注目のワード

「隣の彼とのHを…」(minamiさん)

一人エッチの最中に…

官能小説;裸の女性の後姿

その時、インターホンが鳴った。

手の中で小さなピンク色のローター が震えている。
たくさん可愛がったおかげで膨れ上がったクリトリスに
うっかり触れてしまい、声が出そうになるのを必死に抑えた。

物音を立てないように慎重にローター の電源をオフにする。

――大丈夫、聞こえているはずがない。

自分にそう言い聞かせて、頭を落ち着かせる。
突然の、しかも最高に悪いタイミングで訪れた人物とは一体…?

息を殺して、全神経を玄関に集中させる。
このまま居留守を決めこんでしまおうか、そう思っていた時だった。

「深雪(みゆき)さん?………いないのかな…」

この声…隣の部屋の住人で、まだ大学生になりたての瀬戸翔太だ。
私は持っていたローター を玄関から死角になる場所に置き、
急いでパンティーを身に着け、服の乱れをチェックし、ドアを開けた。

「あ、やっぱりいた!これ、昨日の肉じゃがのお皿。
今回はちゃんと洗いましたよ!
それと肉じゃが、超美味しかったです♪
深雪さんてホント料理上手ですよね〜。
この前のビーフシチューとか、その前の麻婆ナスとか、
さらにその前の……えーと、えと…。
とにかくハズレがないっていうか!また作ってくださいね」

扉を開けた途端に始まるマシンガントーク。

人なつっこい笑顔で、言葉の端々にハートをくっつけたような喋り方。
もし彼にしっぽがついていたら、ものすごい速さで振れていただろう。

愛嬌たっぷりの笑みと口を挟む暇を与えられない言葉の銃撃に、
いつも圧倒される。
これが若さなの…?と思ってしまう自分がいて少しショックだ。
そんなに年は離れてないと思うんだけど…。

「中、入ってもいい?」

官能小説;一本に剥きかけの梨

「深雪さん、居留守使おうとしてたでしょ?ダメですよ。
俺、深雪さんが今日お休みなの知ってるもん。
それでなんですけど、深雪さん。今日これから空いてますか?
俺の相談にのってくださいよー!
こんなところで立ち話するのもなんだし…ね、中、入ってもいい?」

出た。甘えモードになるとタメ口になる癖。
目線をこっちに合わせて、少しはにかんだ表情でのおねだり。

うまい。本人も知っててやっているのだろう、
この姿は彼を最も効果的に魅せる。

もともと年下に興味のなかった私でさえ、
初めてこの姿を目の当たりにした時は胸がキュンと高鳴った。
とはいえ、何度も見せられれば耐性ぐらいはつく。

「残念。我が家は男子禁制なの」
「え〜、じゃあ彼氏はどうなるんですか?」
「今の彼氏はコレよ。問題ないでしょ?」

そう言って、玄関の靴箱の上に置いてある水の入った金魚鉢を指す。
中には8センチほどの大きなマリモが沈んでいる。

「…お名前は?」
「毬男(マリオ)よ」

瀬戸翔太はひとしきり笑ってから、自分の部屋に帰っていった。
去り際に「ちぇ、深雪さんの部屋見てみたかったなぁ」と
口を尖らせていたところが実に彼らしい。

瀬戸翔太が、私の暮らすアパート、それも隣の部屋に
越してきたのは、今から3ヶ月ほど前になる。

引っ越しの挨拶の際に、県外から来たこと、一人暮らしに
自信がないことなどを耳にし、その愛嬌の良さから
少し世話でも焼いてやるか、と夕飯を作って持っていってあげた。

…すると、見事になつかれてしまったのである。

それ以来、お得意の甘えモードで夕飯のおかずをせびりにくる、
なんともない相談ごとを持ち寄られる、休日には買い物に
付き合わされる…と縁が絶えない。

毎日顔を合わせているのに煩わしく思わないのは、
ひとえに彼の人好きな性格があってこそなんだろう。

返却された肉じゃがの皿を流し台に置いて、部屋に戻る。

部屋の隅に置かれたローター を見て、自分がついさっきまで
一人エッチに耽っていたことを思い出した。

いやらしい音で、頭が真っ白に…(隣の彼とのHを…)

官能小説;赤い花のアップ

「ちぇっ、イイとこだったのに…」

彼と話していた時は気付かなかったけれど、慌てて身に着けた
パンティーには小さな染みができていた。
その染みを指でゆっくりなぞってみる。

半乾きの冷たさに少し不快感を覚えつつも、そのまま指を這わせる。
しばらくすると染みは広がり、パンティー越しに秘部の熱が
伝わってきた。

パンティーの中に手を滑りこませ、真ん中に指を押し当てる。
クチュ…といやらしい音をたてた。

『ね、中、入ってもいい?』

突然、彼の言葉が思い出された。
言葉のニュアンスが違うと頭で分かっていても、体が敏感に反応する。
下腹部の奥底がきゅんと切なくなり、秘部から蜜が溢れた。

私はためらわなかった。
一人エッチを中断された腹いせとばかりに、彼の言葉をおかずにした。

濡れそぼった秘部に指をゆっくり入れると、
いつもより締めつけが強いように感じられた。
指の届くギリギリまで押し進めてから、中をおもむろに掻き回す。

ぐちゅぐちゅ、にゅちゅ…ちゅぷ………

いやらしい音が耳を犯し、頭を真っ白にさせる。
無我夢中で指の数を増やし、激しく上下させた。

絶頂が近付き、背中が弓なりになる。
足がビクビク震えた。
心も体も、欲しくて欲しくてたまらなくなった。

――何を?

もちろん、本物の瀬戸翔太、自身を。

「んッ、あっ、あ、あ、ああぁぁぁん…ッ」

空いていたもう片方の手でクリトリスを刺激すると、
呆気なくイってしまった。

最速記録達成。

快感の波にのまれながら、ぼんやりとそんなことを思っていると、
玄関の方でかすかに物音がした。



⇒【こちらもおすすめ】「いつから濡れてたん?こんなに濡れてる。聞いてみ、いやらしい音…」(プレゼントはH…)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう