注目のワード

「仮面を脱いだセックス」(ねこにゃんさん)

たとえ気になる人が現れても、恋心は抱かない…

官能小説;裸の女性の横顔

私、派遣社員 ゆかり。

職場の人とはあまり飲みに行ったりとかはしない。
そして、たとえ気になる人が現れても、恋心は抱かない…
というのがモットー、だった。

でも…。

春から今の部署に異動してきた彼、寛樹は、まるでモデルのように
背が高くて、落ち着きがある。
私は、なぜか忘れられなかった。あくまで職場の人だから、
忘れなきゃって思うのに。

彼が異動してきてから、仕事上、少しずつ接点が増えるようになった。
書類を提出する時、何か問題点がある時、当然ながら、
仕事の「私」を演じる。

気づけばこの生活もすっかり慣れてきた。

いつものようにランチが終わって、給湯室へ行った。
ここは、トイレと同様、誰もいなければ、一人ぼっちに近い
密室で個室に近いところである。

そして、仕事モードの「私」を脱ぐことができる。
洗いものをして、その隙に私は深呼吸をしていた。

何一つ、音はしなかった。
でも、目を開けると…。私の右隣に、寛樹がいた。

「えっ!?」 私は思わずぽかんとしてしまった。
「ごめんごめん。おどかしてしまったな。息抜きしてた?」

こんな私の姿は、寛樹にはあっさり見抜かれていたのだ。

「うーん…。かもしれないかな。」

私は笑ってそう返すと、寛樹は、そっと私を自分の胸板に
誘導して、ぎゅっと抱きしめた。ごつごつした手が、私の肩や
背中をそっと撫でるように、ただ優しく私を引き寄せる。

私は頭がパニックになりかけた。

「今夜、空いてる?」
「うん」
「じゃあ、公園で待ってるから」

寛樹は、私の耳元でやさしくささやいて、そのときは終わった。
仕事後、私達は軽くお酒を飲んで、
それから、ホテルへと向かった。

「私の仮面、脱がせて…」(仮面を脱いだセックス)

官能小説;花びらに埋もれた裸の女性

部屋に入り、寛樹は私を後ろからやさしくぎゅっと抱きしめた。

「ゆかりちゃんが欲しい。
昼間はあんなことになってしまったけど、
ちゃんと告白しなきゃな。
いつも仕事で一生懸命で、でも、普段は仕事の仮面、
被ってるだろ?なんかほっとけなくってな。
俺が守りたいって思った。」

私は、そんな彼の優しい言葉に思わず涙がこぼれ、
ふりかえってぎゅっと抱きついた。

「私の仮面、脱がせて…」

私は、ただ寛樹に体を任せるのみだった。
寛樹は優しく私の服を脱がせ、下着にも気を遣ってくれた。
ブラのホックがプチっとはずされ、肩紐がするっと落ち、
白い乳房があらわになった。

そして、パンティーをそっとおろし、あの部分もあらわになった。

「これが脱いだ仮面なんだね。きれいな、やらしい体だね」
寛樹もトランクスを脱ぐと、男性自身がみなぎっていた。

「やわらかいおっぱい…。気持ち良いよ」
彼は私のおっぱいに夢中だった。

もう片方の手は、私の秘部に入り、草むらを掻き分けて
クチュクチュと愛撫した。

「はぁ…ん。ああ〜ん。」
「もう俺も限界かも。イキそう。一緒にいこうか。」

そのとき私は、絶頂を感じた。

突き抜ける快感、大好きな彼と一緒になる幸せ。
彼と真剣に付き合いたい、とまっすぐに思った瞬間だった。



⇒【こちらもおすすめ】「うぁ、朱美。超エロい…気持ちいいよ。…」(下着でセクシーに…)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう