注目のワード

官能小説、エッチ漫画のLCスタイル 告白体験談 草食男子・肉食男子恋愛エピソード告白 草食男子デート

草食男子デート (体験談一覧)

遅咲きの幸福

彼は間違いなく草食。サークルの同期なのですが、あまり男の子とは打ち解けず、合宿や飲み会でも女子とばかり話しているし、特に後輩からよくモテて、割と積極的なアプローチとかも受けてるけど、本人はかなり淡白。後輩からのいっぱいいっぱいな告白もあっさりとかわしていました。

彼はきちんと話を聞いて相手の為を思って誠実に考えてくれるすごく素敵な人で、男の人、という前に人間として魅力的だな、と私は思っていました。悩みがあったら、聞いてもらったり、逆に聞いたり。じっくり向き合って諦めずに考えてくれる彼といると、自分の駄目なところも冷静に見つめなおせて、素直になれるんです。

一緒に成長できて、傍にいて落ち着く相手でした。見た目もひょろいというか、まあ、男臭くはなくて、一緒にいると楽で、気のおけない友達という関係に満足していて、最初は恋愛感情なんてなかったんです。

追いかけてつかまえられるタイプじゃないと分かっていたのもあり、私もそこまで恋愛に積極的じゃなかったのも手伝い、「話しやすい・仲の良い友達の一人」で十分満足していました。

けれど3年ほど経った頃から、彼からプライベートで、カラオケや映画に誘われるようになりました。個人的に飲みに行ったりすることも増え、一緒にいる時間が増えていくのがすごく嬉しくなりました。その頃から男の人として意識するようになりました。でも、もう本当にヤキモキするんです。

いつも彼からの何気ないメールではじまり、気付いたら電話していたり、デートの約束をしていたりしたのですが、あと一歩が掴めない。私のこと好きなの?それとも、ただの友達の延長?って、疑問ばかりが残ってしまうような関係が、1年くらい続きました。

二人きりで映画を観たり、飲みに行ったり、買い物をしたり、とまるで恋人同士のデートのようなことを、何度もしてきたけれど、夜遅くになるといつも「それじゃまた」って言って別れてしまう。手を繋ぐとか、それらしいこともなく。

一度、もう耐えられなくて「今、恋愛していないの?」って何でもない風を装って聞いてみました。すると、「う~ん、うん、してない。今は疲れることしたくないから」って返されたんです。これが、すごくショックで。

それじゃ、私って何??って。それで、もう彼のことは考えないでおこう、と思ったんです。追いかけても応えてくれない、って諦めていたから。そんな折、別の人に告白されました。

でも踏ん切りがつかなくて、その人のこと、少しいいな、と思いはじめていたけれど、やっぱり彼のことが忘れられない。諦めたつもりが、吹っ切れてなくて。その日の夜、また何気なくはじまった彼との電話で、いつも気軽に相談していたように、「実は今日、告白されたの。でも、その人とは多分長くは続かないな、って思っちゃってる。けど、迷ってるの。もしかしたら続くかもしれないし、でも…やっぱり無理かもしれない」そう話しました。そしたら、しばらく黙った後、ようやく彼は言ったんです。

「だったら、俺にしときなよ」 そう言われた時は、ただただ驚きました。だって恋愛してないって言ってたのに!って。でも、段々嬉しくなって、だけど何だか彼が変に余裕ぶっているのがすごく癪で。最後の最後でちゃんと――いや、あまり“ちゃんと”はしていないかも――言ってくれたけど、ずっと煮え切らない彼の気持ちが傾くのを待った私としては、ここで単純に喜んでいいんだろうか、って思ってしまったので、つい「早く言ってよ、バカ」って言っちゃったんです。

そのまま笑いあって、「じゃあ、よろしく」って言って、ようやく恋人同士になりました。優しすぎるくらい優しくて、どんな小さなすれ違いも話し合って解決しようと、真面目にとりあってくれます。嫌がることは絶対に無理強いせず、いつも私の意見を確かめることを忘れない、彼のそういう誠実なところがすごく好きです。

相変わらずちゃんと言葉にして言ってくれないし、淡白ですが、時々熟考した末に出てきたらしい素直な言葉が、じんわりと幸せを感じさせてくれます。本当にたまにだけど、真剣に「マヤのそういうところにどうしようもなく惹かれる」とか言ってくれたりすると、じ~んと胸が熱くなるんです。

わ~、わ~、どうしよう、好きすぎる!!って。でも、欲を言えば、もうちょっと情熱的になってくれてもいいのになぁ…と思わなくもないですね。たまには有無を言わさず、押し倒してくれてもいいのに…

(マヤさん/22歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

鈍感にも程がある

彼を好きになったのは、今の会社に入って半年程のことでした。最初の印象は、「優しそうだけど暗そうだな」とまさに草食系。正直あまりぱっとしない感じでした。

だけど日が経つにつれて打ち解けてきて、話せば面白くて、切れ味の鋭いツッコミをされるようになり、とてもチャーミングな彼に惹かれていきました。

彼もなんとなく私を気に入ってくれているような気配がしたのですが、やはり草食らしく奥手でアプローチはいつまで経っても何もなし…。ご飯くらい誘ってくれてもいいと思いません!?

だけど彼が私に気があるかもなんて自意識過剰だし、相手に期待していつまでも待つなんて馬鹿らしいと思い、私の方から食事に誘いました。

すると返事はノー。理由は「家に帰ってまた来るのが面倒」。受けてくれると思っていただけに大ショックでした。そんなの家に帰らず直接来いよ!え?酒を飲みたいから車を置いてこなきゃ?代行で帰れ!!みたいな。

さすがにそんなことは心の声ですが、面倒さに負けた事が悔しかったです。しかし一度断られたくらいでめげずに次は映画で再挑戦。彼が大好きな漫画が映画化したもので、これなら喜ぶだろうと自信満々にいったら「漫画のイメージが壊れるからイヤ」。

いやいやまだ諦めない!それなら彼が好きそうなアクション系!「映画館に行ってまで見たい映画じゃない」さすがにあまりの脈の無さに打ちひしがれる私…。

しかしそうかと思えば「好きなタイプはお前みたいのだよ」とか言ってくるし、頬っぺたひっぱたいてやろうかと思いました。嬉しいんですけどね。そんなことを繰り返して2年が過ぎ、一向に埒があかないのでつい先日、思いきって告白しました。

「あなたの事がずっと好きです」とストレートに言ったところ、彼は「ありがとう」と少し笑って言ってくれました。「あ、この前借りた本だけど」と次に言いました。なんと私の告白はさらりと流されてしまったのです!!

どうやら彼は私の事をただの女友達としか思ってないようで……改まって何を、と思ったようです。鈍感にも程がある!!

だけどそんなところも可愛くて仕方ないと思う私はどうしようもありません。草食系男子は長く付き合っても飽きない不思議な魅力があるようです。これから女を磨いて、もうちょっと頑張ってみます!!

(かめこさん/23歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

逆転カップル

付き合う前から、中性的でかっこいいより可愛いに分類される彼は同い年。付き合ってからもそれは変わることなく、かれこれ1年になります。

元々自分も男っぽいさばさばした性格で、可愛いよりかっこいいものを選びがち。ましてや髪も短いので、後ろから見るとよく男の子に間違えられます。しかも、発言に男らしい面があって、友人から「王子」と呼ばれる始末。

でも彼の好みでもあり、彼とのデートのときは女らしくミニスカやワンピースを着るようにしていました。でも、外見が女の子らしくなっても中身がまだまだ女の子にはなりきれず、むしろ彼の方がちょっと女々しい感じがあるくらい。(笑)

ただ、足を出すと気になるのが彼の足の細さ。女物の洋服も着れるくらい細いんです。だからたまにデニムを穿いても、明らかに自分の方が太い…。自分はスポーツをしているので、彼もそれを気にしていないのは確かです。でも、寂しくなりますね。

そして、彼の服の色の好みが白や紫やピンク。もう可愛いとしか言いようがありません。(笑)本当に似合うんです!!女の自分より似合って、羨ましいくらいです。

だから、服選びのときも自然と紫やピンクを薦めちゃってます。普段細身ジーンズ×色(ピンクや紫)Tシャツ×リュックのスタイルが多いんですが、そのせいか幼く見られるみたいです。普通に電車に乗っているとき大学生に年下に見られたことがあったり、同じバイト先の後輩にも先輩扱いされたこともないくらい。

ちょっぴり童顔なのと、ノリが学生と同じだってこともあるかもしれません。だからと言ってがっつり行くわけでもなく、みんなの事を考えて気配りしながら付き合いをしているそうです。

デートでの行動は彼が引っ張ってくれていますが、発言は自分の方が上のような気がします。これはいいのか悪いのか…でも、彼も自分の発言が男っぽいのは認めているので、これはいつまでも変わらない気がします。(笑)

草食だからってなよなよしたイメージですが、自分が肉食っぽいのでいい組み合わせなのかもしれませんね。彼にはいつまでも可愛らしくいてほしいです。

(keikoさん/24歳/社会人)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

小さな幸せを噛み締める「草食」的恋愛

今の彼氏は、生まれて初めての草食男子。

仕事帰りに家に行くと、私の食べたい夕飯を作ってくれます。朝は私より早起きしてお弁当作り。女として見習わなくちゃなと思ってしまうほど家庭的な彼氏です。

そんな彼氏とのデートなのですが、最近はもっぱら、おうちデートでした。

私の方が仕事が忙しくて「疲れてるから」と外に出たがらず…いつも家でゲームをしながらまったり、という事が多いです。彼氏も何も言わないからそれでいいものだと思っていました。

しかし、とある休日。ネイルを直すために午前中から外に出る予定があったので、「午後からどこか行こうか?」と誘うと、彼氏は大はしゃぎ。この反応を見て「最近、外でデートしてなかったなぁ…」と恋愛になまけていた事を反省。

それでも黙って私に尽くし続けてくれた彼氏は、素晴らしい奥さんになれると思います!

その日のデートは海遊館に決定。最初は「でも海遊館って、デートしたら別れるんでしょ?やだなぁ…」と渋っていた彼氏。

「ネットで見たけど、海遊館に行ったけど結婚した人いっぱいいるよ」と教えてあげると「本当に!?良かったー!」と満面の笑顔。なんてかわいらしいんでしょう。

今までは、男らしい肉食男子にばかり惹かれていました。どちらかと言えば私が尽くす役。

「女なんだから尽くさなきゃ!」という、よくわからない脅迫観念から尽くしていたのですが、いつも何か違和感がありました。

今の彼氏は、彼の方から私を好いてくれて、なんだかほっとけなくて付き合ったという流れ。初めて草食男子と付き合ってみて、「あぁ!私が求めてたのって、こういう関係なんだ!」と、物凄く幸せな気持ちです。

肉食男子より、刺激のない付き合いだと思います。流行のお店に率先して行ったり、突然サプライズしてくれたり、なんてことは一切ありません。

ショッピングしてると「あっ!あの服、ゆうに似合いそう!」と言って駆けていったり、「お抹茶が飲みたいな~」と言って渋い和カフェに入って「ケーキかパフェかどっちにしよう」と私より悩んで、結局半分こしたり…

誕生日も、ただ一緒にいて、一生懸命選んだプレゼントを普通に手渡してくれました。驚きのない、日常の小さな小さな幸せを噛み締める恋愛なんです。

道端に生えている雑草を毎日食べてみて、おいしいものを見つけた時にちょっと足を止めてじっくり噛み締めてみる…肉食動物のようにご馳走に巡り会う事はそうそうないけど、毎日当たり前に食べているご飯を「おいしいね」と言い合って、日々を生きる。

草食男子ならではの恋愛だと思います。

(ゆうさん/25歳/プランナー)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

生きた化石

私が彼と出会ったのは二年前。バーの忘年会でした。

初対面の人とも人見知りせず話す私に対し、彼は一人で黙々と飲み続ける、良い意味で言えば空間を大事にするんだなぁとの印象だけでした。それから偶然店で会う機会が多くなり、少しずつ話をするようになりました。

お互い飲ん兵衛なのでお酒の話ばかり。少し経つとお互いに忙しくなって店で会わなくなり、アドレス交換も「教えて良いよ」と店員に言付けしたまま。

結局かなりの間が空きましたが彼が、店員さんにメモを渡してくれたお陰で、晴れてメール交換や電話を出来るようになりました。

でもやり取りが週3から週1になるまでそんなに時間がかかりませんでした。ひどい時はメールが1往復で終わり。そう、実は彼は究極の面倒臭がりだったのです。

おまけに身体は熊みたいに大きいのに虚弱体質。

草食か肉食かはどちらもチェックが半々だったのですが、「中性的で安全牌に見られる」と言う情けなさも手伝い、かなりの草食と判断しました。

本人もそう言った通りで、デートの誘いも私から。休みはほとんど一人でたまにサイクリング。比べるのも何なのですが元彼とは真逆過ぎるので、気になるとはとても言えません。本当に変な関係です(笑)。

(魅宿さん/27歳/自由業)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全30件中 6 - 10件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ホワイトスノー
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう