注目のワード

「愛撫後のセックス」(緋鎖子さん)

今エッチしたい。ダメ?(愛撫後のセックス)

官能小説;花瓶に挿してある黄色の花

「はぁぁんっ…やぁ、結也ぁ」

アパートの一室に艶やかな声が響く。
その声の主、絵里は、中途半端に服を脱がされ、
恋人の結也に良いように弄ばれている。

「耳は感覚点の密度が低いって聞いた気がするけど、
よくここまで反応するもんだ」

「あっ、かん、かくて、ん?」
「こんな風に、僕の舌の這うところを認知できる点だよ」

結也の長い舌が、絵里の耳を優しくくすぐる。
時折、ぴちゃぴちゃと濡れた音が鼓膜を震わせる。

「あ、あふぅ…やぁ、ゆ、うや……」

身をよじる絵里を抱き寄せ、舌が背中を滑り降りる。
途端、彼女の背中をぞくぞくとした何かが駆け抜けた。

「ひあぁっ…ゆう…」

背を反らせたことで、胸が強調された。
男がそれを見過ごすはずもなく、
突き出た桃色の突起を指先で優しく摘む。

「ああっっ、あぁ…んっ」

そのまま指先で捏ね回して、跳ねる絵里の体を観察する。
その片手が上半身のあらゆるところに触れると、
彼女の体は良い反応を示した。

だがそれは上半身に限ったことではなさそうで。体勢を変え、
丁寧に足をさすってやれば、それだけでもビクビクと体中を震わせる。

「こんなところでもうそんな反応をしちゃうの?
この奥は、もっと敏感?」

今日もあれ、欲しいんでしょ?

官能小説;ベッドに横になる裸の女性

「えっ、あ…やっ、結也…あ、あああっ!!」

結也の指が絵里の脚の奥へ届くと、途端に彼女は悲鳴を上げた。
手近にあったクッションを抱きしめて、
必死に理性を保とうとする絵里。

それに対し、結也は愛撫を繰り返し、そっと囁きかける。

「…まだ表面くらいしか触ってないけど?」

結也は一つ一つ確かめるように、彼女の全身に触れてきた。
そして、指をそっと置いて、丁寧すぎるくらいゆっくりと中へ侵入させる。

ある程度指で感じたところで、くい、と指を折れば、
ちょうどざらついたところを軽く擦ったようだった。

「ひゃああっっ!!」

突然の大きな快感に、体が一際大きく跳ねる。

「ここが、いわゆるGスポットと呼ばれる領域だね、絵里」
「やあっ…そ、な…」
「くすくす……せっかくこうやって一つ一つ教えてるんだからさ」
「そん、な…余裕、な…いよぉ……」
次々と与えられる快楽の連続に、絵里の頭はもうオーバーフローしそうで。

「結也…も、やぁ…」

熱に浮かされるように、愛おしい男の名を呼び続ける。
彼女の頭にはもう、彼以外存在しない。

ひたすらに自分を呼ぶ絵里の様子に、
結也は自らの欲望が抑えきれないことを自覚する。
器用に片手で熱い欲の塊を取り出し、彼女の入り口へあてがった。

「ねぇ、挿れていい?挿れるよ…」

結也は先を蜜部へ擦りつけて、それから焦らすように穏やかに、
絵里の胎内へと侵入を果たした。

意識が飛ぶまで

官能小説;水泡

絵里がクッションを抱きしめているように、
結也は絵里をきつく抱きしめた。
そして彼女のクッションを取り上げて、床へ投げる。

「あ…」

彼女から不安そうな声が漏れた。
クッションへ伸ばそうとした手は、男の腕の中へ閉じこめられて。

「絵里、愛してる……」

結也は熱い息と共に、絵里の耳へと言葉を注いだ。
それに応えるかのように、彼女の中がいっそうきつく締まる。
そのまま、意識が飛ぶまで互いに貪欲に求め合った。



⇒【こちらもおすすめ】「我慢できない。代わりに雪ちゃんを食べていい?…」(エプロン付けてH)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう