注目のワード

草食男子のエッチな攻略法(落し方) (体験談一覧)

変身する草食系男子

私と彼は付き合ってちょうど1年くらい。 彼は、今よく言われている草食男子という言葉がぴったりはまるような人。

そんな彼が、勇気を出して告白してくれて、それが可愛くて 今まで肉食の人と付き合ってきた私には新鮮で付き合うことになりました。

最初のうちは初々しくって、なかなか何もしてこない彼にさえどきどきを感じていましたが、だんだんと何もしてこない彼に少し寂しさを覚えることも。

そんな彼を少し開拓したいと考えた私。 まずは、ヌレヌレを塗ってのデート。
普段通りしゃべってるといきなりくっついて来ました。

いつもはそんな事をしない彼だったので、思わずどきっとしてしまいました。

その後は、急に人が変わったように彼がオオカミに変身してしまいました(笑)

彼の声や息づかいまでもにどきどきしてしまい、彼の言葉責めにはもうメロメロでした。普段は強気な私ですが、そうなってしまった彼を前にしてはもう太刀打ち出来ずに、思わず言うことを聞いてしまいます。

まぁでも彼がこうなったのもヌレヌレのおかげかなぁっと感じています。 肉食系の初めからどんどんと来るような人もいいのですが、思わず人がいないところになったりすると、変身する草食系男子の彼氏の思わず虜になってしまいました。

(mikaさん/21歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

私がサービスしてるっ!

もうかれこれ3年付き合っている1コ年下の彼氏。 マイペースでとっても単純な典型的なB型って感じの男の子。

いっつも口では詩麻が好きでエッチ好きって言うし、うちにいればすぐにエッチを求められる。 そこら辺は到底草食男子っぽくないんだけど・・・。

いざ布団の中で甘ったれてくる彼。

したいって耳元でささやかれて、私の胸を触ったりキスをしてくる。

私もその気になってきて、彼の身体に触れたり、固くなった彼のアソコを触ったり。 そうすると、彼はすぐに感じてきて、してして〜・・・が始まります。

私を彼の下半身に追いやって、フェラを要求。。 私も一生懸命彼のために頑張ってフェラをしてあげる。

フェラをしている私も、もう早く欲しくてたまらない・・・!! だから、次第に私のアソコもうずついてきて・・・。

彼が満足した頃に、私を抱きしめてキス。

そしたら、彼、私のアソコをくるくるっとかき混ぜて濡れてる事を確認したらすぐに挿入してきて!!

正常位で私の中を突いた後、私も気持ちよくって我を忘れるくらいエッチになってきて。

そしたら、今度はバックを要求。 私はバックがすっごく気持ち善くて感じるのを彼はよく知っているからか、私に耳元でこう囁きます。

「詩麻、いっぱい動いて・・・詩麻が気持ちいいようにして良いよ」

私は夢中で奥まで突いてもらえるように、彼にもっとっておねだりしながら腰を動かすの。 彼はいじわるそうに、「詩麻はエッチだね」って言う。 だって、気持ちよすぎだから。

そうすると、今度は騎乗位に。 ここでも、動いてって要求されるの。 もう感じすぎて私のアソコは洪水状態・・・。 彼も感じまくって声がでちゃう。

可愛くって彼を抱きしめて、彼をいとおしく感じます。 そして、彼は私に「イかせて・・・」って囁きます。

いっぱい腰を動かして、彼が達するまで頑張る私。 彼が「イク・・・!」ってなって彼はビクビクっとして私の中でイっちゃったの。

果てた彼はキスやハグを要求してきて、ギュってしてきて、また甘えてくる。 その後も彼は私にいっぱい「大好き」って伝えてくれて幸せなんだけど。

いや、待てよ・・・ほとんど私がサービスしてるっ!笑

オトコマエな肉食女子を理解してるのか、自分が甘ったれたいのか、いっつもコトバではリードしてくれてる風なんだけど。 これぞ、草食男子のエッチの仕方。

私はしたいように出来るから不満はそれほどないけど。 それも彼の優しさなんでしょうか・笑 たまには激しく犯されてみたいです☆なんて・・・

(詩麻さん/24歳/飲食・接客業)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

本当の彼は

年下の遠距離の彼。「草食系男子ってこのことか!」とわかるくらい…

趣味が仕事で、仕事が趣味か…専門職で、かなりの実力。余りにもそちらに情熱を注いでいるため、全くおしゃれは気にしない。パッと見は、明らかにアキバオタク系。

でも、物腰がやわらかく、やさしい声と自然な明るさで笑いもとれる、誰からでも好かれる人気者。なのに、その奥にある、何か底知れぬ神秘的な雰囲気に、いつの間にか惹かれてしまいました。

仕事で知り合い、友人としてメール交換して仲良くなりかけた3ケ月後。「遊びに行きたい」と伝えたところ、「もしよければ、泊りませんか?」と…ドキドキしつつ訪問することに。

最初の日は、とても楽しい会話であっという間に朝に。でも、こちらが近づこうとすると、またちょっと離れていくという…好意があるから誘ったのじゃないの?嫌われているのかな?

そんな疑問を持ちつつ…翌日の夜。

今日告白しよう!と決めたけど、言うタイミングをどうしようかと考えるほど、自分の中であまりにじれったい時間が過ぎていき…本当はもっと純粋な伝え方をしたかったのに、軽く酔った勢いに任せて「抱いてほしい」と言ってしまい!

今となっては大胆な、紙一重の行動でした。

でも、不思議とフラれることは頭になく、当然のように彼の胸に吸い込まれていきました。

「私のこと好き?」
「聞くまでもないですよ…好きです」

肌を重ねているだけで、一晩中幸せな時間が過ぎていきました。

そして、最後の日。甘い夜が過ごせるのかなぁ…と思っていたら、何時間もゲームに夢中。たまらずふて寝をしていた私を尻目に、彼は何も言わずに寝てしまおうとしました!

「…なんで?今度いつ会えるかわからないのに、どうして私を放ったらかしでゲームできるの!」

謝ってはくれましたが、私の中ではわりきれないものを残しつつの帰路となりました…

また、彼は草食系の特徴同様、自分からメールや電話をしません。お互い多忙なので、2~3日に1回のメールをいつも送るのは私から。返事は必ず返してくれますが、時々「彼も好きなはずなら、どうしてこんな文面が返ってくるのかなぁ…」と不安になるときもありました。

あまりにも一方通行で行き詰まり…爆発してしまったときに、どうしてこうなのか説明をしてくれました。友達と同じ部屋にいても、何か一緒にする・共感するということがなかったこと。自分から誰かを好きになったことがなく、相手を深くまで知ろうとしなかった。そして…

相手だけでなく自分の感情さえ鈍感だし、かといって知ろうとしない。人がどうあろうと、自分に影響なければ心配にならない。物事をさらっと流せる、軽い気持ちでいないと生きてこれなかった。この性格は変われないと思うと。

私は逆に、共感が好きで、1を聞いて10を想像してしまえる、繊細すぎる深読みするタイプ。ゲームをするのは悪くないの。やるなら一緒にしたかった…たまには私も、やさしい言葉がほしい…

私は彼に言いたいことをずっと抱えて、我慢しきれず周りくどく言って、それでもわかってもらえず、結局爆発してしまうという繰り返しになっていました。

そして、また爆発をしてしまったある日。彼の口から「このままじゃいけないと思い始めた」と…

「まるを、(不満を爆発させたり)そうさせてしまっている自分がいるとわかってきた…思ったことは、その場で遠慮なくストレートに伝えてほしい。空いているときは、いつでも電話OKだから」

忙しいのに邪魔しちゃいけないと、それまで電話は遠慮していたのですが、

「それでもいいから、ぶつかってでもわかりあっていこう」と。

彼の底知れぬ器の深さを知って、今までの不安がふっ飛びました。何も言わずとも、お互いがよくないと思う性格を直していこうと、自然に歩み寄っていけました。そして、彼も私も少しずつですが変わっていきました。

さらに3ケ月後。彼の出張終わりに合流して、お泊りデートとなりました。前回のことがあったので緊張していましたが、

「自分から動くしかない!」と思い、寝転びながら世間話をしているときにゆっくり手を握ったら、握り返してくれたり…

そしてお風呂からあがり、ベッドに入ろうかどうか緊張しながらいると、彼から抱き寄せてくれて…胸の中で、自分から改めての彼への思いをたどたどしく、でもしっかりと伝えると、「僕も大好きだよ」と囁いて、唇と舌をゆっくりと重ねました…

初めて知りました。SEXよりドキドキするキスがあることを。

何十分、何十回…そのまま朝まで…ゆっくりと、やさしいキスと愛撫をし合いました。こんなにやさしい、とろけてしまうような恋は初めてです。

今でも相変わらずマイペースですが…電話で話をしっかり聞いてくれるし、自分がよくないと思ったら受け入れてくれます。私も深読みせずに、伝えたいことをあっさりと、時にはかわいくおねだりと緩急をつけて…

「私にはあなたからのメールが必要!」ということを「ある例え」をして伝えたら、時々自分から冗談話をケータイメールで送ってくれるようになりました!

本当は照れやさんで、とっても心が素直で温かい。傷つきやすいから、本心を見せず、心を閉ざしていた。
決して派手さや強引さはないけど、頭がよくて冷静で、北海道の草原のようにとても広くて、冬にも耐えていける逞しい強い心を持っている。それまでの彼には、その認識がなかっただけかもしれない。

遠距離なのに、全然気持ちが離れないどころか、もっとわかりあって、学びあいたい、そんな気持ちにさせてくれる。

たまに「鈍感でごめんなさい!」と言ってくることもあるけれど、「わかってくれたらいいよ!」と、一緒に笑いあえる。そんな、時間はかかっても、ゆっくりしたペースで、ちょっと足りないかな?くらいのほうが、ずっとピュアな気持ちでいられる。

そのことに気づかせてくれた、本当に素敵な彼のことを、これからも大事にしていきたいと思います。

でも、今度会った時には、愛用しているヌレヌレ+ナデテのWで、彼から「参りました」と言わせてみたい!密かに自分磨き中だったりします…

(まるさん/35歳/自営業)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

わんこな彼

今まで付き合ってきた彼はどちらかと言うと、肉食系の彼ばかりでした。デートの誘いや、メールも電話も彼からばかりでした。

だけど、今の彼と付き合い始めてからと言うと私からばかりなのです!始めはそのことに不満が募り、前の彼氏と比べては本当に私のことを好きなのかと彼の愛情を疑う毎日でした。

でも、しばらく経ってそのことに慣れてしまうと、私のしたいこと、食べたいものを優先してするデートは逆に楽しいかもしれないと思うようになりました。

草食系の彼は女の子のお店を連れ回しても、今までの彼と違い喜んでついて来るし、スイーツを食べに行けば私よりもたくさん食べ、女友達の中に一人だけ男でも楽しそうにしています。

どこにでもついて来てくれて、私のわがままにもにこにこ笑って聞いてくれる彼は私の友達の間ではわんこと呼ばれていますが、優しい草食系の彼とのデートは安らげて癒してもらえるので今までで一番いいです。

(みやさん/21歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

私の大好きな彼

私の彼は見た目や雰囲気がまさに草食系男子です。

初めて会って話をした時に、この人に性欲なんてあるのかなって思う程でした。その独特のゆっくりした話し方や、聞き役にまわってくれる彼に安心感を覚え、次第に彼に惹かれていきました。

ある時、私の嫉妬によって喧嘩状態になってしまい、どうしても素直になれない私に、彼が告白してくれて、付き合う事になりました。私は恋人になれば、すぐにでもキスをするのだと思っていました。

しかし、やはりのんびりしている彼はそんなそぶりは少しも見せません。初めてのデートは付き合う前とそんなに変わった事なく、ドキドキしながら手を繋ぎました。

数日後のある夜、私はどうしても彼に会いたくなって近くに住んでいた彼の方向へ自転車を走らせました。彼に電話すると彼も出てきてくれ、途中で落ち合い、他愛ない話をしました。

この時もヌレヌレも塗って、キスを期待していましたが、なにもなく、バイバイ。しばらくこうゆう事が続いたある夜、ついに期待していた事が起こりました。

いつものように話していると、急に彼が私に、キスしたいと囁きました。私は突然の出来事にびっくりしました。しかし、私は期待はしていたけれど、今まで一度もキスしたことがありませんでした。彼の言葉に期待と不安が混ざり、私は挙動不審になってしまい、固まってしまいました。

すると、彼は、優しくそっと私の頬にキスしてくれました。とても緊張しましたが、とても嬉しかった事を覚えています。

恋人同士のキスができたのは、翌々日でした。私はそれ以来、彼の安心感を与えてくれるキスが大好きで、草食系でもキスをいっぱいしてくれる彼を愛しく思っています。もちろんヌレヌレは常備しています。

(きゅんさん/19歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全57件中 16 - 20件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜桜
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう