注目のワード

「遠距離前のプロポーズ」(ミミさん)

繋がりたい

官能小説;下着で横になりいちゃつく男女

部屋に入ると、私はジャケットを脱ぎ、
ベッドの真ん中に座って彼に抱き締めてもらうのを待った。

彼は後ろから私を抱え込むように抱き締めた。
スーツを脱いだ彼のあたたかさが伝わってくる。

思わず私は彼の胸に顔をうずめた。

彼の手が私の髪を撫でる。そして私は泣いた。

自分でも大袈裟だと思うけれど、
涙が止まらなくなるほど私にとって彼の転勤は大きかった。

「ずっと好きでいてくれる?」

彼は私を抱く腕に力を入れた。

「当たり前やろ?
遠くになっても俺たちは何にも変わらへんやろ?
何の心配もせんでいいんやで。」

私は頷いた。
でも涙が止まらない。

「仕事でも悩んでるときやから
側にいてやりたかってんけどな…何でも話せよ。」

彼の言葉が嬉しかった。

「ありがとう。
亮介もよ。
何でも…嬉しいことも辛いことも全部教えてよ。」

私は彼に触れたい、と思った。
触りたい。
繋がりたい。
溶けてひとつになりたい。
体ぜんぶで彼の存在を感じたい。

私たちはゆっくりとお互いの服を脱がせ合った。
たくさんキスをした。
唇に、頬に、首筋に、胸に。

背中に手を這わせ、足を絡め、見つめ合った。

私の体はどんどん敏感になっていく。
私の指も感じやすくなった彼の体を触る。

「ね、もう繋がろう」

距離が離れるだけ(遠距離前のプロポーズ)

官能小説;複数の花

彼は私をもう一度ぎゅっと抱き締めた。

「亮ちゃんと繋がりたいの」

私が言うと彼はそっと私の足を開き、
ゆっくりと、そして力強く私の中に彼自身を入れた。

私の体は反応して彼を受け入れる。
熱い。
彼の体温を私は体ぜんぶで感じた。
最初は優しく、キスをしながらゆっくりと腰をうごかす。

「楓…」

彼が私の名前を呼ぶ。

私は彼にしがみつく。腕を離したくない。
彼と繋がったままの私には彼の声が全身に響いて聞こえた。

「楓、ずっと一緒にいような」

その瞬間、私の頭にポン、と何かが落ちた。

「え、指輪」

「楓、今日は特別な日にしたかったんや」

彼の言葉はいつでも私を幸せにする。
ずっと一緒にいようね。
大好きよ。



⇒【こちらもおすすめ】「恥ずかしいの、好きでしょう?…」(誕生日の小説)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう