注目のワード

「先輩の好きなように」(kozueさん)

みんながいる前で

官能小説;雪景色

「ん…くすぐったい。」

寝ぼけながらも、太ももをゆっくり、
すーっとさする指のあたたかさに、目が覚めた。

うっすら目を細めると、窓の外は雪。
そうだ、サークルのみんなでスキーに来てたんだ。

朝から白銀の世界でがんがん滑り、
夜はロッジ風のペンションでお決まりの飲み会。

その後さらに、普段から仲の良いメンバーで狭い部屋に集まって、
エンドレスな二次会になだれ込んだのだった。

そこまでは覚えているものの、
以前から気になっていた高平先輩に
思い切り寄りかかったまま、眠ってしまっていた。

明るくて、後輩にも先輩にも人気者の高平先輩は、
みんなと話しながらもやはり、
私の太ももをさすり続けている。

ゆっくり、ふれるかふれないかのぎりぎりのところで。

こっそりと、私の身体を…(先輩の好きなように)

官能小説;毛布に包まる女性

だんだん、高平先輩の指は、開いた脚の真ん中へ下りてきた。

高平先輩の指はと言うと…

つーっと上下にゆっくり、指は徐々に強弱をもって、
ある一点を細かくさすり始めた。

や、そこは駄目ですよ!
と、頭ではわかっていても、声が出ない。

むしろ眠さと気持ちよさに、身を任せてしまう私がいた。
自分でも驚くほど、トロトロに溢れていた。

高平先輩の指は、
雫をすくって私の固くなった一点をクチュクチュとさすり、
思わず声が出そうになった頃、名前を呼ばれた。

「そろそろお開きだよー?女子部屋戻るよー」
「舞ちゃん起きないね、もうこのまま寝よっか。」

電気が消えた。

奥で眠ってしまった友人の洋子が見える。

私と高平先輩の漏れる息が、あたりに聞こえる。

暗闇の中、高平先輩はパンティの中から指を抜き、
そのまま私の唇に彼の唇を押し当ててきた。

薄いけれど、まるで吸いつくように、決して離れそうにない唇。

昼間は皆の前で華麗なシュプールを描いていた高平先輩が、
今はこっそりと、私の身体をおし包む。

誰か急に電気をつけたらどうするのだろう?

耳元で囁いた

官能小説;紅葉が敷かれたキャンドル

唇は封印されたまま、
高平先輩の右手は私の中に入ってきた。

既にぽっちり盛り上がった二つの点を、
高平先輩の親指と小指はゆっくり、こねまわすように触れる。

気持ちよさに鳥肌が立つ。

そして時折、固くなった一点をいやらしくこすり上げる。

あまりの快感にのけぞりたいけど、
背の高い高平先輩の身体の重みはさすが男性。

刺激はだんだんと強くなる。

声を出したい。

でも高平先輩の唇に封じられ、
無言のまま三点はこね回され続ける。

みんながいる部屋で、こんなこといけない、
でももうちょっとで…

「(んぁっ…)」

鼓動がはやい。
先輩の唇が私の耳元で囁いた。

「舞ちゃん、ごめん、実はずっとこうしたかったんだ。」

高平先輩の胸に思わず顔をうずめた。



⇒【こちらもおすすめ】「あ!あぁぁぁ…マサくぅん。ダメ…おかしくなっちゃう…!」(乳首責めで…)

エロ小説にまつわるお役立ち記事

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう