注目のワード

「エプロン付けてH」(音黒天さん)

エプロン姿の雪が…

官能小説;料理をする女性の手元

葵はキーボードを打ちながらチラリと時計を見た。時刻は午後7時。
(雪ちゃん、もう来てるだろうな…)
今日は恋人の雪が泊まりに来る日だ。

今日は定時であがり、雪が来たら一緒に夕飯を作って
DVDを見ながらまったりして…。それから久しぶりの
雪の唇や肌を堪能しようと思っていた。

雪は7つ年下の20歳だ。経験が浅いのか、恥ずかしがりやなのか、
ベッドの中では声を抑え、あまり反応は見せない。

だから雪には内緒で、ちょっとエッチなコスメまで
買って楽しみにしていたのに…。

ようやく仕事が終わり、急いで自宅に向かった。
玄関を開けるといいにおいが漂っている。

「お帰りなさい」
可愛らしい声のするキッチンに入ると、エプロン姿の雪が笑顔で迎えてくれる。

葵は上着を脱ぎ、ネクタイを緩めてソファーに座ろうと思ったが、
雪の後ろ姿に目が釘付けになった。

肩に掛かるサラサラの髪に細いウエスト。
キュッとあがったお尻とスカートから覗く太ももに、思わず喉を鳴らした。

「雪ちゃん…」
「きゃ…」

後ろからそっと細いウエストに手を回して抱きしめると、
小さな悲鳴を上げて雪は鍋をかき回す手を止めた。

代わりに雪ちゃんを食べていい?(エプロン付けてH)

官能小説;白とピンクの棒

くすぐったそうに雪がクスクスと笑う。

「待ってて、もうすぐ出来るから」
「我慢できない。代わりに雪ちゃんを食べていい?」
「ええ!」

驚いて振り返る雪にかまわず、胸の膨らみを両掌で包み込み、
その柔らかさを堪能する。

「どうしても嫌?」
「そうじゃ…ないけどっ…んっ」

左手で乳房を揉みしだきながら、右手で体の曲線を撫で下ろし
スカートをたくし上げて下着の中に指を潜り込ませた。

「ね、濡れてるよ?本当は雪も待てなかったんじゃないの?」
「くぅ…ん…」

まるで子犬のような喘ぎに背筋がゾクゾクする。
葵はその場にしゃがみ込み、エプロンごとスカートをめくって
下着を下ろすと、恥丘に口付けた。

「い…や…だめ…恥ずか…しい…」

顔を真っ赤にさせるのを見ながら、柔肉に口付け、
舌先で割れ目を開くと女性独特の甘い匂いが鼻をつく。

敏感な場所を何度も往復しながら、片手で用意していた
ラブリュイールを指にとった。

むさぼるようにひたすら雪を求めた

官能小説;食べごろの果物

「…入れて…葵ちゃんのを…頂戴…」
「いいよ。ここもトロトロで食べごろだしね」

そう言ってズボンの前を開き、自身を引きずり出すと
雪の片足を抱いたままゆっくりと中へ入れた。

「雪っ…」

雪の体を抱きしめ、律動を速めた。
あれだけ雪を喜ばせようと思っていたのに、むさぼるように
ひたすら雪を求めた。

快感に体が泡立ち、熱いものが込み上げてきた。

うわ言のように何度も互いを呼びながら、最後は同時に絶頂を迎えた。

「雪…」

息を弾ませながら額や頬にキスを散らす。

「好き…葵さん…」
「俺も、雪が一番好きだよ」

そう言って唇を重ね、繋がったまま互いの肌を感じあっていた。



⇒【こちらもおすすめ】「ふっくらと赤く充血したやわらかな花は、冷たい指に捕らえられて…」(年の差カップルH事情)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう