注目のワード

官能小説 あなたを掴まえたい 8話

リコ、ありがとう

彼女をいたわって腰をマッサージする男性の手

全身の肌がぼーっとかすみそうな感覚が、ベッドの中に溶け込みそうになる。

「大丈夫?」

恋人の隆の声。
ソファで私のカラダの中にインナーキュートを沈ませて、バイブレーションのスイッチを入れたり切ったりしながら、「いっちゃだめ」と言い続けたのは、彼なのだ。私の息を荒くさせ、ぐったりとさせた張本人が、ソファからベッドへと私を運び、心配の声をかけている。

「ちょっと疲れちゃったね、リコ」

マッサージをすると言って、彼は私の姿勢を整えた。

私は、されるがままにうつ伏せになる。

「リコね、気づいてないかもしれないけど、締まりがよくなっただけじゃないんだよ。くびれも、ヒップも、すごくいいカーブになってる」

彼は私のウエストにほんのりと温かいオイルを塗って、優しくマッサージしてくれる。

「リコ、ありがとうね。俺のこと考えて、いろいろしてくれたんだね」

ちょっと照れくさそうな彼に、「恥ずかしい」と顔を枕に押し付けた。

綺麗だから…

裸の彼女の写真を撮る男性のスマホ画面

「リコ、綺麗。写真撮っていい?」

全身のマッサージが終わると、彼は、少しベッドから離れて私を眺めながら言った。

「写真!?ダメ!何のため?」

条件反射のように、私は拒否をした。

「ほんとに、すごく綺麗だからさ。写真撮って、リコにも見せたいんだ」

私は、思わず体を丸めてしまう。

「ほら、そのポーズもすごくいいよ。やっぱり、見せたい!」

彼は、私の拒否などなかったことのように、ポケットからスマホを出した。

「ほら!」

無邪気とも思える彼の姿に、怒る気力は出てくるはずもなかった。
彼の差し出したスマホの画面を見ると、確かに…。確かに、自分で認識していたのとは少し違う私が、そこにいた。

「あ…」

「だろ?」

私は、思わず彼と視線を合わせる。
嬉しそうな彼の表情が、スッと光った。

撮るだけじゃ、終わらない…

お尻を突き出してベッドの上で感じる女性

「リコ、こうなって」

私を横向きにして、手と脚を整えると、彼はまた、私から離れて写真を撮る。

「いい、ウエストからヒップのライン、最高だよ」

「やめてよ、恥ずかしいな…」

口をついて出る言葉が本心なのかどうか、私は、少し分からなくなっていた。

「どうして?じゃ、今度は、うつ伏せになって、少しだけお尻上げて」

「えぇ…」と渋りながらも、ゆっくりと姿勢を変えてしまう。

「こう?」

彼の言う通りに、お尻をキュッと上げる。ザワザワとくすぐったいような感覚が腰に走る。

「いい。すごく色っぽいよ」

隆の声に、くすぐったさが増した。

「リコ。今度は、膝ついてよ。膝ついて、お尻をもっと突き上げて」

私はその声に、もう黙って従っていた。
うつ伏せのまま膝を立てて、お尻を突き上げるように腰を逸らす。

「脚、開いて」

「それは、ダメ!」

「ほら」

彼の手が私の脚に触れてそっと促す。
意外なほどあっさりと、自分の脚が左右に動いて、撮られていることよりも、そのほうが恥ずかしくなる。

「そう…」

彼がまた私から離れると、フラッシュが何度か光った。

「リコ、そのまま、右手でワレメを触ってごらん」

「イヤ、そんなの」

「いいから」

彼の声に制されると、私の右手は、素直に動いた。
そして、真ん中に触れると、「え…」と声が出て、手が止まってしまう。

「濡れてるだろ?」

「どうして…」

肯定も否定もできない私の返事に、彼は
「濡れてるんでしょ?気持ちよくなりたいんでしょ?いいよ、触って。指、中にいれてごらんよ」とまたフラッシュを光らせた。
枕の上でかぶりを振りながら、それとは裏腹に、指は彼の言う通りに動いてしまう。閉じている瞼の向こう側に強い光を感じるたびに、カラダは敏感になっていく。

「あぁぁ」

閉じていたはずの口から、声が漏れてしまう。

「いやらしいね、リコ。こうやってエッチな写真撮られて、どんどん濡れちゃって」

「いやん…言わないで…」

「どうして?本当に綺麗だよ。もっとぐちょぐちょにかき回しな。全部、見てるから」

「こうして?…あぁぁ…ねぇ…こうして?」

私は、さらにお尻を高く突き上げ、右手の人差し指だけでなく中指も泉に押し込んだ。

ピチャピチャと音を立てて溢れる愛液が、激しく出し入れする指を伝って、手首まで濡らしていた。



⇒【NEXT】隆の指が、しっとりと濡れ溢れている泉に触れた。(あなたを掴まえたい 9話)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ さくらの恋猫ぬくぬく企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう