注目のワード

官能小説 手錠エッチでもっと感じる

若菜(30歳)の体験談

官能小説;エレベーターの中で二人きりで並ぶ男女

(このワンピ、気にいってもらえるかしら…)
若菜は、どきどきしながら、待ち合わせ場所のレストランに急いだ。
 
デート相手の柏原マサシは、若菜が働く商社の同じビル内の、ワンフロア上に入っている大手IT会社のビジネスマン。
 
偶然、エレベーターの中などで顔を合わせる度に、若菜は、(ステキな人だなあ…)とクールで端正な横顔を見て、想っていたのだ。

だけど。
「おはようございます…」
赤くなって小さな声で挨拶するのが、精一杯。

ビルの1階のエントランスで写真展が開かれていた時。柏原の姿を見つけた若菜は、思い切って、「写真、お好きなんですか?」と声をかけた。

それがきっかけで話が弾み、柏原からデートに誘われた時の嬉しかったこと!!天にも登る気持ち。だけど恋人同士になって1年半。柏原はなぜか、この頃態度が冷たい。気のせい?

2週間ぶりのデートなのに、食事の後、
「明日までにやらなきゃいけない仕事が残ってて…今日はこれで帰る。ごめん」と切り出され、
「そう…お仕事なら、しかたがないわね」と答えて別れたものの…。

若菜は、(私にあきちゃったのかしら?マンネリ?私はこんなに、こんなに好きなのにっ…)涙ぐみそうになった。彼に抱かれたいっ。街のネオンがかすんで見えちゃう…。

手錠をしてセックス…

めずらしく柏原が、若菜のアパートを訪ねた日。
「昨日、伸雄と、一階のティールームで話していたね」
彼はなにげない口調で、若菜に訊ねた。

「映画の話で盛り上がっちゃったの」
伸雄は、柏原の同僚だ。気さくで話しやすい。

「楽しそうだったね」
「だって、伸雄は親切だもの。見たい映画があったら、 いつでも声をかけてくれって」
「ふーん、そうなのか」
と答えた柏原は、腕を伸ばしてきて、ワイシャツの胸に、すっぽりと若菜の体を抱きしめた。

いつも黙ったまま、柏原は若菜を抱きしめる。それでも彼の体温に包まれただけで、ジュン、と女体の奥がうずく。(ああ…すごくすごく、あなたに抱かれたかったのっ…)

柏原は、若菜を裸にしてベッドに横たえた後、体を起こして、タンスの小引き出しから、可愛い毛皮の手錠のラブグッズ を取り出した。

「あっ、それっ」
「今日は、これを使おう」
(ええーっ、以前見せたときは、見ただけでなんにも言わなかったのに、ちゃんとあるの覚えてたんだ!!)

官能小説;ベットに仰向けになり裸で手錠をされる女性

「い、いやっ、そんなに見ないで、恥ずかしいっ」
ラブグッズの手錠 をはめられ、身もだえする若菜を、 
「すごくそそるな、この格好…もう若菜は、僕の思うままだからね」

興奮した様子で、しばらく見下ろした柏原は、首筋から下の方に女体を、唇で這わせて舐めおろしていく。

「ああっ、そこ、そこ感じるっ」
乳首を吸われ、ウエストの肉に吸い付かれ、若菜は悲鳴を発して蜜を流した。
 
太腿の付け根に口づけされ、
「俺が好きなら、ここも見せられるだろ」
「い、いやーっ、それは無理いぃ、恥ずかしいっ!やめ…」

でも、抵抗できない。絶対に今まで一度も見せなかったそこを、柏原の強い視線に射抜かれた若菜は、泣きそうだ。

「若菜のすべては、僕のものだから」
そんな言葉を囁かれて、またジュン!!と熱く蜜が吹き出す。

伸雄とどっちが好きなんだ?

「若菜のきれいでHな体を、目にやきつけておきたいんだ」

柏原は、赤くツンととがったクリトリスの頂上を、たっぷりと流した若菜の蜜をつけた指先で、くるくるくるくる、なでまわす。しかも、蜜壷にも指を入れられ、リズミカルにこすられている。

官能小説;手錠をされエッチをする男女

「あん、あああんっ、見ないでえ… 指が出たり入ったりしている所、見ないでええ… あううううっ…感じるうっ、感じちゃうっ」

愉悦にあえぎながら若菜は、「あなたが一番好きっ」と言わされる。 指で穿ちながら、彼の舌が、若菜の耳穴に入って、くすぐりこねた。
「ひいーっ、いくううううっ」

「若菜の蜜が手首までしたたってる… ううっ、俺の指がしびれそう…」
手を拘束されたまま、若菜の両足が、高く持ち上げられる。 彼の信じられないほど硬く猛った男根が、若菜の中にぐぐっと入ってきた。さらに深く…。

「だめっ、もう、おかしくなるっ」
失神するほどイカされて絶叫しても、なお柏原の男根は、打ちぬいている。

「好きっ…もう許してえ」
今日のマサシ、すごすぎっ!感じすぎて、おかしくなりそうっ。

「お前をはなさない!僕の女だからな」 囁かれて、動き続けられて、
「伸雄とどっちが好きなんだ?」
「マサシ…あなたが好き!!」と叫んで。

「すごい!やん、感じる、感じるうううっ…あああああーっ」
許しをこう若菜の女の奥に、温かい柏原の精液が、多量に射出される…。

「今日は俺も、すっごく興奮しちゃったよ」
やさしく手錠を外してくれた柏原の腕枕に、若菜は体を横たえて、うっとりと幸せなまぶたを閉じた…。


★イラスト:庵田チカ

⇒【こちらもおすすめ】「だ、だめっ、こんなところでっ…!」(真奈美 29歳 美容師)

★イラスト付官能小説一覧はこちら

この小説を読んだ方にオススメのアイテム

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう