注目のワード

「プレゼントはH…」(ミミさん)

とろけるほど気持ちよく

官能小説;ジュースを飲む女性

もうすぐ彼の誕生日。
私の部屋で食事をして、それからホテルでお泊まりするのが私の計画。

プレゼントは彼が欲しがっていた限定モノの写真集。
ネットでようやく探し出したものに丁寧にラッピングをしながら、
彼の喜ぶ顔を想像して私は幸せな気持ちになった。

気に入ってくれるかな?

思いを込めながらカードも添える。
リボンを結びながら私は考える。

誕生日なのにこれだけでいいのかしら?

何か物足りない気がする。タイピンか何かをプラスしようかな?
誕生日までまだ日にちがあるんだからもう少し考えてみよう。
彼の喜ぶ顔が見たいからこそ悩んでしまうし不安になる。

そしてとうとう誕生日の前日。
私は買ったばかりの下着を着けて鏡の前に立った。

ピンク色の薄い生地のベビードールの下には
お揃いのブラとパンティ。
アクセントにはガーターベルトと彼好みの黒いストッキング。
彼の手がそこに触れると思うだけで体が熱くなってくる。

私が考えたもう一つのプレゼントは私。

そう。私自身を使って彼をとろけるほど気持ちよくしたい。
これって彼女である私にしかできないプレゼントでしょう?
私にしかできない、って思うだけでキュンと幸せな気持ちが溢れる。

準備はできた。あとは明日になるのを待つだけ。
私はいつもよりも時間をかけてお風呂に入った。
デリケートゾーンのケア もお肌のケアも入念に、入念に。

早く、早く。抱きしめて。(プレゼントはH…)

官能小説;水が掛かったみかん

そして彼との歳の差がひとつ開いた。
私はちょっとお洒落なプレートディナーと
彼の好きな苺のショートケーキを用意した。

チャイムが鳴るころには私自身も身支度ができていた。
ワンピースの下はもちろん彼へのプレゼント。

ドアを開けると、仕事帰りで少し疲れた彼の姿。
くたっとしたスーツが少しセクシーに見える。

彼は料理をみて感嘆してくれた。
食べていても、おいしい、とキスして私を抱き締める。
私はどんどん彼が欲しくなってくる。

それでもホテルまでは我慢。
広いお風呂でゆっくりと彼を愛したいから。
ケーキを食べて、二人で写真集をながめる。

もう我慢できない。
私は思わず耳元でささやいた。

「プレゼントはこれだけじゃないの。外、出よ?」

私のガーターに気づいてたのかな?
彼はいたずらっぽく笑うと私の頭をポンとたたいた。

「もう我慢できひんの?」

彼の言葉に私はうなずくだけ。
早く、早く。抱きしめて。キスをして。

私たちはそれからすぐにタクシーでホテルに向かった。

セクシーに、そして挑発的に…

官能小説;セクシーに、そして挑発的に足を出す女性

エレベーターの中で彼がキスをしてきた。
彼の手が私の腰を抱き寄せる。腰に感じる彼の硬くなったモノ。
我慢してたのは私だけじゃなかったのね。
私は心の中で微笑む。

部屋に入ると彼はさらに深く熱いキスをくれた。
彼の手が私の敏感な場所に伸びる。そして私は思い出した。

ダメ。
今日は私はしてもらうんじゃなくてしてあげるの。

彼の手の動きをとめると、彼が驚いた顔で私を見る。
私は驚く彼を制して服を脱がせた。

下着をおろすと彼のモノがそそり立つ。
私は夢中でしゃぶりついた。
いつもよりも大きくて硬いそれは敏感に脈打つ。

舌と指で身体中を愛撫すると彼は気持ちいいと体をよじらせる。
彼の身体中に力が入る。
そして、口の中に熱いものが広がる。
熱くて、彼が生きている味がする。

柔らかくなったそれを丁寧に優しく舐めて、彼のお腹にキスをする。
彼の手が優しく私の髪をなでる。

私の敏感なところは彼を求めてどんどん過敏になっていく。
起き上がると、彼が私を目で追うのを感じる。
見つめあってお互いの気持ちを確認しあう。

私は彼から視線を外さないで服を脱ぎ始める。
セクシーに、そして挑発的に。

ファスナーを下ろし、足元にワンピースが落ちた瞬間、
彼があっ、と言って起き上がった。

これがもう一つのプレゼント。

「入れてほしいか?」

官能小説;赤い実の果物

慣れないガーターを着けた私は彼の視線が急に恥ずかしくなる。
真っ赤になってうつむいた私を彼は舐め回すように見つめる。

「今日は、だからそわそわしてたんや?」

立ち上がって私を後ろから抱きかかえ、
そのままベッドに倒れ込むと彼は耳元でささやいた。

「いつから濡れてたん?こんなに濡れてる。
聞いてみ、いやらしい音」

敏感なところを指でかき回され、私は何も言えなくなりそうだった。

「入れてほしいか?」

彼は、私の足をさらに広げさせる。

「入れて。私もういっちゃうよ」

彼を見るとニヤッと笑う。

「まだあかん。セクシーな姿もっと見せて」

彼は急に、私の中から指を抜く。
彼の目線が大きく開いた足の間に移る。

「もうパンツが冷たいんとちゃう?」

そう言うとキスをしながら、私の下着を脱がす。
恥ずかしくて彼にしがみついたけれど、彼は私をイジメる。

どんどん気持ちが昂って、体が敏感になっていく。
また感じ始めた彼のモノに触れる。

熱い。

ゆっくりと彼は私からすべてを脱がせていく。
私の体には彼からプレゼントされたペンダントだけ。

濃厚なキスをしながら私たちは抱きしめあった。
彼の熱くて硬い体。私の中に静かに力強く入ってくる。
徐々に激しく、深く深く。
力を抜いて見つめあってキスをする。また激しく奥まで突く。
そして二人で絶頂を迎えた。

彼の背中に腕を回すとじっとりと汗ばんでいる。
胸の上には荒い呼吸の彼が顔を伏せている。
彼を愛しいと思う気持ちが強くなって私は思わず強く抱きついた。

「プレゼント気に入った?」

つながったまま私は訊いた。

「最高やわ。最高の誕生日やわ」

彼は私をぎゅっと抱き締めた。



⇒【こちらもおすすめ】「あっ…健。ダメ、ダメ。イク…!」(昼下がりのセックス)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう