注目のワード

官能小説 あなたを掴まえたい 9話

奪われていく自由

彼に目隠しを装着される彼女

ベッドの上でお尻を高くつき上げて、蜜をかき出すようにグチュグチュと泉の中をかき回し、熱い息と声を漏らしている。

ひとりエッチ…では…ない。
これは、何と呼ぶのかしら…?

ベッドサイドでは、恋人の隆がスマホで私の写真を撮っている。

また、フラッシュが光った。その光に反応するように、泉からはさらに甘い蜜が溢れてくる。

「もっと、気持ちよくなるよ」

不意に頭を撫でられる。
柔らかなコットンの感触が、一瞬頬に触れたかと思うと、隆は私の頭をスッと持ち上げた。
優しいコットンは、そのまま目の前を覆っていく。

「隆…、何?」

目隠し

「いや…」

泉から指を抜こうとすると、それよりも一瞬早く、彼が私の手首を捉えた。そして、私自身の指が中をかき回すように、私の手を操作する。

「ほら、こうやって音出して喜んでいるんだよ。本当に嫌?」

「似合うよ、目隠し

隆は、いったんベッドサイドに離れてもう1枚写真を撮ると、また私の手を捉えて泉から抜いた。そして、私を仰向けにすると、その指を彼の口に含む。

「美味しい、リコの気持ちいい汁」

「やめて…はずかしい」

「ほんとに美味しいよ」

彼は、仰向けになっている私の両膝を立てた。
そして、太ももの後ろに私の両腕を回す。

もっと、奪われていく自由

目隠しをされて、手を手錠で拘束され、彼に攻められて感じる彼女

(どうして、こんなこと…)

その疑問が言葉になる前に、目元を隠しているのと同じ優しさのコットンが、私の手首に巻かれた。
パチンとボタンが留まる音が何度かして、クッと手首の拘束感が高まる。

「ちょっと…隆…」

言いながら、腕から脚を外そうとするけれど、…抜けない。
もがけばもがくほど、自分の不自由さを突き付けられた。

「きれい…」

彼は、私を改めて仰向けにすると、太ももの裏側から脚をぎゅっと抱える恰好にさせた。私は、自分の泉があらわになっているのかと赤面した。目隠し をされていると、脳裏に浮かぶ風景が瞼の裏側に妙にくっきりと映し出されてしまう…。

「ほら、リコ、丸見え」

隆の指が、しっとりと濡れ溢れている泉に触れた。泉の入り口からクリトリスに向けて、スーッと線を引くように撫でる。

「あぁん…」

もどかしくて、腰をうねらせてしまう。

「丸見えで、どんどん濡れてくるよ…ほら」

彼は何度か泉とクリトリスを指で往復すると、指先に愛液をすくい、私の鼻先に近づけた。
そして、耳元で、わざと大きく音を立てながら、また口に含んだ。

暴れるボールと…快感

手を拘束されて男性にアソコを攻められて感じてしまう女性の足

「もっと、して欲しいでしょ?」

質問などする気は、まるでない質問を投げながら、彼は、何かを私の泉に当てた。

(あ…これ…)

インナーキュートだ。
膣トレのために買った、インナーキュート
ついさっきリビングで、泉の中に収められ、隆にリモコンを操作されたインナーキュート

「また、入れたいでしょ?」

また、まるで質問をする気のない様子で、入口でもったいつけて、転がしている。

「あぁ、リコ。どんどん溢れてきちゃうよ。そんなに入れてほしいんだ」

「あぁぁ…隆…お願い…いれて」

バイブレーションのスイッチが入れられると、私は、欲望を躊躇できなくなっていた。

「まだ、だめ」

彼は、指でしたように、インナーキュートでも線を引いて、クリトリスにそっと触れた。

「あぁぁ」

鮮やかに弾ける快感に、不自由な体を波打たせる。

ズボッ…
波打った拍子に入ってしまったのかという勢いで、インナーキュートが、泉の中に沈む込んできた。

「あんっっ」

さらに奥に入ってくるように、思わず腰を動かしてしまう。

「そんなに欲しかったんだ」

彼は、そっと私の膝を支えながら、インナーキュートを引き出して…またグッと押し入れて…。その動きが、少しずつ速度を増していった。

「はぁぁ…いい…」

2つのボールが、泉の中で暴れる…。コロッと入り口を広げてボールが出てくる快感と…。
一気に奥にグッと押し付けられる快感と…。泉の中の壁の思いがけないところをノックされる快感と…。
ボールだけでなく、快感もカラダの中で暴れまわっていた。

「隆…だめ…もう…我慢…でき…ない」

歯を食いしばり、目隠しの中でもグッと瞼を閉じて、訴えた。

「いいよ…リコ。今度は、いっていいよ」

その声を聞いたとたん、

「あぁぁ。だめ…。い…っくぅ…」

太ももを抱えたまま、全身の細胞が、一気に弾けた。



⇒【NEXT】「嬉しい…。こうやって、隆を掴まえたかった…」 (あなたを掴まえたい 最終話)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ 決算セール
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
  • クンニ
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう