注目のワード

「弟の友達に恋!?」(みんみんさん)

なつみさんと飲めるなんて…

官能小説;机に置かれたフォークとナイフ

「なつみさん?なつみさんですよね?」

新入社員の男の子に話しかけられて、
私はキョトンと彼の顔を見つめた。

「覚えてませんか?
タカシくんの高校の時の友達で今山マサキです。」

そう言われてもう一度顔をマジマジと見ると、
確かに面影がある。
2つ年下の弟タカシの友達で、
高校の頃よく遊びに来ていたマサキくんだ。

「あっ、思い出した。すっかり大人っぽくなって…
わかんなかったよ。」
「なつみさんと同じ会社で働けるなんて
めっちゃ嬉しいですよ。」

そう言って笑う顔はまだあどけなく、胸がキュンとなった。
仕事の覚えも良くハキハキとして明るい彼は、
すぐに重要な仕事を任されるようになった。

その日も遅くまで残業し、
結局2人で帰ることになった。

「お腹空いたね。」
「もう9時ですもんね。何か食べて帰ります?」
「そうだね。ちょっと飲む?明日は休みだし。」
「いいですね。なつみさんと飲めるなんてめっちゃ嬉しいですよ。」

またまた私の胸がキュンとなった。

会社の近くの雰囲気のいい居酒屋で、
カウンターに座り、飲みながらいろんな話をした。

高校の頃の事、大学の事、タカシの事…。
すごく楽しくて少し飲み過ぎたかもしれない。
店を出た時、足元がちょっとフラついた。

「大丈夫ですか?送っていきますよ。」
「大丈夫だよ。マサキくん、終電逃しちゃうよ。」
「このままなつみさん一人で帰す方が心配です。」
「ありがとう。じゃあお言葉に甘えちゃお。」

好き…目で彼にそう言っていた

官能小説;白のホイップ

「マサキくん、ありがと。近くだからここでいいよ。」

駅に着いてこう言うと
「ダメです。ちゃんとマンションまで送りますから。」
「マサキくん…。」

嬉しくてまたまた胸がキュンとなる。
間もなくマンションにたどり着いた。

「じゃあ俺帰りますから。今日は楽しかったです。」
「もう少しここにいて。」

私はマサキくんの目を見つめた。
好き…目で彼にそう言っていた。

「なつみさん…酔った女性を襲う男と思われたくないから、
先に言いますけど…ずっと好きでした。
なつみさんに会いたくてタカシの家に遊びに行ってたんです。
だから、なつみさんと同じ会社で嬉しかったんです…。」

そう言うとマサキくんはキスをした。柔らかくて暖かい唇…。
私は彼の背中に腕を回した。

私の口に彼の舌が入ってくる。その舌に自分の舌を絡ませる。
やがて彼の指がそっと私の胸に触れた。
一番敏感な場所を優しく撫でる。

キスをし見つめ合った後…(弟の友達に恋!?)

官能小説;横になっている笑顔の女性

ストッキングを脱がされ、
ショーツの横から彼の指が滑り込んでくる。

クチュッと音をたて指が浅く、深く私の中を行き来する。

「マサキ…くん。お願い…来て…もう…我慢できない…。」

私たちは着ているものを全て脱いだ。
彼は熱く硬くなった男性自身を私にあてがった。

「あぁ…なつみさんと一つになれるなんて…夢みたいです。」

そう言うと少しずつ私の中に入ってきた。
まだ動いていないのにイキそうになる。
彼は少しずつ腰を動かしながら、
右の乳首を吸い、左の乳首を指で転がす。

「んあっ!もうダメっ!イク!」

頭の中が真っ白になり、何度イッたかわからない。

「なつみさん…もう…ダメです…俺…イキそうです…。」

そう言うと彼は私の肩を抱き腰の動きを速めた。
二人同時に果てるとしばらくそのまま抱き合っていた。

やがてキスをし見つめ合った後
「タカシに何て言おう…」と二人同じ事を言った。

クスッと笑い合い、幸せな温もりに包まれた。


⇒【こちらもおすすめ】「愛撫されながら私の身体はピクンピクンと波をうって…」(海外での出会い)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう