注目のワード

官能小説 「もうひとつ」の誘惑 6話

甘い誘導尋問

お風呂での甘い誘導尋問

「ねぇ、香澄。ほんとは、ディルドひとりで使ったんでしょ?」


トロトロの入浴剤の中で後ろからクリトリスにローターを当てる出張帰りの浩之は、 声だけでなく息までもが意地悪になっていく。


「どんなふうにしたの?」


浩之は、私の返事を待たずに話を進め、 クリトリスにグッとローターを押し付ける。


「ここも、いっぱい気持ちよくした?床に張り付けてまたがったの?」


「違うもん!」


思わず首を振った。誘導尋問の罠にかかったと分かって、 一瞬血の気が引いたけれど、もう遅い。


「じゃ、別のやり方だったんだ」


「ひどい…」


ローターをトントンとタップしながら、 浩之は左手でとろみのあるお湯に浮く胸をまさぐった。 乳首をつまむ指が、トロリとしたお湯で絶妙になめらかに滑る。


「どこで使ったの?リビング?」


私は、かぶりをふる。


「じゃ、お風呂?」


また私は、首を横に振った。 乳首とクリトリスの快感が、どんどん私を正直にさせる。


「そか。じゃ、ベッドルームだな」


否定しない私の耳を、彼はペロリと舐めた。


「またがらなかったってことは、ベッドでバイブみたいに使ったの?」


「違う…」


「正直になってきたね。言ってごらん、どうしたの?」


手の平で包むようにローターを支えて クリトリスと蜜壺の入り口の両方を揺さぶり、乳首に指を滑らせながら、 耳に舌を忍ばせる浩之の声に、逆らえなくなっていく。


「…チェ…スト」


「チェストって、あの?」


彼は、少し驚いていたかもしれない。


「香澄、あのチェストにディルドを貼り付けたの?」


「あぁん…」


もだえる私に、「それで、貼り付けて、どうしたの?」と尋問を重ねながら、 彼は一段強く私を抱きしめた。


「…立って」


「立って?」


「あぁぁ…後ろから…」


「立ちバックで、いれたの?」


「あぁぁ…浩之…いきそ…う…」


返事をはぐらかす私に、まだいったらダメだと言って、彼はバスタブを出た。





彼の前でも…

カレの前でディルドを使う女性

「同じようにして見せてよ」


私もバスタブから出すと、 トロトロの入浴剤のヴェールをシャワーで優しく流して、 彼はディルドをバスルームの大きな鏡に貼り付けた。


「…無理っ」


だから、ディルドを家から持ってくるように言ったのだとようやく理解しながら、 私は浩之と目を合わせた。


「いれたんだろ?ここに。それで、腰ふってたんだろ?」


彼は、正面から抱き寄せると、蜜壺に指を少しだけ忍ばせた。


「ほら、こうしていれたんだろ?」


浩之は、私の中心を鏡に貼り付けたディルドを近づける。 お尻にふと触れた滑らかな感触に、思わず脚のあいだから手を伸ばす。


「そうやって、いれたんだ」


待っていたかのように、蜜壺はディルドをくわえ込んだ。 お尻が鏡に当たる硬さが、卑猥さを際立たせて、 浩之の手を握りながら腰を動かしてしまう。


「見てごらん、こんなにいやらしいことしたんだよ、自分で」


彼は私に後ろを振り向くように促した。 可愛らしいパステルピンクが、充血して赤みを増してる私の中に納まっている。 彼の指示に従って腰を前後に動かすと、 白濁した愛液がパステルピンクにまとわりついて糸を引いていた。


真後ろから見るその姿に、恥ずかしさと興奮が入り混じり、カーッと頭に血が昇る。





前から…後ろから…

お風呂で前と後ろから愛し合う

「ほら」


彼の声に正面を向き直ると、目の前に彼自身があった。硬く反っている…。


「くわえて」


言われるのと、実際に口に含むのと、どちらが早かっただろうか。 彼が出張していたこの1週間、ずっと、こうしたかったのだ。


私は、自分の中にディルドが入っているのを忘れて、 浩之を愛撫することに夢中になった。 ジュルジュルという唾液の音がバスルームに響くほどに、むさぼってしまう。


「香澄、腰が休んでるよ。動かして」


浩之の声に、ゴクリと唾液を飲み込んで、素直に従う。 激しく腰を前後させて鏡にお尻をぶつけ、 口では浩之に吸い付くように愛撫をする。


蜜壺の中がきもちいいのか、口の中なのか、それとも両方なのか…。 それを確かめるように、私は腰にも口にもさらに力を込めた。


「いやらしい、香澄。立ちバックでディルドオナニーしながら、フェラチオしてるよ」


「んんっぐ…あぁ…」


口からこぼれそうになる唾液を吸い上げながら、 蜜壺の中の快感をむさぼって、 私は頭の隅で、今の自分がどんな姿なのかと、思わず想像していた。






⇒【NEXT】「ひとりでも、こうやってディルド使ったんだろ?香澄、お仕置きしなきゃだな」(「もうひとつ」の誘惑 最終話)





あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

みんなの感想

  • ラブグッズを使って激しいものは苦手ですが、この話はいやらしくないのがいいです!
  • 内容も良かったですが、嶋永さんのイラストがエッチだけれどいやらしすぎないのがとてもすきです!


一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ さくらの恋猫ぬくぬく企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう