注目のワード

「目隠しエッチ」(MA☆Iさん)

すごく亜由ちゃんが欲しくなってきた…

官能小説;ボールに入った花

(少し暖房を入れたほうがいいかしら…)

亜由美はもうすぐ自分の部屋にやってくるであろう
恋人・建斗のことを想った。

出張の多い建斗と会うのは約2ヶ月ぶりだ。
彼は今日、出張先の沖縄から帰って来るはずだった。

春とはいえ、夜になると肌寒い日が続いている。
外を歩いてくる彼は身体が冷えているかも知れない。
暖房器具のスイッチを入れながら亜由美は
久しぶりの逢瀬に心が躍った。

間もなくすると建斗が亜由美の部屋に到着した。
春物のコートの襟を立てた建斗は、ドアを開けるなり

「こっちは寒いなぁ」
と言う。

「沖縄と比べれば寒いに決まってるわ」
と亜由美は返しながら建斗の胸に飛び込んだ。

荷物を放り投げるように床に置き、建斗も亜由美を
しっかりと抱きかえす。

「何だか今日の亜由ちゃんは甘くてイイ匂いがするな」
建斗が来る前に亜由美はシャワーを浴び、
お気に入りのベリーの香りのローション で全身をケアしていた。
ローション ですべすべになった亜由美の腕を建斗は愛しげになでる。

「ねえ、お腹すいた?」

亜由美は頭一つ背の高い建斗を見上げてきいた。
時刻は夜8時を回っている。

「う〜ん、食事もいいけど、すごく亜由ちゃんが欲しくなってきた…」

言いながら建斗を見上げる亜由美に口付けた。
ねっとりと舌を絡ませながらの濃厚なキス。
久しぶりの感触に亜由美はそれだけで身体がとろけそうだった。

無防備な姿の亜由美の手にローターを…(目隠しエッチ)

官能小説;グラスに入った赤い実

建斗は亜由美を抱き上げ、ベッドルームへ誘った。
ベッドに優しく亜由美を降ろし、
再びキスしながら建斗は上着を脱ぎ捨てた。

さらに亜由美の部屋着のミニワンピースの下に手をのばし、
下着の上から秘部に指を当てる。

「あんっ…」

思わず亜由美は声が出てしまった。
建斗がデリケートな部分のラインをなぞるように触れ、
指を小刻みに動かすと、みるみる亜由美のパンティに
シミができてしまう。

「もうこんなに濡れてる。亜由美はエッチだなぁ」

建斗の言葉に亜由美はますます濡れてくる。
言葉だけで達してしまいそうなほど、
亜由美の身体は敏感になっていた。

愛撫する指の動きがますます強くなろうとしたその時、
建斗の動きが急に止まった。

「そうだ。亜由ちゃんの1人エッチを見せてよ」

突然のお願いに亜由美は驚き、跳ねるように身を起こした。

「ええっ! そんなこと恥ずかしくて出来ないわよ…」

「どうして?いつもしてるだろ?」

実は建斗となかなか会えない寂しさから、
亜由美は毎日のようにローター で1人エッチをしているのだ。
しかも亜由美の秘め事は建斗も承知済みで、
いわば恋人公認の1人エッチ。

そのローターも長期出張の前に建斗が亜由美に
プレゼントしたものだった。
ピンク好きの亜由美のために建斗は淡いピンク色のローターを選んだ。

「これをすれば恥ずかしくないよ」
と枕元の小さな引き出しからアイマスクを建斗は取り出した。

柔らかなピンクのハート型アイマスク は、日頃仕事で
パソコンをよく使う亜由美がアイケア用品として購入したものだ。
いつも亜由美が温めたアイマスクで目の疲れを癒しているのを
建斗は知っていた。

建斗はそのアイマスクで亜由美の目を隠し、
さらにはいやいやする亜由美のパンティを取り去ってしまった。
無防備な姿の亜由美の手に小さなピンク色のローターを持たせる。

「亜由ちゃんの全てが見たいんだ…」

耳元で囁くように懇願されるともう亜由美はあらがえなかった。
手探りでローターのスイッチを入れると、
下着を取り去られ剥き出しになったクリトリスに
ゆっくりとあてがった。

「もっと足を開いて」強い口調で命じられ…

官能小説;花の香りを嗅ぐ女性

(自分でしているところを彼に見られている)

そう思うと亜由美の白い肌は羞恥であかく染まってくる。
見つめられるだけで、亜由美は建斗に
激しく攻められているような錯覚に陥り興奮した。

クリトリスをローターの先端で刺激しながら空いた手で乳首をつまむと、
快感に襲われ亜由美は声が抑えられない。
さらにローターを押し付けると、ジュン、と愛液があふれ出た。

「もっと足を開いて」

普段は穏やかな建斗に珍しく強い口調で命じられ、
亜由美はどきりとした。

その雰囲気に圧倒され言われるままに大きく足を広げる。
大切な部分が全てあらわになってしまった自分の姿を想像すると
恥ずかしくてたまらない。

「あっ、ああん…」

十分濡れたそこにローターを浅く抜き差ししてみると、
自然と亜由美の腰が動いてしまう。

想像の中で、亜由美は建斗に激しく突かれている。
静かな部屋に、くちゅくちゅ、といやらしい音が響いた。

「もうだめぇ。い、いっちゃいそう」

限界に達した亜由美の身体が、ビクンと弓なりに跳ねる。

「ああッ、け、建斗さん」

たまらずローターを離し、亜由美はそのまま果てた。
果てた後も快感の余韻が残る身体がひくひくと小さく痙攣する。
そんな亜由美を建斗は後ろから抱きしめた。

「すごく興奮した。きれいだよ亜由ちゃん…、
  正直ローターに嫉妬した」

建斗はアイマスクを外しながら亜由美に何度もキスし、
再び抱きしめる。
抱きしめられると、亜由美の腰に硬く反り返る彼のものが当たった。

「今度は俺が亜由ちゃんをイカせてあげる」
「ねえ、今度は一緒にいって、ね。お願いよ」

甘える恋人へ建斗は返事の代わりにキスで返した。



⇒【こちらもおすすめ】「かすみのここ、もっと触って欲しいって言ってるみたいだぜ…」(スケベなイスで…)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう