注目のワード

官能小説 意地悪なフェラチオで奉仕したい

マリ(23歳)の体験談

官能小説;二つのグラス

並んでテレビを観ながら、
もぞもぞと彼のボクサーパンツに手を伸ばす。

それだけで、
下着の中身はムクムクと動き出す。

「まだ、大きくしちゃ駄目だよ。」

私は、パッと手を離し、
トクトクとグラスにワインを注いで、
グラスの足で彼の中心に
ちょこんと触れた。

今日は、ちょっとSになって、
彼をからかうって決めたのだ。

「意地悪だな」

彼は、ちょっとすねて
自分もグラスを手に取った。

それから、諦めたのか、
目がテレビに戻っていく。

私は、喉を小さく鳴らして
ワインを喉に送り込む。

少しだけ、
口の中にワインを残して。

そして、ソファに座ったまま、
まだ小さい彼を口に入れた。

少しだけ舌で転がして、
口から出す。

にやっと横目で笑って、
またすねている彼を見た。

少しワインを口に流し込んで、
今度は彼の前にひざまずく。

ワインが口からこぼれないように
そっと、彼を口に含んだ。

まだ冷たさの残るワインの感触に、
彼は「あ…」と、
小さく嗚咽をもらしている。

私は、視線だけを
彼の顔に向けて、からかった。

それから、舌全体を
彼の中心に押し当てながら、
ゴクリとワインを飲み込んだ。

口の中がキュッと締まり、
グッと大きくなる彼の先端が、
喉を詰まらせる。

その瞬間に、私の口の中は、
隅から隅まで性感帯になってしまう。

慣れない手つきで…

官能小説;女性の手元

ふうん、ううん…

喉の奥の声が、鼻から漏れる。

口の中からは、
少しのワインと彼の、
それから私の唾液が混ざった液が、
流れ出てくる。

舌と硬くなった彼との間に、
ごく薄くその液で膜を作るように、
舌を這わせてゆく。

歯茎も、舌先も舌の根も、
頬の内側も口の天井も、
彼が触れるたび、
ゾクゾクとくすぐられて
力が抜けてゆく。

「あぁ…」

さっきまで、主導権を握っていたのは
私だったのに…
今はきっと、懇願しかない顔で彼を見ている。

「う、あぁ…」

と、少し声を漏らして、
それから大きく鼻から息を吐く彼に、

「ねぇ、…いい?口の中で…」

口の中から硬い彼のものを出して、
私は息を切らせながらお願いした。

「ん?してほしいの?」

彼は、意地悪で、
少し軽薄なくらいの笑顔だ。

「ね、いいでしょ?」

私がねだると、彼は
「休んじゃダメだ」と言って、
私の口を太くて硬い彼自身で塞いだ。

うっ…息ができないほど
奥まで届く圧迫感の後、
私は全身で口の愛撫を続けた。

首も腰も肩も、全部、激しく前後していく。

結果的に

官能小説;グラスと花

そして…。

「あ…、うっ」
という詰まった声とともに、
彼の全身が一瞬硬直し、
それからダラリと脱力した。

力尽きた彼のものを、
まだしばらく舌で優しく撫で、
トロトロとぬめっている
彼の中心を口から出して、
今度はペロペロとキレイにする。

「今日のはちょっと、甘かった」

そう言って彼と目を合わせる。

「どうせこうなっちゃうんだから、
最初っから言うこと聞いちゃえばいいのに」

彼は笑いながら、
髪を整えてくれた。

作戦は、失敗か…。



⇒【こちらもおすすめ】「吸う息も吐く息も激しくなって、胸と肩が大きく動き始める…」(美智 30歳)




あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!

一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう