注目のワード

初バレンタイン (体験談一覧)

チョコを香に包まれて私はうっとり。

今年の2月に彼氏さんと初バレンタインを迎えましたが、色々と大変だったんです。ちょうど2月14日に私は関東のほうへ長期出張中。有名なショコラティエのお店で調達して家に送っちゃおうと思っていたのに、仕事に追われてチョコの準備ができませんでした。

連絡もしなかった私が悪かったのですが、15日にお怒りの電話がありました。「いままでバレンタインにチョコくれなかった女の子始めて」ですって。 ちょっとムッとしましたが、怒っているような拗ねているような態度がなんだか可愛らしくって素直に謝って、帰ってから埋め合わせすることにしました。

それから急いで携帯からそのとき限定発売のショコラローションをLCさんから注文!! 出張が終わり会えたときにそのローションをラブタイムに使って仲直りしました。 チョコを香に包まれて私はうっとり。彼氏さんは味を気に入ったのか沢山ぺろぺろしてくれて楽しいバレンタインでした。

(あっぷりけさん/23歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

幼なじみのお兄さんがずっと好きで…

あたしの初めてのバレンタインは11才の時。 幼なじみのお兄さんがずっと好きで手づくりチョコレートを作ったけどあえなく失敗。 イチゴのチョコレートを買ってきましたが恥ずかしくて渡せなくて。ひとりでイチゴチョコを食べました。

高校時代に再会しましたが相変わらずステキな人でした。あたしの憧れの先輩と付き合っててさすがだなと(笑)

彼は一昨年結婚しました。しあわせでいてくれて幸いです。あたしが初恋から15年も後まで彼もできなかったのはあの人がステキ過ぎたから。 …もてなさすぎだったからかも?

(ぬぅさん/30歳/サービス業)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

高校のときのお話です。

高校のときのお話です。 わたしは1年生で、気になるヒトは2年生。彼女は年賀状で「ミックスベリータルトが食べたいなー☆」って書いてきました(笑) これは、作ってあげないと!

やっぱり好きな娘のおねだりは嬉しくて、1月中に何度か練習してみました。クリームをチョコにしようか、カスタードにしようか、コーティングはキルシュのゼリーにしようか、チョコソースを作ろうか…。ちょっと太ってしまったかもしれません(;^-^) 試行錯誤の末、チョコカスタードでキルシュゼリーをかけることにしました。艶々してキレイなもので。

それで材料を買い揃えに出かけたのですが、試作品をベリー1種でしか作っていなかったので、すっかり忘れていました。真冬にベリー売ってないやん。 ご存知の方は多いと思いますが、キルシュはさくらんぼのお酒なので、具材もさくらんぼを狙っていたのですが、旬は6月。あたり前にない。温室育ちは高い。プレゼントも買いたいのに…。

というわけでうろうろしていたら、冷凍のブルーベリーとラズベリーを発見! アメリカンチェリーでいいや♪と3種にして、家路に着きました。が、またドジ。 作ろうとして気づいたのですが、キルシュちょっと前に飲んでしまっていたのです。 すぐに買いに出かけたのですが、バレンタイン前日で製菓材料はどこも売り切れ。

しかたないので樽酒が目印のいかつい酒屋さんに行きました。バレンタインっぽくない。 でも、入ってびっくりでした!キルシュどころか、ラム酒もコーヒーリキュールも揃っていて、しかも安い! もちろんそれ以来御用達です。場所は内緒です(笑)

つつがなく作り終え、念入りにお肌のケアをして寝ました。翌日、プレゼントを添えてタルトを渡したときの笑顔が忘れられません♪ しかも、初めてキスしてくれたのです!ケアしておいてよかったv

あ、もちろんわたしも彼女も女性です。 初めての特別な人のためのバレンタインが、彼女でよかったと思います♪

(えろねこさん/20歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

初めて 彼の前で泣いてしまいました。

初バレンタインと言えば、私の場合は中学校二年生のときでした。 今考えると、意外と遅咲きだったんですねぇ。 小学校五年生のときからずーっと好きだった男の子から、 中学校二年生の終業式の日(クリスマスイブでした)に告白され、その後迎えた 初めてのバレンタイン。

自分の中で、盛り上がらないわけがありません。 ここはひとつ、手作りのチョコレート菓子をプレゼントして、びっくりさせちゃおう! と考えたわけです。 幸いにも、相手は甘いものが大好きで、もちろんチョコレートも大好物。

それだけに、甘さはどの程度が良いのか、どんな種類のお菓子がいいのか、 それほもう入念にリサーチしました。 結果として、一番彼に良さそうだと踏んだのは、チョコレートケーキ。

さくさくの生地に、ガナッシュクリームを塗ったものを作ることにしました。 一月の半ばから(!)試作品を作りはじめ、休みのたびにチョコレートケーキを作る有様です。 家族から苦情が来るくらい練習に練習を重ね、自分でも「プロ級!」と自惚れるほど 上手に作れるようになりました。

この味なら、きっと彼も喜んでくれる。彼の驚く顔と笑顔を思い浮かべ、わくわくしながら バレンタインを待っていました。 さて、肝心のバレンタイン当日。 …なんと、彼はインフルエンザでダウン……。

その前日、13日までは元気だったので、ショックでショックで泣きそうでした。 うつると大変だからと言われ、お見舞いにもいけません。 けれど、事情を知っていた彼の一歳年上のお兄さんが、「届けてあげるよ」とケーキを 持って行ってくれました。

それから一週間後だったと思いますが、すっかり元気になった彼と一緒に帰る途中に、 彼から手紙を渡されました。 「ね、それ今読んでみてよ」と言われ、不思議に思いつつもその場で開封してみました。

中には、「ケーキ、とってもおいしかったです。インフルエンザのせいで食欲なかったけど、 あれだけは全部食べました。本当のことを言うと、うれしくて泣きそうだった。ありがとう。」 と書かれていました。

読み終えて彼の顔を見ると、それはそれは恥ずかしそうに耳まで真っ赤になって うつむいていて、「やっぱ、あとで読んでもらえばよかった…。」なんて言って。

彼は照れ屋で、あまり自分の気持ちをはっきり言葉にするほうじゃありませんでした。 それだけに、この手紙はとてもストレートに心に響き、私も嬉しくて嬉しくて、初めて 彼の前で泣いてしまいました。

彼とはその後、高校生になってから別れてしまいましたが、今でもこのときの手紙は 大事にとってあります。 バレンタインが近づくたびに、いまだにふと思い出して読んでみたりしています。

(花籠さん/28歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

あの恋のおかげで成長できた

19歳の時に初めて好きな人に手作りチョコを渡しました。友達の紹介で知り合い、メールをしてましたが、初めて会った瞬間一目惚れしました(笑)

内気なほうなので、そんなにアピールもできず、友達以上恋人未満の関係が続いていました。でも、やっぱり恋人同士になりたい!!と思い、決心してバレンタインにチョコをあげることにしました。

会社の先輩にアドバイスをもらい、かわいい包み紙も買って、甘いものが苦手な彼のためにシナモン風味のカップケーキを作りました。友達に頼んでダブルデートにしてもらい、映画を見た後食事をして帰る彼を引き止めて自分の車へ連れていき、渡しました。嬉しそうにしてくれましたが、その後の私の告白には曖昧で、はっきりした返事はもらえませんでした。

その後、友達つたいに、友達以上に見れないとお断りの返事が来ました…直接言ってもらえない悲しさとふられた辛さでしばらくは泣いてしまいました。辛い思い出ですが、あの恋のおかげで成長できた気がします。

(チワワさん/23歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全39件中 26 - 30件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう