って行きました。

仕事が終ってから、いつの間にか後ろにいる先輩達に冷やかされながら渡しました。ドキドキしましたねぇ(#^.^#)それから何度か電話で話したり、映画も観に行ったりしたのですが、彼の実家は広島でバイク屋さんをやっていて東京の親戚であるそのお店に修行?勉強?に来ていたんですねぇ。

結局しばらくしてから実家に帰る事になりそれからは会っていません。今頃はどうしているのやら。良い思い出です(T^T)

(ηеκσ*さん/29歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

雲の上を歩く様なフワフワした気持ち。

初めてバレンタインにプレゼントしたのは小学四年生の時… 隣の席の男の子だった。 彼はクラスの女子にモテモテで、バレンタインのチョコも沢山貰ってました。 隣に座ってても引っ込み思案な私は中々彼に話し掛けれなく近くに居ても遠い存在でした。

バレンタインの日が近くなると「私も彼にチョコを渡したい…」そんな気持ちが日に日に増します。 バレンタインのチョコ売場に中高生のお姉さん達の中に紛れチョコを探したけど、何も買えなくて… 結局自分でクッキーを作る事にしました。

ココア生地を練り込んだマーブルクッキー… 一度母と一緒に作ったので手順は覚えてましたが綺麗なマーブルが出来なくて苦労した記憶が。 試行錯誤を繰り返し出来上がった頃には何時間経っていたか忘れてしまうくらいでした。 布の端切れをハンカチーフの様にミシンで母に縫って貰い、布の真ん中にラップで包んだクッキーを入れ布を集めキュッとリボンで括ったシンプルなプレゼントが出来ました。

バレンタインの日、中々クッキーを渡せなくてもじもじしていたら、彼からメモが来ました。 「今日はなんか変だぞ、お腹痛いの?」 そんなメモを見た私は勇気を振り絞り「放課後時間ある?渡したい物があるんだ」ドキドキしながら返事を待ちました。「中庭で待ってる」彼の返事を見て耳まで赤くなったのではないかなと思う程熱くなってました。

中庭に行くと彼は先に来てて、私は恥ずかしさの余りに「これバレンタインのプレゼント」と言って彼の顔も見ず渡したら、足早に帰りました。

次の日…彼からまたメモが来ました。 「昨日のクッキー美味かった、作ってくれてありがとう。」 見た瞬間じわっと涙が出た、雲の上を歩く様なフワフワした気持ちに包まれました。 それから終業式まで余り日にちはありませんでしたが、彼とは以前より話しが出来る仲になったのを覚えています。

(あっちゃんさん/35歳/兼業主婦)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

緊張し過ぎて過呼吸に…。

高校一年の時、入学してすぐ一目ぼれしました。隣のクラスの子で、話すことなんて一回もできなかったけど、毎日彼を見かけるだけでドキドキしたり嬉しくてたまらなかったなぁ。 バレンタインが近くなって、女の子同士でチョコを作りあってバレンタインデーに備えてました。私は生チョコを作って、それがすっごくおいしくできて、バレンタインには絶対告白しよう!って決意してたんだけど…。

バレンタイン当日、練習ではすっごくうまくいったのに、なぜか大失敗して硬くなってしまった“とても生チョコとはいえない生チョコのようなもの”をかわいくラッピングして持っていきました。 放課後、いざ告白と思ったときには部活のためグラウンドに行ってしまっていて、どうしよ~って騒いでたら、男友達が『まだ告ってねーの?呼んできてやるよ』っていきなり呼びにいってしまい、心の準備ができてない私は大パニック!!!

キンチョーして胸がドキドキドキドキして苦しいくらいになって、とりあえず校舎の中に入ったけど、ドキドキしすぎて立ってられない!!!苦しくてハァハァいってたら、目の前が真っ白になってきてそのまま過呼吸のような感じになってうずくまってしまいました。 友達が彼を呼んでくれて、彼が来たときには校舎の影でうずくまっている私を発見することができず、部活へと帰っていきました…。

バレンタインチョコを作るたびに、あのときのドキドキ感を思い出します。 結局告白できなかった私は、告白するってすごいことなんだなぁって、しみじみ思いながらあの時告白してたら、なんて想像してます。

(ここみさん/24歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

私がなんでチョコ2個あげたか、わかってないのかな。

卒業まであと3ヶ月となり、クラス旅行に行こうという事になりました。なかなか行き先が決まらず、なぜか彼と2人でお茶をしながら、打ち合わせをしたりしていました。

そんなことを繰り返しながら、気が付けばバレンタイン!みんなに友チョコをくばり、彼には帰り際にみんなと同じものと、もうひとつビターチョコの2つを入れた袋を押し付けて帰りました。
夜に「何だか照れくさいです」とのメールが。恥ずかしくなった私は「お腹すいた」と意味不明のメールを…。 次の日、お互い何事も無かったようにいつもどおり過ごしました。チョコのことにはお互い一言も触れずに、旅行も卒業式も終わってしまいました。

そして、ホワイトデーの5日前。「14日に渡したいものがあるんだけど」とメールが。そして当日。お茶をして、散歩して、ご飯を食べに行き、バレンタインのお返しを「ハイ」の一言で渡されました。「あたしがなんでチョコ2個あげたか、わかってないのかな」なんて思いながら受け取りました。そしてまた、何事も無かったように別れました。

その後、彼とは何度か2人で会うことはありましたが、進展は何もなく、時は過ぎてゆきました。告白をしよう!と勇気を出し彼と会った日、彼から「彼女が出来た」と言われ、この恋は終わりました。

(あひるんるんさん/26歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全39件中 11 - 15件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう