注目のワード

官能小説 Sな彼といじわるH

恵理(36歳)の体験談

官能小説;ベッド

「も、もう…だめよ、…卓ちゃん」

「卓ちゃんじゃないでしょう?卓也さん、って言いなさい」

ねぇ、ねぇ、とあえぎながら哀願したのは、小沢恵理。
36歳、独身だが、S商事の総務部の課長を務めている。
恵理に対し、高圧的な返事をしたのは、営業部の内山卓也、31歳。
年下の暴君、というのか、否、この場合、実はセックスにおいて恵理がMだった、ということになるのだろう。

「…ねぇ…もう、無理よ…」

「無理じゃないでしょう?男と違って女には限界がないって聞いてますよ?」

むちゃくちゃなことを言いながら、今夜初めて使ったラブグッズ で、恵理のもっとも敏感な部分を責め続ける。

「あ、ああん…本当に、もう、ゆるして…壊れちゃう…」

すでに、卓也に2回、ラブグッズで3回立て続けにイカされて、恵理はたまらなくなって啼き声を上げた。

「許してください卓也さま、って言えたらコレ、抜いてあげますけど、本当は抜いてほしくないんでしょう?もっと、俺を欲しがっておねだりしなさい」

卓也に2回イカされて、その後、卓也自身が復活するまでは、と、
バックからラブグッズで責め続けられているクリトリスは、真っ赤に充血して肥大していた。

「ふふ、この体位、俺も好きですよ。恵理さんの恥ずかしいところが全部見える。可愛いお尻の穴も、ほら」

「あ、や!嫌よ。そこは、いや、違う…の…」

おそらくそこも敏感なはずの、菊のつぼみを思わせる濃いローズ色の部分に、そっと指先を押し込んで、卓也は言った。

「そこは、違うってそれじゃ、どこなんですか?イイところ、その口で、ちゃんと教えておねだりしてください」

そこ、ではわからない、と卓也が笑う。
いつからか、ベッドの中での主導権は恵理ではなく、卓也が握っていた。
清潔と整頓を好む恵理のベッドの糊の効いたシーツは、すでに卓也の放出したものと、恵理の愛液とでぐしゃぐしゃになっている。
乳首もツンと硬く赤く立ち上がって、口では、いや、と言いながら恵理が感じているのは明らかだった。

「きれいだ。俺だけが見られる顔だ。もっと喘いで。もっと好い声、聞かせてください。俺、勉強熱心ですからね。
もっともっとイイとこ探して、失神するくらいイジメてあげます。ねぇ、今までの彼氏って、こんなことしてくれました?」

ようやく口説き落とした年上の美人。恵理にも過去はあるだろう。
でも今この時は、卓也だけの彼女だ。ストイックな顔を見せる恵理が、背後からのセックスを好むとは思いもよらなかったが、
昼と夜とでまったく異なる顔を見せる彼女に、卓也は夢中だった。



二人の恋の始まり

官能小説;さくらんぼ

総務部の課長である恵理は、社内外での受けが非常によかった。
ソフトな対応、女らしい気配り、そして完璧な仕事ぶり。

フレグランスは柑橘系。さわやかでスレンダー。いかにも仕事のデキる雰囲気の、細身のパンツスーツの似合う女性である。

誰もがプライベートの彼女の隣には落ち着いた理想的な恋人がいるのだろうと想像していたが、
彼女の恋人は、営業部の、やる気ばかりが空振りする5歳年下、食欲と性欲、元気だけが取柄のメガネの君だった。

中途採用の入社時に掛けていたメガネがあまりにダサく、恵理が、つい新しいメガネを見立ててやったことが始まりだった。
恵理の目には、そのときの興奮を隠せない卓也がまるで散歩を期待するゴールデンレトリーバーのように映っていた。

思わず釣られて、ふっと、口元が緩んだ。

卓也は、そんな恵理の微笑にドキンと心臓を鷲掴みにされた。
それが彼の恋の始まりだった。

あとは持ち前の根性と押しの一手で恵理を口説き続けた。
年下の純朴な青年から毎日送信される、賛美の数々。
ハートマーク付きのメールも見て、そのときフリーだった恵理は押されるままに卓也と付き合い始めたのだ。

人が知れば、美女と野獣、どころか、美女と惰犬とでも悪口を言うのが疑いもない、あまりにも想定外のカップルだった。
そのため恵理は卓也に厳命して、2人の関係を絶対の秘密にした。



「もっとイジメてあげますからね」

官能小説;女性の脚

初めての夜、恵理は、

「正常位では翌日、脚が痛くなって趣味のジョギングに差し支えるから」

と言って、背後位でのセックスを希望した。

卓也は正直、驚いた。

そして、年上でおそらくは、卓也より経験豊富な彼女を満足させるために、
ラブローション やグッズを用意し、恵理に奉仕し続けた。

しかし、ベッドタイムを共にするうちに彼女は、恥ずかしい言葉を強要されたり、
クリトリスや乳首といったポイントを摘んで弄られたりするのが好きなことがわかってきた。

「ああん…た、卓也さ、ま…入れて、ねぇ、もう一度、来て、噛んで…」

背後位だからできる愛戯である。
卓也は元気を取り戻した自分の分身をヴァギナに挿入し、形のいい引き締まった乳房に顔を廻して、乳首を甘噛みした。
そして、恵理の淡い草むらを掻き分けて、クリトリスを指と愛具の2つで責め立てた。

「今日は俺の誕生日で、明日は休日ですからね。オールナイトでいきましょう」

卓也が高らかに宣言する。恵理の中のMの素質が目覚め始める。
最も感じる部分を三箇所も同時に、年下の男に責められるのだ。
何度目かの絶頂の中で、疲れを知らない若い卓也との今夜のセックスに、これまでの男にはなかった、
「本当に、生きているのだわ」といった生と性の、赤裸々な悦びを感じていた。

「恵理さん、キてますか?感じるでしょ?もっとイジメてあげますからね」

言いながら卓也は恵理のクリトリスを擦り上げ、ラブグッズのスイッチを少し強くする。

「ああ、ねぇ、あっ…!」

意識を手放す直前、恵理は何度目かの絶頂の中に、またおびただしい量の愛液を洩らして、太腿とシーツを濡らしていた。


⇒【こちらもおすすめ】「シャワーも浴びないまま、ローションで…」(奈々枝 37歳 花屋 前編)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう