注目のワード

「エレベーター内のキス」(minamiさん)

貴重な日

官能小説;高層ビル

「そろそろお昼にしよっか」
「うん、そうだね!」

久々のデート。
街中にあっても一際目立つ21階建ての超高層ビルに、
わたしたちはいた。

わたしの名前は若月桃子。
彼は小野田誠一。セイちゃん。

わたしたちは高3の夏から付き合っている。
今年でふたりは24歳になる。
たまにケンカもするけど、別れたことはない。
高校時代も今も、周りからは「癒し系カップル」と呼ばれている。

わたしたちは全く異なった職種に就いていて、
勤務形態も違うことから、なかなか休みが合わない。
大学卒業後はデートさえ、2ヶ月に一度できるかできないか。

今日はその中でも、一日中一緒にいられる貴重な日。
朝から街に繰り出して、
何を買うわけでもないウィンドウショッピング。
これ似合う?うん、可愛いよ。
あ、あれ可愛い!どれどれ?え〜そうかなぁ…
という何気ない会話がとても楽しい。

ちゅくちゅくと卑猥な音を…(エレベーター内のキス)

官能小説;水滴がついたさくらんぼ

1階から6階までを占めている若者向けのお店を順繰りにまわって、
気づけば正午をとっくに過ぎていた。

「最上階にスカイレストランがあるよ。そこでお昼にしない?」
「ステキ!はやく行こ!」

彼の手を引いてエレベーターのボタンを押すと、
すぐに扉が開いた。

「ちょうど良かったね」

顔を見合わせてニコリ。
こんなちょっとしたことでも嬉しく感じられる。

「うわ〜!!すご〜い!」
エレベーターはガラス張りになっていて、
街を行き交う人や車がミニチュアに見えた。

ここは6階。
きっと最上階からは市街が見渡せるのだろう。
それを思うと、今から心が踊る。

しかしエレベーターの扉は閉まったものの、
うんともすんとも動かない。
不思議に思って振り向こうとすると、
それを阻止するかのように後ろから抱きつかれた。
横を向くと、キスされた。

「セイちゃん!?ダメ…こんなところで…。誰か来ちゃ」

来ちゃうよ、と最後まで言えなかった。
再び彼の唇に襲われたから。

そのキスは長く、わたしの舌は彼の舌に絡めとられ、
ちゅくちゅくと卑猥な音をエレベーター内に響かせた。
キスしたまま、彼の手はわたしの体のラインをなぞり、
少しだけスカートをまくってふとももを撫でる。

周りからは「癒し系」と呼ばれているけれど、
ふたりきりの時の彼は全然癒し系じゃない!
エッチなことが大好き。
人目のつかないところや暗闇に行くとすぐ抱きついてきて、
キスしたり、体を触ってくる…。



⇒【こちらもおすすめ】「声出さないように頑張ってるモモの顔、すごく可愛い…」(エレベーターでエッチ気分)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう