注目のワード

「エレベーターでエッチ気分」(minamiさん)

秘部が熱くなる(エレベーターでエッチ気分)

官能小説;窓際のテーブルとイス

エレベーターの中でさんざんじらされた私の身体は、
セイちゃんが欲しくてたまらない。
ふたりとも熱い気持ちを抑えきれずに、ホテルへ向かった。

さっきまでいたエレベーターと同じような、
ガラス張りの部屋をセイちゃんは選んだ。

後ろからわたしを抱きしめる彼は、
言葉攻めも大好きだ。

ガラス張りの際に立って、
「モモの下着、みんなに見られちゃうよ」

いつしかスカートはたくしあげられ、
わたしのパンティーがあらわになっていた。

わたしは顔と秘部が熱くなるのを感じた。

彼は下着越しに、わたしの感じるところを撫でた。
すでにできてしまった染みを教えるかのように指でなぞる。
それがとても恥ずかしかった。

クリトリスに触られ、出そうになる声を我慢すると、
その分敏感になった。

わたしの息があがると、足のつけ根までパンティーを脱がされた。
見えそうで見えない半脱ぎ状態の秘部に、彼の指が伸びる。

触られた瞬間、声が出た。我慢できなかった。
それから先、彼の指が動く度に体がぴくんと跳ねた。

薄目を開けると、ガラスには自分の感じている顔や、
彼に触られている場所まで映し出されていた。

新たに溢れた蜜を、彼は丁寧に塗りこむ。
入口を何度も愛撫され、
わたしもすっかりエッチな気分になってしまった。

わたしの一番感じやすい部分を…

官能小説;水に浮かぶ葉っぱ

彼は素早くスカートの乱れを直して、
わたしの隣に移動し、扉の方に体を向けた。
わたしはスカートの中でそのままになっている
下着が恥ずかしく、ガラスの方を向いたままでいた。

抗議の目を向けるが、彼はそ知らぬ顔。
それどころか彼の指は躊躇うことなく、私の中に入ってきた。

たっぷり愛撫されたわたしの中はトロトロで、
彼の指を拒否するどころか、逆に奥へ奥へと導いた。
ゆっくりと上下される指に合わせて、
卑猥な音がスカートから漏れる。
わたしの一番感じやすい部分を重点的に刺激され、
足がガクガクした。

この行為と音に誰も気がつきませんように。
そう祈りながらも、自分の息でうっすらと曇る目の前のガラスと同様に、
だんだん頭が真っ白になっていった。

「そんなに気持ち良かった?」

ニヤニヤ顔。いじわるな笑み。わたしは無視した。

「声出さないように頑張ってるモモの顔、すごく可愛い。
夜もたくさん見せてもらわなきゃな。
それとも今からもう一回、する?
今度はエレベーターでもしてみたいな。」

さすがに無視できなくて、わたしは彼の脇腹を軽くパンチした。



⇒【こちらもおすすめ】「彼の目を見たら泣いてしまいそうで…」(彼氏の突然の転勤)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう