注目のワード

官能小説 あなたを掴まえたい 4話

できた…のかな?

女性の後ろ姿

「あ…、こ…これ?」

膣トレを始めて、数週間。
葉子の言っていた「あるとき、変わる」というのは、…これ?

「掴まえてる…よね」

自分しかいない部屋で、誰に確かめるわけでもない言葉が出た。
インナーキュートを抜いて、もう一度入れてみる。

「やっぱり…」

また誰に確かめるでもない声が出る。

キュッキュッとリズムを作って掴んでみる。
ギューッと引き上げるように掴んでみる。

…できる。
…できた…のかな。

恋人の隆とのデートまで、あと1週間を切っていた。
膣トレを始めてから、会えない寂しさよりも「次までに変わりたい」という想いが強かった。
それは、緊張感でもあったのだろうか。
今、膣トレの成果を少し実感すると、隆への愛おしさがこみあげてくる。
上手にできた料理を早く食べてほしいときのように、甘いソワソワが胸で弾けていた。

得体のしれない心地よさ

感じる女性

(そういえば…)

葉子が「慣れてきたら、使ってみるといいよ」とバイブ機能のことを言っていたのを思いだした。

(これ…だよね)

リモコンのボタンをカチッと押す。

ウィィィ…。
インナーキュートが、カラダの中で震えた。

一瞬、全身が緊張した後、腰が引ける。 ゾワゾワと、得体のしれない波が、腰から全身に広がっていく。
得体はしれない…でも、心地いい。
得体はしれない…でも、止めたくない。

私は、細くて長い息をつきながら、ソファに座り込んだ。 お尻がソファにつくと、いっそう振動が響く。
その振動に手を添えるように、両手でウエストから太ももにかけて撫でる。

「あぁぁ」

そんなつもりはなかったのに、撫でられる太ももが心地よくて、息が温度を上げる。
だんだんと、太ももの外側を撫でていた手の平が、内ももへと分け入った。あまりにも素直に開く2本の脚に、興奮している自分を知らされて、さらに高揚する。

両手が、吸い寄せられるように中心へと近づく。
ふたつの肉の花びらは、その内側からの振動で、マシュマロのように柔らかくなっている。そっと指を這わせると、温かく包まれるような快感がジワッと湧いてきた。

「はぁぁ…ぃぃ」

そっと撫でているだけなのに、内側からの振動とあいまって、ひと撫でごとに大陰唇が敏感になっていく。

(ここって、こんなに気持ちよかったの…)

徐々に、マシュマロの内側に隠れている快感の粒が、ムクムクと、大きさも敏感さも増していく。

「ダメ…」

口にしながら、私は、左右のマシュマロで快感の粒を挟んだ。パチンとブドウの皮が弾けて果汁に濡れた実が飛びだすように、快感の粒が瞬時に目覚めた。

その弾けが体の芯を伝って脳に届くと、もう止まらなくなってしまった。
両手の指先でマシュマロがつぶれるくらいに快感の粒を挟んで、こねる。
マシュマロも、その中にある粒も、決して壊れないように。でも、果てしなく執拗に。

体の内側からくる振動が、絶妙な和音を奏でて、全身の細胞を何倍にも敏感にしていく。

中って…こんなに

オーガズムの女性

無意識に、左手はインナーキュートのストラップ部分に伸びていた。右手だけで左右のマシュマロを挟む。
ストラップを軽く引っ張っる。
ギュイン…と音の出そうな快感が、カラダの内側に響く。壁の刺激される部分が少しずれるだけで、こんなに反応する…。
クイックイッとストラップをリズミカルに引っ張りながら、右手はマシュマロの上を弧を描くように踊る。

(あぁ…きそう…)

欲望の渦が、体の真ん中ですべてをすいこみ始めていた。
カラダの壁がインナーキュートをキュッと吸い上げる。
渦の巻きこみがさらに激しさを増す。

(何これ…なんか…いつものオーガズムと…違う…。中って…こんなに、きもちいの…?)

さらに、渦の奥深く深くへと快感とインナーキュートを吸い上げようとするカラダに、息も声も荒くなる。
バイブレーションの響きと、溢れる愛液のくちゅくちゅという音に、膝がガクガクと震えて、全身にあらがいようのない力がこもっていった。

「だめ…いく…っ」

膝が小刻みに暴れて、暴れて、暴れて、…脱力した。

ぐったりとソファにもたれて、息を落ち着ける。
オーガズムの渦へと吸い込まれた後も、カラダは、インナーキュートを掴まえていた。



⇒【NEXT】「思い切り激しいキスを数秒間して、彼は私の脚の間へ…」(あなたを掴まえたい 第5話)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ さくらの恋猫ぬくぬく企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう