注目のワード

「氷でHな刺激を」(ちょちょ丸さん)

10歳年上の…

官能小説;キャミソールを着た女性

友達の紹介で博一さんと知り合った。
私はまだ大学生で、彼は一流企業に勤めている。
10歳年上の穏やかで優しい人だ。

週末は彼の部屋でのんびり過ごすのが習慣。
帰りは彼の車。家の前で長〜いおやすみのキスをして、
車が見えなくなるまで見送り、家に入る。

厳しい両親だから、夕食後、帰らなくてはいけない。
でもそれまでは一緒にお風呂に入ったり、
裸のまま横になってたり、彼のために料理を作ったり、
うれしくて仕方ない。
おそろいのスニーカーを履いている事は周りには内緒。

鼻歌まじりで作ったパスタは、我ながら美味しかった。

目が合ってしまった

官能小説;白いスカートを履いた女性の足

「今日もおいしかったよ♪」
「でしょ〜♪」

目が合ってしまった。

一瞬の沈黙。
目が合ったままそらせない。優しく唇を何回も重ねる。

激しい舌使いとは裏腹に、洋服の上から優しく揉まれている胸。
スカートの中の中指も優しい。

「のんちゃんのおっぱい、おっきくて、柔らかくて気持ちいい。」
「感じやすいんだね。もう濡れてるよ。」

息苦しくて思わず出た声がきっかけとなり、
ベッドへ促される。

ブラの中へするすると手が入ってくる。
彼の体温の低い手が余計乳首を刺激する。

彼が好きな体位の騎乗位。
とたんに、ブラのホックは外され、
Tシャツと一緒にブラも剥ぎ取られる。
私はおっぱいが感じるから、たくさん舐めてくれる。

「のんちゃん、たくさん濡れてるよ。気持ちいい?」

とろんとした彼の目が合う。返事する間も無く、
「もっとしてあげるね。」
と、敏感な蕾を攻撃されてしまう。蕾を触る中指は優しい。
でも、乳首は舌が転げまわったり、吸われたり、
甘噛みされたり、つねられたり。

ちょっとまってて(氷でHな刺激を)

官能小説;花びら

「あぁっ…お願い…もう、だめ、入れて…」

たっぷり愛撫された蕾は蜜をしたたえ、
彼のモノを下からすんなりと飲み込んだ。

私が一番好きな正常位をしてくれる。
繋がりながらゆっくり仰向けに倒される。

「いけない子だね。」

言葉とは裏腹に、緩やかな速度から序所に増して速くなる。

焦らされるのが嫌いなのを知っているから、
博一さんも速度を緩めない。

「ああぁー!や、だめ!!!」

魚の様に腰を跳ねながら絶叫する。

「一緒にいこう。」
苦しそうに言われてまもなく同時に絶頂を迎える。

まどろみの中、
「ちょっとまってて。」
と突然キッチンへ向かう彼。手に氷を1つ持ってベッドへ来る。
「え、なに?」

「これ第2ラウンドね。のんちゃん若いからたくさんしたいでしょ。」

悪戯好きの得意げな顔で言われてしまう。
私に覆いかぶさり、首筋、谷間、乳首、おへそ…。

「や…ん…」

突き刺すような冷たさが気持ちいい。

「あ、はぁん…」

結局、最後は彼の指だけでいってしまった。
隣で横になっている彼は、私のおっぱいを掴んだまま、
気持ちよさそうに寝ている。



⇒【こちらもおすすめ】「ビリッとパンストを破いてパンツをずらし、直接指を這わせる…」(奥手な彼の思う事)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう