注目のワード

「後輩とのH」 (てふてふさん)

ちょっと言いにくいけど…

官能小説;夜の高層ビル

ああ、もう、ちっとも終わらない……。

心の中で文句を垂れながら、ちあきが残業を始めて3時間が経過した。
だんだんとオフィスから人の姿が消え、
ブラインドの隙間から見える空はすっかり暗く、
星の瞬きも見える。

ちあきは28歳。
今の職場に事務員として勤め始めてもう3年ほどになる。
仕事はパソコンでのデータ管理と書類整理がメイン。
正直なところ、平凡で退屈で、
そしてこんな残業なんかした日には、転職も考えてしまう。

はぁ………。
ちあきは一度ため息をつき、
引き出しからお気に入りのビスケットを取り出した。

封を開けて一口かじった。おいしい。
甘い物はへこんだ気持ちを和らげてくれる。
そして両腕を高く上げて伸びをして、またパソコンに向かう。

そんなことを繰り返しながら、
4時間目に差し掛かろうとしていた。
突然、オフィスの扉を開ける音が聞こえた。
ひょこっと誰かが顔を出した。

「うわ、先輩、まだ終わってなかったんですか?」

声からして後輩のアキラだった。
彼が入社当時、私は彼の教育係担当だった。
会社の考え方、基本的な業務内容を覚え、
彼は今では私の手を離れ、営業補佐として研修を積んでいる。

23歳にしてはすこし幼い顔つきをしているせいもあり、
ちあきは弟分としてかわいがっていて、
たまに飲みに行っては仕事の相談に乗ったりしている。

「はぁ…ようやくゴールが見えてきた感じだけどね。
って、そういえば…アキラくんもどうしたの、こんな時間に。忘れ物?」

「ええ、ノートパソコンのACアダプタ忘れちゃって……
バッテリーじゃ全然宿題もできないです」

「あーあ。やっちゃったね」
「やっちゃいました…」
ちあきは久々に笑顔になった気がした。

「先輩、仕事片付くまで待ってますから、駅まで送ります」

「うーん、でもまだそこそこ時間かかるよ?」

「いえいえ、女性をこんな夜道一人で歩かせる訳には」
アキラにはこういうちょっとした優しさがある。
ちあきもそこが気に入っていた。
「ありがと。それじゃ甘えちゃおうかな」

「んじゃ宿題しながら待ってますんで、サクッと終わらせてくださいねっ」
そして彼はいたずらっぽく笑うのだ。
「……うぅ、がんばります」

そして数十分後。
「はーーーーおわったぁーーーーっ!」
「おつかれさまでした。んじゃ帰りましょうか」

二人して職場を離れた。
職場から駅までの暗い細い道を、
二人でたわいもない話をしながら歩いた。

やがて駅に着いた。
次の電車の時間を調べようと電光表示板を見て、
ちあきは気づいた。

「あーーーーーー!!!! うそぉぉ……………
ダイヤ改正してるじゃない………………」

「ど、どうしたんですか?」
「終電のがしたのよぅぅ」
「えぇええぇ?」

ちあきは本気で焦った。
正直タクシーを使えるような距離でもないし、
ここはホテルすら見当たらない場所だ。
ふと、思いついた解決策がひとつあった。

ちょっと言いにくいけど、仕方ない……。

「うーん、アキラくんのもしご都合悪くなければ、ですけど…
泊めてもらってもいいかな…?」

「えっ」
「一人暮らしだったよね?」
「え、えええ、まぁ、そうですけど……散らかってますよ」

「とりあえずシャワーと寝床だけ確保できればいいよ。
あ、彼女さんと同棲してるとかなら辞退するけど…」

「いえ、独り身ですから、そこらへんは大丈夫ですが…」
「それならなにとぞお願いしますっ、一生のお願い!」

そうして二人は電車に乗り、
アキラの部屋に向かうことになった。

鼓動が高鳴り始めたのが分かった

官能小説;ハンガーにかかったワイシャツやパジャマ

「散らかってますけど、どうぞお入りください」
「失礼しまーす……あ、全然キレイだよ。いい部屋じゃん」
家具もグレー調ですっきりまとめられていて、センスのいい部屋だった。

ひとまずシャワーを借りて、一日の汚れと疲れを落とした。
その間にアキラはベッドの隣の床に布団を敷き、
グレーのパジャマを用意してくれた。着てみるとすこし大きかった。

「やっぱり男物はぶかぶかだね」
パジャマに着られているちあきの姿をみて、
アキラは力なく笑った。

「それじゃ僕は下で寝ますから、先輩はベッドを使ってください」
「いやいや、いいよ、私が下を使うよ」
「先輩はお客さまですから、そのくらいのおもてなしはしないと」
「ああ…アキラくんは優しいなぁ。ありがとうね、いつも」
「いえぇ、とんでもない…
でも、お願いですから落ちてこないでくださいね。僕つぶれます」
「えー? つぶれるとは何よ??私そんなに重くないわよ」
「ひゃははっ」
アキラはまたいたずらっ子になった。

「それじゃ、電気消しますよ。おやすみなさーい」
ちあきが布団をかぶったのを確認し、アキラは電気を消した。
そして見事に真っ暗になった。
「はーい。おやすみ。」

しかし、時間が経つにつれて、ちあきは落ち着きをなくしていった。
布団の匂い。アキラの匂い。
それは思いのほか、いい匂いだった。
アキラを男性と意識したのは始めてかもしれない。

徐々に鼓動が高鳴り始めたのが分かった。
乳房の先が固くなっていた。
ちあきは目を閉じながらそっと自分の下腹に指をはわせた。
そこはすでに湿っていた。

ちあきは息を殺し、アキラの寝息を確かめた。
彼は不規則な荒い呼吸をしていた。

「…アキラくん、起きてる?」
「ん…はい、先輩寝られませんか?」
「まぁ…慣れない環境だしね」

「……すみません」
「あなたが謝ることじゃないわ、私が勝手に来ただけだから」
「でも…睡眠不足で仕事に影響が出たら、申し訳ないです」

「じゃぁ……隣行っていい?」

「……えっ、あっ」
アキラが答えるより早く、
ちあきはそっと床の布団にもぐりこんだ。

「寝られないなら、寝ないという手もあるよね」

そう言うと、布団の中でちあきはアキラを抱き寄せ、そっとキスをした。
「んっ…」
舌を入れると、アキラは小さくうめいた。
ちあきはアキラの肩から胸、腹へ、下へ下へと手をはわせた。
スウェット越しに触る彼のそれはとても固くなっていた。

「固いよ…とっても」
「あっ…先輩……そんな…あっ」
なでる度にアキラはかわいい声をあげた。
「…我慢しちゃだめだよ」
そう言い、彼の口を塞ぐようにちあきはキスをした。

ちあきはアキラの手を取って、自分の胸に導いた。
アキラはパジャマの中へ手を入れ、ふわふわと触り始めた。
「先輩の胸、やわらかい……
でも先は固いですね…」

アキラは胸の先端をきゅっとつまんだ。
「…あぁっ……」
「いやらしいなぁ…その声」
「気持ちいいんだもん……あ、ああぁっ…いい………」
そして乳首を転がし始めた。ちあきは感じるままに声を上げた。

ちあきはアキラのスウェットの中に手を忍ばせた。
茂みの向こうに太い茎を見つけるのは難しくはなかった。

もうはちきれそうに固い。すこし強く握り、往復させた。
アキラは目をつむりながら、上を向いて喘いだ。
「うぁ……ああ……すごい気持ちいい……」

アキラはちあきの下の方へ手を辿らせた。
下着の中に指を入れ、ふくらんだつぼみに触れると同時に、
ちあきは身体をビクンと震わせた。
「…ああああぁ…っ」

アキラはつぼみをなで続ける。快感が身体中に広がって行く。
「あ…だめ……おかしくなっちゃう………あああぁ」
「おかしくなっていいんですよ…僕の前なら」

そして下からくちゃくちゃといやらしい音が聞こえてきた。
「ほら…こんなになってますよ、先輩……とってもいやらしい…」
「あぁ……うぅっ………ん」
ちあきの中をアキラがかき回す。
ああ、もう我慢できない。

「ねぇ、固いの入れて……欲しいよ」

「僕も……先輩が欲しいです…」

寝ないという手もあるよね

官能小説;女性の肩にそっとキスする男性

そう言うと、体勢を変え、
ちあきの中にゆっくりとアキラが入っていった。

入り口と壁にアキラのものがこすれていった。
「ああっ………!」
徐々に広がる快感に身体が震えた。

「先輩の中、あったかい……」
そして、アキラはゆっくり動き、
たまにズッ、と勢いをつけて奥へ突く。

その度にちあきは叫びに近い声をあげた。
「あああぁぁ…!! すごい……あぁっ……」

「…気持ちいいですか…?」
「……もう…気が狂いそう………」

「じゃぁ…こうしたらもっと……」
アキラは腰を動かしながら、ちあきの乳首に触れた。

「あぁああ…!
……そんなことしたら……私、いっちゃうよ……」

「先輩のイったとこ、見たいです……見せてください」

そういうと、アキラはさらに腰を激しく動かした。
「……ああぁ……先輩………気持ちいい……」
ちあきの奥の壁にアキラの茎が当たっているのが分かった。
快感が身体の奥からどんどん激しく押し寄せてくる。
ちあきは声もなく叫んだ。

アキラはちあきの乳首をつまんだ。
「あぁああっ……だめぇぇっ………
…はぁぁ………っ、あぁああぁ……ああぁっ……」
ちあきの頭の中が真っ白になっていく。

「……だめ、もう、いく………あぁぁ、ああぁ!」

「あっ…先輩…締め付けてくるっ………
僕も……あ、ああああぁっ」

ちあきは背中をのけぞらせて、身体を震わせた。
アキラもまた震えながら、
ちあきの中へ自分を何度も押し込んだ。
そして震えが落ち着くと、お互いきつく抱き合った。

真っ暗な布団の中で二人はささやいた。

「……ごめんなさい」
「えっ、なんで謝るのっ」
「こんなの、男として最低じゃないですか…」
「何言ってるの、襲ったのは私の方だよ、気にしないで」

「そんな……気にしますって………ごめんなさい。
…でも、こう言うのも何なんですけど、
先輩と身体を重ねられて、僕、天にも昇るような気持ちです。
嬉しいです、とても」

そう言って、もう一度アキラはちあきを抱きしめた。
そして耳元で、

「もしよければ、僕と付き合ってください、ちあきさん。
まぁ、コトの順番違いますけど……」

ちあきにそう告げた。

実はちあきはずっと前から涙がこぼれていた。

アキラと一つになった感覚。
二人同時に絶頂を体感した瞬間。
そのあとぎゅっと抱きしめられた暖かさ。

ちあきはどうしようもない幸せを感じていた。

返事をする代わりに、アキラにそっと唇を寄せた。
深く、長く、愛を込めた。



⇒【こちらもおすすめ】「くちゅり…と小さな音を立てて中に入り、指先で…」(同棲してる彼と)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう