注目のワード

「スケベなイスで…」(かすみさん)

液体の付いた手で、私の秘部を…

官能小説;花びらが浮かぶバスタブに浸かっている女性の足

いつものドライブデートの帰り道、彼の車が市街地から遠ざかっていく。

「明日休みだろ。たまにはホテル泊まるのもいいかな、って」
そこは初めて行ったラブホテルだった。

バスタブに湯を張り、2人で入る。
暑がりな彼はすぐにバスタブから上がり、浴室内で涼んでいたが、
何かを見つけ楽しそうに私を呼んだ。

「かすみ、この椅子に座って」
座面が大きく凹んだ椅子だ。
話には聞いたことがあったが、見たのは初めてだった。

彼の視線を感じながら椅子に座る。
「このホテル、こんなものまで用意してるんだぜ」

彼の手には透明の液体が入ったボトルが握られていた。
彼の大きな手にトロッとした液体が注がれていく。
そしてその液体の付いた手で、私の秘部を触り始めた。

ローション 、使ったことある?」
私は快感に耐えながら、首を横に振った。

彼の愛撫を受けながら両手を縛られて

官能小説;女子の手から零れ落ちるローション

「もっと足開いて」

いつのまにか私の背後に座った彼は片手で私の足を開き、
もう一方の手は乳首をまさぐった。

彼は私の敏感な2つの部分を同時に攻め、さらに首筋にチロチロと
舌を這わせていく。

「ん…あ、いや…ダメ…」
思わず声が出てしまう。

「ダメぇ?でも、かすみのここ、もっと触って欲しいって
言ってるみたいだぜ。ほら、ローションか、
かすみのか、分かんないくらいヌルヌル」

彼は楽しそうに私のクリトリスを攻め続ける。
「でも、かすみがどうしてもって言うなら」

彼は少し残念そうな顔をしたが、何かを思い出したように
笑って言った。

「ベッドに行こう。さっき面白そうなもの見つけたんだ」
その言葉の意味はすぐには分からなかった。

部屋に移ったとたん、彼はキスをしたままベッドに押し倒してきた。
彼の愛撫を受けながら、私はバスローブの紐をほどかれ、
両手を縛られてしまった。

「いつもと同じじゃつまらないだろ」
うつぶせになり、ひざまづいた格好をさせられる。

『ブィーン』

高く持ち上げられた私のお尻に機械的に振動するものが
当てられた。

「あぁ…お願い…イカせて…」

官能小説;器に積まれたマスカット

「さっき言ってたの、これ」
その言葉と同時にバイブ をクリトリスに当てられた。

「あぁ…ん…ダメだって…ぁん」
「さっきは譲ったけど、今度はイカせるまでダーメ」

そう言いながら彼は私の中に指を入れてきた。
バイブは微妙な強弱をつけながらクリトリスの周囲を動き回る。

「あぁ…あん…はぁぁ……ん」

クリトリスを直接刺激してもらいたいが、
バイブ は几帳面に周囲を動き回るだけだ。

中に入れられた彼の指も、私をいたぶるように少しずつしか
動かしてくれない。

イキたいのにイケない感覚に、おかしくなりそうだった。

「あぁ…お願い…イカせて…」

その途端私の中にバイブ が入れられ、クリトリスを
彼の舌で舐められた。
もう言葉も出ないほどの快感だ。

「…イク…イっちゃう!」
めくるめく快感の中で頭が真っ白になった。

次の瞬間、私の中に彼の太く逞しいモノが入ってきた。
何度も突き上げられ、その度に絶頂を迎えた。
訳が分からなくなるくらいになり、ようやく開放された。

いつの間にか彼の腕の中で眠りにつき、気が付くと朝だった。
彼は先に目覚めて私の顔を見つめていた。

「たまにはホテルもいいだろ」

私は昨夜を思い出して、彼の胸に顔をうずめるしかなかった。



⇒【こちらもおすすめ】「…家を出るときからです…ユウコさんとHするって思うと……」(年下の恋人)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう