注目のワード

官能小説 Vな彼女と彼氏 後編【LCスタイル】


ホテルに行こう

『定休日』

拓馬が行こうとしていた店のドアにはそう掲げられていた。

「ここのバー。オススメって、ネットに書かれていたんだけどね」

ばつが悪そうにする拓馬は、腕時計で時間を見た。

「拓馬。そういえば、時間は大丈夫?」
「俺は今日はどこかに泊まるから。気にしないで」
「どういうこと?」

拓馬の言葉が引っかかり、結華は尋ねた。拓馬は「今日はたまたまこっちに帰って来ていて、いま住んでいるのは……」と、いま結華たちがいるところからいくつも離れた県の名前をあげた。それはここから容易く行き来するには難しい距離であった。

「だから、次にこっちに来るのは来月になるかも。ところで、結華の住んでいるところはどこだっけ。終電、大丈夫?」
「ちょっと、待って。いま調べる」

スマートフォンを取り出して、結華は終電の時刻を調べた。表示された時刻は、いまいる場所から小走りで駅まで行けば間に合う。だが、結華は内心それどころではなかった。「どうだった?」と尋ねる拓馬の声がすると、慌てて結華はスマートフォンをカバンに入れた。

「うーん? もう間に合わない……かなぁ」

困ったような顔を精一杯作って、結華は言った。

「えっ! ごめん、遅くまで引き留めてしまって。タクシーで送るよ」

大通りを探そうとする拓馬の腕を、結華は掴んだ。

「私は帰りたくない」

次に拓馬に会えるのは来月だ。それはあまりにも長く遠い。しかも、来月に必ず会えるとも限らない。次のチャンスはいつ来るか分からない。

「拓馬と一緒にいたい」

腕を掴んだまま、結華は上目で見た。拓馬は結華をしばらく見つめた後、視線を宙に泳がせた。そして、遠くにあるいくつもの『HOTEL』と書かれたネオンの看板を見つけた。結華もそれを見ると、拓馬をじっと見た。こくりと、頬を赤くして結華は小さくうなずく。

「『初めては拓馬と』って決めたから。行こう」

拓馬は結華の手を取ると、ゆっくり歩き始めた。コンビニ袋を持った手で、拓馬は部屋の入口で電気を点けた。狭くて短い廊下を少し進む間に、ドアがふたつ見えた。反対側の壁には小さな絵がいくつか飾られていた。

大きな空間に辿り着くと、暖色系の照明に照らされたキングサイズのベッドが目に入った。結華も拓馬もギョッとしたが「ここはそういうことをする場所である」ということを思い出すと、ふたりは赤くした顔を見合わせるしかなかった。

初めてのラブホテルでローションやローターに驚く男女

部屋の隅に小さなガラステーブルとソファが見えたので、カバンを持ったまま結華はいそいそと座った。拓馬はコンビニ袋をガラステーブルに置くと、近くにあるクローゼットに、カバンとジャケットを入れた。

「結華のも貸して」

手を伸ばした拓馬に、慌てて結華もジャケットとカバンを渡した。

拓馬は部屋を見回すと「先に、俺……行ってくるから」と歯切れ悪く言った。 来るときに通ったドアのところに行き、閉まる音がすると結華はソファにもたれ込んだ。 おそらくあれはトイレと浴室だろう。しばらくするとシャワーの音が聞こえた。 ふと、拓馬のシャワー姿が結華の頭に浮かんだ。

筋肉質でたくましく、無駄のない体。上から降り注ぐシャワーの水滴が、濡れた茶色がかった髪を通って、滑らかな肌を伝い落ちていく。そして、やがて水滴は下半身へと落ち、その下半身は――……。

「うわわわ!」

ぶんぶんと結華は頭を横に振った。どうしても、想像がやけに膨らんでしまう。心を落ち着かせるために、壁を見ていると大きな薄型テレビがあった。

――私の実家のものより大きいなぁ。ここで映画を見ると楽しそう。

思っていたよりも普通の部屋構えに結華は感心した。

――ラブホテルって、もっと派手なものだと思っていたし。

壁紙が真っ赤やピンク。プールや怪しい設備。浴室やトイレが丸見え。

どこから得た知識か分からないが、結華が想像するラブホテルはそのようなものであった。けれども、ここには落ち着きがある。そこらのビジネスホテルよりも、高級感があるのではないだろうかとすら思えた。

「拓馬、まだかなぁ……。まだ、だよね。やっぱり」

シャワーの音はまだ聞こえていた。居ても立ってもいられず、結華は部屋を探索した。テレビの下に小さな冷蔵庫が見えた。狭い冷蔵庫であったが、ふたり分の飲み物は入るように思われた。結華はしゃがみ込むと袋から出して入れた。途中でコンビニに寄ったのだが、当然ながら結華は上の空であった。緊張を鎮めようとして、思わずアルコールに手を伸ばしかけたほどである。

「ん?」

立ち上がりかけたとき、冷蔵庫の奥にもうひとつ冷蔵庫があることに気づいた。

「……げっ!」

しゃがみ込んで近づいて、結華は尻もちをついた。それはローターやバイブといったアダルトグッズの自販機だった。他にもローションやコンドーム、さらには精力増強の怪しいサプリメント、そして穴の開いた下着まで売られている。

――こんなのまであるの!?

結華はベッドに腰かけ、動揺を鎮めるためにテレビをつけた。チャンネルを切り替えていくが、深夜の番組は見慣れていないせいか、どれも面白そうに感じられた。どれにしようかと選びながら、結華は軽快にリモコンのボタンを押していく。

『あっ、あんっ! あ〜んッ!』

大きな喘ぎ声と一緒に、ぼやけた肌色が画面いっぱいに映った。

『そこ、だめっ! いやっ、あぁんっ! おかしくなっちゃう〜!』

目を皿のようにし、結華はリモコンを手にしたまま固まった。均整のとれた艶めかしいボディが四つん這いになっており、大きな胸が激しく左右に揺れていた。女性が男性に後ろから激しく突かれている。はちきれんばかりの、豊満だが柔らかそうな胸がアップで映る。

「ゆ……結華……?」
「拓馬ぁ!?」

声がした方を見ると、拓馬がいた。拓馬はバスローブを身にまとっていた。筋肉がほどよくついている体格に目を奪われる。バスローブの隙間から鎖骨と胸板が見えた。

一緒にいたかったから

「これは、違うの! 偶然、チャンネルが!」
『イェスッ! アハ〜ン! カモォン!』

驚いた結華の指が他のボタンを押す。先ほどよりも豊満なボディを持つ金髪女性が映った。それが男性の上で野性的に動くものだから、上下の胸の揺れがとにかく激しかった。ふたりとも思わず、金髪美女の咆哮のような喘ぎ声と動きに釘づけになった。

湯気が浴室に溢れていた。熱いシャワーを浴びながら、結華の頭の中はアダルトチャンネルのことでいっぱいだ。

――ひょっとして、私もあんなことするの?

金髪美女のそれはさておき、問題は四つん這いになっていた女性である。初めての機会でいきなりバックは怖い。かといって、どういったものが良いかとなると、それはそれで分からない。結華にとっては、すべてが未知のことなのである。

「はぁ……どうしよう」

蛇口を締めながら溜息が出た。いまになって怖くなってきた。洗面所の大きな鏡に映った自分の姿は、柄になく弱気なものだ。結華はその姿をしばらく見つめ、頬をパシッと強く叩いた。そして、強い眼差しで鏡の中の自分を見た。

――弱気になってどうする!

気合を入れ直した結華は、備え付けのバスタオルで丁寧に体を拭き始めた。タオルで肌を撫でると、さっと水玉は綺麗に消えた。ぷるぷるとした肌触りがあり、毛穴も黒ズミも目立たない。化粧を落とした素肌にも透明感がある。

ポーチを開けると、結華はウェットティッシュを取り出した。『ジャムウ・デリケートウェット』である。自宅ではこの固形石鹸である『ジャムウ・ハーバルソープ』を使っているのだが、出先でデリケートゾーンの臭いが気になったときのために持ち歩いていた。

――持ち歩いていてよかった。夏だから蒸れるし……。

念入りにシャワーを浴びたといえども、臭いが消えたかは疑問である。普段からワキやデリケートゾーンの臭い対策として『ジャムウ・ハーバルソープ』でパックをしているが、念には念を入れるべく、結華は『ジャムウ・デリケートウェット』で気になる箇所を拭いた。

拭き終ってポーチを見ると、薄ピンク色の袋を見つけた。

『シャイニング ラブエステ』

それはボディローションのサンプルのようであった。ポーチに知らぬ間に入っていた。いつもは風呂上りに『プエラリア・ハーバルジェル』で保湿をしていたが、今日は手持ちがなかった。商品名が気になったこともあって、折角の機会なのでこのサンプルを使ってみようと思った。

「いい香り!」

思わず、結華は声に出した。袋を開けてまず感じたのは、ベリーの甘い香りだ。とても美味しそうな香りであった。手のひらに取り出すと、とろっとした乳白色の液体が出てきた。指で触っていると糸を引く。ボディローションにしては、粘度が高いように思われた。

――どうか、素敵な夜になりますように。

そう思いを込めて、結華は肌に塗った。初めに感じたとろみとは裏腹に、肌にすっと馴染み、まるで魔法をかけてくれたかのように『シャイニング ラブエステ』は素肌を映えさせた。照明の下にある体は、自分のものながらも輝いて見えた。

バスローブを着ると、髪を乾かした。結華は鏡に向かって、自分に気合を入れる意味でにっこりと微笑んだ。恋をしている自分が楽しく、これから拓馬に会うのがとても待ち遠しかった。

部屋に向かうと、拓馬はベッドの上でテレビを見ていた。結華が近づくと、拓馬はこちらを見た。そして、目を瞬かせた。

隣に座る間も、拓馬は結華の顔をじっと見つめていた。化粧を落としたから、何か言われるのではないだろうか。先ほど自信を持っていたといえども、あまり見つめられるのが怖く感じられた結華は、無意識にバスローブの袖を掴んだ。

拓馬はテレビを消し、ベッド脇にあるパネルに触れた。部屋中のライトが薄暗いものになり、結華はそっと後ろから抱きしめられた。これから始まるのかと思うと、結華は呼吸を忘れてしまうほどだった。

「……いい?」
「いいよ」

問い掛けに結華は優しくうなずく。拓馬は結華を寝そべらせ、彼女の腰元にある結びをほどいた。エアコンによる冷たい空気が結華の胸を撫でる。ショーツだけになった肌を見て、拓馬の動きが止まった。ごくりと息を飲み込む拓馬の手は宙をさまよう。まるで、結華の素肌に恐れを抱いているかのようであった。

「……ごめん……俺も……」

控えめな声に「えっ?」と結華は顔を上げた。拓馬は正座をして言った。

「男がこんな年で初めてなんて、ね……その……」

言葉が続くにつれて、表情どころか声も次第に曇ったものになった。結華は首を微かに傾げた。ここは相手を思って察するべきであったのかもしれないが、素で意味が分からなかった。「初めてって何が? ホテルでエッチするのが?」などということを真面目に思った。

「いままで……一度も女性と付き合ったことがないんだ」
「えぇ!?」

結華はバスローブが脱げたこともお構いなしに、勢いよく起き上がった。

「ということは、つまりはそういうことも……?」

結華が尋ねると、拓馬は手で顔を覆って小さく何度もうなずいた。結華は大きな衝撃を感じた。拓馬のような素敵な男性ならば、女性と付き合ったことも性経験もあるとすっかり思い込んでいた。けれども、実際は女性と付き合った経験すらないと言う。

「ここに来ようと思ったのは、どうして?」
「結華と一緒にいたかったから」

拓馬から心なしか、ぐすりと泣き声が聞こえた。

――私がホテルに行こうと言ったのもあるだろうし。それに……。

『据え膳喰わぬは男の恥』という言葉が結華の頭に浮かんだ。もしかすれば、これもあるだろう。

「一緒にいるだけなら、ホテルは断ってくれてもよかったのに」

そんな結華の言葉に、拓馬は困った表情を見せた。

「『初めては結華と』って、俺も決めていたから。だから、あのとき結華が言ってくれて……嬉しかった」

軽く笑みを浮かべた拓馬を見て、結華は正座をした。

「ふつつかものですが、宜しくお願いします」

結華が一礼して言うと、拓馬も驚きながらも「こちらこそ」と一礼した

甘い熱い凹凸

寝そべった結華の胸に、拓馬の手がおそるおそる触れた。

「滑らかで柔らかくて……温かい。すごく綺麗。良い香りがする」

目を細めた拓馬は、きらきらと眩しい。結華の胸はこそばゆくなる。拓馬は結華を抱きしめ、まるで独り占めするかのように結華の香りや感触を感じ取った。拓馬の体は結華を包み込むくらいに大きい。小さい頃の面影は、外見にはあまり見当たらない。

とくとく、と脈打つ音がする。拓馬が聞いているだろう自分の音が、結華にも聞こえたような気がした。それに合わせて、固く結ばれていた緊張の糸も解けていった。

「ん……っ、ぁ……」

不意に乳首をなぞった拓馬の舌に、結華は思わず息をもらした。

拓馬は「あ」と声を小さく上げ、舌で何度か乳首を舐めた。細やかな舌触りは、くすぐったくて、どこか気持ち良い。結華がその感覚に浸っていると、今度は乳首を軽く吸われた。ちゅっ、と静かに音が鳴る。結華の耳に吸われた音が鮮明に入った。軽くされただけのことなのに、まるで体の力を芯から吸い取ってしまうかのようであった。

「体になにかつけているの?」

拓馬は唇を体から離すと尋ねた。

「ん、ん? ボディローションをつけてみたけど」
「それかも。甘い味がする」
「そう? ごめん、知らなかった……」
「いいよ。この味、俺は好きだよ」

呟くと、拓馬は結華の鎖骨に唇を当てた。そして、肩や首筋にキスした。拓馬は結華の肌にキスをするたびに、ちゅっちゅと音を鳴らした。そうして、何度も結華の体を味わった。

ぺろぺろと体のあちらこちらを舐められるたびに、最初はくすぐったいと感じていたものが、結華のなかで次第に気持ち良さへと変化する。

「あ、っ……」

身をよじった結華の手が、太ももを舐めていた拓馬の髪をくしゃりとした。薄明りの中で行われていたのもあってか、拓馬のすることも彼自身も、幻想的でありエロティックだ。結華は自分の顔が、ぼんやりと熱くなっていくのを感じた。拓馬の体へのキスのみならず、込み上げてくるものによって体の力が奪われていく。

拓馬の舌が、結華の少し開いた唇にゆっくりと侵入する。唇がグミならば、舌はゼリーに思われた。温かくてぬるっとした膜をまとったゼリーが、結華の舌を探して求めて、そして絡み合う。

「ふ、っ……ぁ……」

初めての感覚はとても不思議なものであった。舌同士が触れたとき、結華の背筋はぞわりとした。甘いベリーの味がした。これが拓馬の言っていたボディローションの味だろう。

その甘さに誘われたのもあって、結華は拓馬の舌を求めた。拓馬も結華の舌を迎えた。頭が次第にぼうっとしていく。拓馬のキスによって意識がとろける。

自分たちは深く繋がっていると結華は思った。

「っ、は……ぁ、……」

水中で空気を求める如く、結華は途切れ途切れに息継ぎをした。息継ぎをしていると、唾液が口から何度も溢れそうになる。結華の口内は、とろみを持った唾液で潤っていた。拓馬は結華の舌を吸ったかと思えば、そのとろみを使って今度は唇で優しくはんだ。

拓馬は唇同士も軽く擦らせた。温められてとろけたグミが、結華の唇を撫でる。体がぞくぞくとする快感に結華はまた声をもらす。拓馬にすっかり翻弄されていた。

――もっと沢山触って欲しい。

ショーツの下で蜜壺から愛液が溢れ出て、濡れた肉芽が触れて欲しいと求めている。 乳首も主張するかのように、つんと立っている。 敏感になった結華の体は、ただひたすら拓馬を求めていた。

拓馬がバスローブを脱ぐと、無駄のない引き締まった立派な胸板が現れた。

結華は拓馬の下半身を見た。下着の大きな凸に目を奪われる。

――あれが……そっか、私のなかに入るのか。って、入るの?

結華は男性の性器の平均サイズなんてものは知らない。だが、拓馬のそれは「ちょっと大きいのでは?」と思うサイズに感じられた。頭の中で、もうひとりの自分が騒ぎ始める。

拓馬は結華のショーツに手をかけた。タイミングに迷っているかのような表情と手つきだ。結華は拓馬が脱がしやすいように腰を浮かせた。脱がされていくショーツ。もっと可愛いものをはいて来たらよかったという後悔は、とうの昔に風呂場に置いてきた。

現れた秘部は蜜に溢れており、ショーツまで濡らしていた。すらっとした脚の間にあるのは、柔らかな毛に覆われたもの。なだらかな丘を描き、一筋の線がある。

拓馬は結華の脚の間に体を入れて、彼女の秘部を見た。

「あまり、まじまじと見ないでよ……恥ずかしい」
「ごめん。でも……綺麗。結華はどこもかしこも綺麗だ」

拓馬はその割れ目に沿って、指を這わした。双丘を開くと、とろとろした、まるでシロップのような愛液が指に絡みついた。両手を使って、ぷっくらと赤く膨らんだ肉芽の皮を剥く。愛液による濡れで、よりいっそう敏感になっていた肉芽に触れた。

「あっ、ん……!」

男性の太い指に結華は思わず体を強張らせるが、拓馬は指を激しく動かすということはしなかった。指で優しく擦っただけだ。拓馬は中へと通じるくぼみに気を遣いながら、肉芽を指の腹で優しくなぞった。軽く力を加えてこねることもしてみた。結華はそれらのひとつひとつに、気持ち良い声をあげ、身をよじらせた。

拓馬が肉芽をいじっていると、シロップがどんどん溢れてくる。指に絡みつく量が増え、肌を伝い落ちてシーツに染みを作った。拓馬が指を動かしていると、くちゅくちゅとした粘着質な音がする。

「なんだか恥かしい……」

結華の声は消え入りそうである。けれども、結華は拓馬に「止めて欲しい」と言えなかった。拓馬にいじられることに悦びがあった。

王子様

ベッドに身を沈めた結華の体には汗が滲んでいた。部屋には結華の熱っぽい声と吐息、そして、体から発する粘着質な音が聞こえていた。拓馬は空いた手で結華の胸を愛撫した。触ってくれと立っている乳首を、肉芽と同じようにいじる。

「はぁんっ! だ、だめぇっ……!」

二か所からの攻めに、結華の喘ぐ声が大きくなった。体の奥が疼き、快感が増す。そうかと思いきや、快感ポイントがそれて絶頂から少し遠ざかった。

しかし、また絶頂に近づけられる。思うように導かれないもどかしさ。このままされ続けると、頭がどうにかなってしまいそうだ。

「っ、はぁ……はぁ……いきそうっ……!」

ぼんやりとする頭は、結華に無意識にそう呟かせた。じわじわと拓馬によって込み上げる快感が、はっきりとしたものになる。結華は拓馬の指に翻弄されながらも、着実に拓馬によって絶頂に導かれるのを感じた。

結華の声を聞き、拓馬は指の動きを少し強めた。

「やっ! あぁ、ん!!」

途端、結華は身を反らせた。秘部を始点として、電流が体中を駆け巡る。そして、頭のなかで炭酸が弾けた。しゅわしゅわとした余韻で、結華は何も考えられない。拓馬が指を離し、結華は無意識に体をびくりとさせた。拓馬は指についた愛液を舌先で舐め取った。

拓馬の指に絡みついたシロップのような愛液は、薄明りのライトに反射し、きらめいていた。脱力感と羞恥心に襲われている結華に、拓馬は軽くキスをした。

「さっきの結華、綺麗だったよ」

拓馬は恥ずかしがる素振りもなく言った。おそらく素の発言だろう。

――悶えた姿や、イった姿を綺麗だなんて。

喘ぐ姿をそう表現されると、結華の心中は複雑である。どちらかといえば恥かしさが大きかったが、そのなかには嬉しさもあった。「綺麗だ」と拓馬は結華に何度も言っている。それに、自分の体どころか愛液を舐めることも厭わない。

ふかふかの大きなベッドの上で愛でられていると、結華はまるで自分はお姫様のような錯覚に陥る。

――拓馬って王子様みたいだし。ガトーショコラが好きな王子様。

ガトーショコラが大好きな彼とセックスを楽しむ

なんて幸せなのだろうか。

余韻でぼうっとした頭で結華が思っていると、衣擦れの音がした。拓馬が下着を脱いでいた。息を飲み、結華は見えたものに目を白黒させる。

「……まじまじ見られると恥ずかしいかも」
「あ、ごめん……」

今後は結華が謝った。下着越しの大きな凸は、やはり脱いでも大きい。

――痛いのかな? やっぱり、入るときって。

コンドームをつける拓馬の姿を見るのは、気が引けたので結華はベッドに寝転んだ。一度絶頂を迎えて気持ちはほぐれているはずなのに、結華自身、固くこわばっているように感じられた。

上にまたがった拓馬は、結華を見つめた。

「結華、怖い?」
「……うん。少し。……拓馬は?」
「俺はー……緊張しているけど嬉しい方が大きい。だって、大好きな結華がいま目の前にいるから。

そう思うと、身も心も繋がりたいって感じる」

拓馬は嬉しそうに、結華のひたいに軽くキスをした。拓馬の人柄を表すかのような、ふわっとした優しいキスだ。唇が離れるとき、拓馬は結華に微笑みかけた。結華は下から手を伸ばして、拓馬を抱きしめた。

「俺、幸せだよ」
「私も」

拓馬は結華の腰を浮かせると身を沈めた。

狭い入り口をこじ開けるように、拓馬の剛直が入っていく。思っていたよりも大きな質量と存在感だ。拓馬を抱きしめる結華の手に力が入る。大きな背中に痕を残すかのように、結華は爪を立てた。

「ん、んん、ぁぁ……」

結華は声をもらした。そして、同時に息を整えた。初めての剛直が優しく入ってくるといえども、体は驚いて抵抗しようとしている。

しかし、結華自身は抗おうとしなかった。気を抜くと体がいっぱいになってしまうような存在感だが、受け入れることを決めていた。

やがて、裂けた痛みを体の奥底に感じた。結華は拓馬を強く抱きしめ、息をもらした。

――これで本当に身も心も繋がった。拓馬と、本当に。

腰よりも手前あたりで、拓馬と繋がった感覚がある。初めての挿入に対するだが、幸いにも想像していたより痛みは感じなかった。じわりと結華の目頭が熱くなった。

拓馬の眉を寄せた表情が滲む。拓馬への愛おしい思いが大きくなり過ぎ、耐え切れず思わず涙が出た。決して、痛さの涙ではない。嬉しいから泣いているのだ。結華の胸にこみ上げるものがあった。

「結華、涙が……」

心配そうに見つめる拓馬は、結華の頬を撫でて涙を指で拭ってくれた。

「ううん。私、嬉しくて……それで……」

どうして、拓馬はこれほどにも自分を夢中にさせるのだろうか。結華は不思議でならなかった。これほどにも、互いのことを思える人と巡り合えることがあるだろうか。結華は、それは運命だとしか思えなかった。

「大好き。拓馬」

涙を零しそうになるのを堪え、結華は微笑みながら言った。拓馬は顔を赤くすると、そっぽ向いた。

「結華の笑顔はたまに怖くなる」
「どういうこと?」
「見ていると、自分を抑えきれなくなる。いま、こうしているときも」

ぐっ、と拓馬は結華に体を押し付けた。

「あ、あぁっん!」

体のナカいっぱいにあった拓馬の存在が、よりいっそう大きくなる。体を起こした拓馬は、髪をかき上げると動き始めた。ぎゅうぎゅうになった結華のなかで、拓馬の高ぶるものが滑りよく動く。

「あっ、ぁ、あ、ぁんっ!」

壁肉を擦られるたびに、結華は拓馬の下で甘く鳴いた。手を胸の前で固く握り喘ぐさまは、まるで子犬のようであった。その姿を拓馬は目をそらすことなく見つめた。薄暗い部屋では、拓馬の瞳は美しいまでの漆黒であった。

「あぁん、やだぁっ……」

足首を掴みあげられた結華は、指の間を舐められて声をあげた。くすぐったい感覚が結華のすべてを煽る。ふくらはぎに夢中でキスの雨を降らしながら拓馬が視線を送ると、かぁっと結華は顔に熱を感じた。一度とろけてしまった体が、またとろけてしまいそうだ。

「気持ちいいよ。結華のナカ、すごくいい」

ぐるぐると結華の頭の中で、快楽の深い渦が描かれる。

王子様

ベッドに身を沈めた結華の体には汗が滲んでいた。部屋には結華の熱っぽい声と吐息、そして、体から発する粘着質な音が聞こえていた。拓馬は空いた手で結華の胸を愛撫した。触ってくれと立っている乳首を、肉芽と同じようにいじる。

「はぁんっ! だ、だめぇっ……!」

二か所からの攻めに、結華の喘ぐ声が大きくなった。体の奥が疼き、快感が増す。そうかと思いきや、快感ポイントがそれて絶頂から少し遠ざかった。

しかし、また絶頂に近づけられる。思うように導かれないもどかしさ。このままされ続けると、頭がどうにかなってしまいそうだ。

「っ、はぁ……はぁ……いきそうっ……!」

ぼんやりとする頭は、結華に無意識にそう呟かせた。じわじわと拓馬によって込み上げる快感が、はっきりとしたものになる。結華は拓馬の指に翻弄されながらも、着実に拓馬によって絶頂に導かれるのを感じた。

結華の声を聞き、拓馬は指の動きを少し強めた。

「やっ! あぁ、ん!!」

途端、結華は身を反らせた。秘部を始点として、電流が体中を駆け巡る。そして、頭のなかで炭酸が弾けた。しゅわしゅわとした余韻で、結華は何も考えられない。拓馬が指を離し、結華は無意識に体をびくりとさせた。拓馬は指についた愛液を舌先で舐め取った。

拓馬の指に絡みついたシロップのような愛液は、薄明りのライトに反射し、きらめいていた。脱力感と羞恥心に襲われている結華に、拓馬は軽くキスをした。

「さっきの結華、綺麗だったよ」

拓馬は恥ずかしがる素振りもなく言った。おそらく素の発言だろう。

――悶えた姿や、イった姿を綺麗だなんて。

喘ぐ姿をそう表現されると、結華の心中は複雑である。どちらかといえば恥かしさが大きかったが、そのなかには嬉しさもあった。「綺麗だ」と拓馬は結華に何度も言っている。それに、自分の体どころか愛液を舐めることも厭わない。

ふかふかの大きなベッドの上で愛でられていると、結華はまるで自分はお姫様のような錯覚に陥る。

――拓馬って王子様みたいだし。ガトーショコラが好きな王子様。

ガトーショコラが大好きな彼とセックスを楽しむ

なんて幸せなのだろうか。

余韻でぼうっとした頭で結華が思っていると、衣擦れの音がした。拓馬が下着を脱いでいた。息を飲み、結華は見えたものに目を白黒させる。

「……まじまじ見られると恥ずかしいかも」
「あ、ごめん……」

今後は結華が謝った。下着越しの大きな凸は、やはり脱いでも大きい。

――痛いのかな? やっぱり、入るときって。

コンドームをつける拓馬の姿を見るのは、気が引けたので結華はベッドに寝転んだ。一度絶頂を迎えて気持ちはほぐれているはずなのに、結華自身、固くこわばっているように感じられた。

上にまたがった拓馬は、結華を見つめた。

「結華、怖い?」
「……うん。少し。……拓馬は?」
「俺はー……緊張しているけど嬉しい方が大きい。だって、大好きな結華がいま目の前にいるから。

そう思うと、身も心も繋がりたいって感じる」

拓馬は嬉しそうに、結華のひたいに軽くキスをした。拓馬の人柄を表すかのような、ふわっとした優しいキスだ。唇が離れるとき、拓馬は結華に微笑みかけた。結華は下から手を伸ばして、拓馬を抱きしめた。

「俺、幸せだよ」
「私も」

拓馬は結華の腰を浮かせると身を沈めた。

狭い入り口をこじ開けるように、拓馬の剛直が入っていく。思っていたよりも大きな質量と存在感だ。拓馬を抱きしめる結華の手に力が入る。大きな背中に痕を残すかのように、結華は爪を立てた。

「ん、んん、ぁぁ……」

結華は声をもらした。そして、同時に息を整えた。初めての剛直が優しく入ってくるといえども、体は驚いて抵抗しようとしている。

しかし、結華自身は抗おうとしなかった。気を抜くと体がいっぱいになってしまうような存在感だが、受け入れることを決めていた。

やがて、裂けた痛みを体の奥底に感じた。結華は拓馬を強く抱きしめ、息をもらした。

――これで本当に身も心も繋がった。拓馬と、本当に。

腰よりも手前あたりで、拓馬と繋がった感覚がある。初めての挿入に対するだが、幸いにも想像していたより痛みは感じなかった。じわりと結華の目頭が熱くなった。

拓馬の眉を寄せた表情が滲む。拓馬への愛おしい思いが大きくなり過ぎ、耐え切れず思わず涙が出た。決して、痛さの涙ではない。嬉しいから泣いているのだ。結華の胸にこみ上げるものがあった。

「結華、涙が……」

心配そうに見つめる拓馬は、結華の頬を撫でて涙を指で拭ってくれた。

「ううん。私、嬉しくて……それで……」

どうして、拓馬はこれほどにも自分を夢中にさせるのだろうか。結華は不思議でならなかった。これほどにも、互いのことを思える人と巡り合えることがあるだろうか。結華は、それは運命だとしか思えなかった。

「大好き。拓馬」

涙を零しそうになるのを堪え、結華は微笑みながら言った。拓馬は顔を赤くすると、そっぽ向いた。

「結華の笑顔はたまに怖くなる」
「どういうこと?」
「見ていると、自分を抑えきれなくなる。いま、こうしているときも」

ぐっ、と拓馬は結華に体を押し付けた。

「あ、あぁっん!」

体のナカいっぱいにあった拓馬の存在が、よりいっそう大きくなる。体を起こした拓馬は、髪をかき上げると動き始めた。ぎゅうぎゅうになった結華のなかで、拓馬の高ぶるものが滑りよく動く。

「あっ、ぁ、あ、ぁんっ!」

壁肉を擦られるたびに、結華は拓馬の下で甘く鳴いた。手を胸の前で固く握り喘ぐさまは、まるで子犬のようであった。その姿を拓馬は目をそらすことなく見つめた。薄暗い部屋では、拓馬の瞳は美しいまでの漆黒であった。

「あぁん、やだぁっ……」

足首を掴みあげられた結華は、指の間を舐められて声をあげた。くすぐったい感覚が結華のすべてを煽る。ふくらはぎに夢中でキスの雨を降らしながら拓馬が視線を送ると、かぁっと結華は顔に熱を感じた。一度とろけてしまった体が、またとろけてしまいそうだ。

「気持ちいいよ。結華のナカ、すごくいい」

ぐるぐると結華の頭の中で、快楽の深い渦が描かれる。

互いの心音

――あぁ、もう。ずるい。拓馬の何から何まで、ずるい。

蜜に溢れた壁肉が、拓馬の剛直をぎゅっと掴む。律動が激しくなる。粘着質な接合の音は、結華にとって決して卑猥ではなく、深く愛し合っている証拠だ。

「結華、素敵だ。堪らない。大好き。愛してる」
「私も好き。大好き」

結華は、うっすらと汗ばむ拓馬の頬やひたいにキスする。

「あぁっ、そこ、だめっ! あぁっ!」

結華は頬を紅潮させて、腰を浮かせて喘ぐ。

拓馬を必死にのみ込んで離さない結華。そんな結華の健気な姿に、拓馬は心を奪われる。なんて愛らしいのだろうか。そう思ってしまった自身と、結華のナカの心地よさに、拓馬は困ったような笑いをもらした。

身を揺さぶられるたびに、結華の身も心も熱くなる。拓馬が愛おしくて、どうすればよいのか分からなかった。結華は拓馬に身を任せ、彼を抱き締め続けた。結華の高ぶる感情と感覚は止まることを知らない。自分はどこにいき、どうなってしまうのか。皆目見当もつかない。

「あっ、あぁ! ダメっ、おかしくなっちゃう!」
「いいよ、結華の乱れるところをもっと見たいから」

結華にとって、自分を初恋と呼ぶ拓馬の一途さは、あまりにも無垢で眩しかった。拓馬をいま独り占めしているのだ。自然と結華は四肢を拓馬に絡ませ、自分から腰を動かしていた。拓馬が愛おしくてどうしようもなく、ひたすらに夢中であった。

「たくま、たくまぁ……! そこ、だめぇ……!」

拓馬も答えるように、腰を動かした。深く挿入された剛直が、結華のナカを何度も行き来する。擦りつけるように、剛直が結華の膣にある膨らみを刺激した。結華は恥骨の下に強い衝撃を感じた。背筋を崩されてしまうような衝撃が体中を駆け巡る。痛いような気もしたが、癖になる気持ち良さが確かにあった。

そこを刺激されるたびに、目尻に快感の涙を浮かばせて、結華は甘い嬌声をあげてしまう。そして、拓馬の名前を何度も呼んでいるうちに、結華の体から次第に力が抜けた。

「だ、だめぇ……」

下唇を噛み締めた結華は、手足をだらりとさせた。拓馬は結華の腰元を持って、彼女を悦ばせ続けた。初めて経験する快感に、結華は打ち震える。シーツを掴む力さえなく、ただ身を拓馬に委ねてしまう。

「はぁ、んっ!」

弓のように、結華は身をしならせた。突然、波が来た。それは電流のような激しいものではなく、もっと穏やかなものだ。

そんな優しい波に結華が包まれていると、拓馬の「いきそう」という言葉が聞こえた。結華は拓馬にキスをした。自分から緩やかに舌を動かした。絡み合う舌には、まだあのベリーの味があった。甘く、そして情熱的な味だ。

「く、っ……」

剛直がびくびくと熱を持って微かに震える。ゴムの薄い膜を越えて、結華は体の奥底でそれを感じ取り、受け止めた。息を詰めた後、拓馬は大きく呼吸をした。

拓馬の動きが止まっても、結華の壁肉はしばらく離そうとしなかった。

拓馬の唇から熱い吐息がもれ、彼は息を整える。ふたり共、優しく温かな波に包まれていた。たゆたうように抱き合い、互いの心音を聞いた。胸を内側から大きく叩いている音がする。

それは、先ほどまで激しく愛し合った零れものだ。真っ白になった結華と拓馬に、流れ込むように音が入る。優しく、心地よい音楽を奏でた。

互いの心音

――あぁ、もう。ずるい。拓馬の何から何まで、ずるい。

蜜に溢れた壁肉が、拓馬の剛直をぎゅっと掴む。律動が激しくなる。粘着質な接合の音は、結華にとって決して卑猥ではなく、深く愛し合っている証拠だ。

「結華、素敵だ。堪らない。大好き。愛してる」
「私も好き。大好き」

結華は、うっすらと汗ばむ拓馬の頬やひたいにキスする。

「あぁっ、そこ、だめっ! あぁっ!」

結華は頬を紅潮させて、腰を浮かせて喘ぐ。

拓馬を必死にのみ込んで離さない結華。そんな結華の健気な姿に、拓馬は心を奪われる。なんて愛らしいのだろうか。そう思ってしまった自身と、結華のナカの心地よさに、拓馬は困ったような笑いをもらした。

身を揺さぶられるたびに、結華の身も心も熱くなる。拓馬が愛おしくて、どうすればよいのか分からなかった。結華は拓馬に身を任せ、彼を抱き締め続けた。結華の高ぶる感情と感覚は止まることを知らない。自分はどこにいき、どうなってしまうのか。皆目見当もつかない。

「あっ、あぁ! ダメっ、おかしくなっちゃう!」
「いいよ、結華の乱れるところをもっと見たいから」

結華にとって、自分を初恋と呼ぶ拓馬の一途さは、あまりにも無垢で眩しかった。拓馬をいま独り占めしているのだ。自然と結華は四肢を拓馬に絡ませ、自分から腰を動かしていた。拓馬が愛おしくてどうしようもなく、ひたすらに夢中であった。

「たくま、たくまぁ……! そこ、だめぇ……!」

拓馬も答えるように、腰を動かした。深く挿入された剛直が、結華のナカを何度も行き来する。擦りつけるように、剛直が結華の膣にある膨らみを刺激した。結華は恥骨の下に強い衝撃を感じた。背筋を崩されてしまうような衝撃が体中を駆け巡る。痛いような気もしたが、癖になる気持ち良さが確かにあった。

そこを刺激されるたびに、目尻に快感の涙を浮かばせて、結華は甘い嬌声をあげてしまう。そして、拓馬の名前を何度も呼んでいるうちに、結華の体から次第に力が抜けた。

「だ、だめぇ……」

下唇を噛み締めた結華は、手足をだらりとさせた。拓馬は結華の腰元を持って、彼女を悦ばせ続けた。初めて経験する快感に、結華は打ち震える。シーツを掴む力さえなく、ただ身を拓馬に委ねてしまう。

「はぁ、んっ!」

弓のように、結華は身をしならせた。突然、波が来た。それは電流のような激しいものではなく、もっと穏やかなものだ。

そんな優しい波に結華が包まれていると、拓馬の「いきそう」という言葉が聞こえた。結華は拓馬にキスをした。自分から緩やかに舌を動かした。絡み合う舌には、まだあのベリーの味があった。甘く、そして情熱的な味だ。

「く、っ……」

剛直がびくびくと熱を持って微かに震える。ゴムの薄い膜を越えて、結華は体の奥底でそれを感じ取り、受け止めた。息を詰めた後、拓馬は大きく呼吸をした。

拓馬の動きが止まっても、結華の壁肉はしばらく離そうとしなかった。

拓馬の唇から熱い吐息がもれ、彼は息を整える。ふたり共、優しく温かな波に包まれていた。たゆたうように抱き合い、互いの心音を聞いた。胸を内側から大きく叩いている音がする。

それは、先ほどまで激しく愛し合った零れものだ。真っ白になった結華と拓馬に、流れ込むように音が入る。優しく、心地よい音楽を奏でた。

バレンタインの約束

エプロンをつけた結華は、鼻歌交じりで冷蔵庫から白い皿を取り出した。

そこには綺麗に焼かれた丸いガトーショコラがある。リビングのテーブルに置くと、チョコレートの香りがした。しっとりとしており、食べ頃である。結華はその出来映えに、思わず嬉しくなる。

「拓馬くんは、いつ来るの?」

来客用のティーカップを用意する母の言葉に、結華はスマートフォンを見た。

「あと30分くらいだって。……って、あ! これ、20分以上前のだ!」

そのとき、チャイムが鳴った。母の「拓馬くんじゃない?」との声に、結華は玄関に走った。約半月ぶりに拓馬と会うことに喜びを隠し切れず、結華はエプロン姿のままドアを開けた。

バレンタインデーに彼氏のために作ったケーキ

「拓馬! いらっしゃい!」
「こんにちは」

コートを羽織った拓馬は、挨拶を交わすと小さく笑みを見せた。「どうしたの?」と結華は首を傾げる。

「だって、結華。すごく嬉しそうだから。可愛いなぁ、と思って」

結華は心がむず痒くなる。ベッドの上だけでなく、普段も拓馬は直球な愛情表現を口にする。けれども、結華は未だに慣れない。にこにことする拓馬とは対照的に、いつも結華は照れを隠そうとするのが精いっぱいである。

――こういうところがズルい。サラッと言っちゃうんだよなぁ。

だから私は拓馬に敵わない。結華は内心で常々そう思う。

「どうしたの? 拓馬」

視線を感じて拓馬を見ると、彼は返事を待っているかのようであった。

「……拓馬も、その……カッコイイよ」

照れが体中から溢れて、うつむく結華の声は消え入りそうであった。けれども、拓馬はしっかりとその言葉を受け取っており、結華の頭をぽんぽんと嬉しそうに撫でた。

結華の母は拓馬の顔を少し見ると「ちょっと百貨店に」と買い物に出かけた。家から百貨店まではバスで片道20分程かかり、なおかつバス停まで徒歩10分である。これは気を利かせてのことだろうと、ふたりはすぐに察した。

リビングでテーブルを挟んで、結華と拓馬は向かい合っていた。彼らの前には、ワンホールのガトーショコラがある。

「これ全部、俺に?」
「だって、ずっと渡していなかったから」

十年分のガトーショコラ、と結華は恥ずかしそうに言った。

「食べ切れるかな。でも結華のガトーショコラ、大好きだから。俺、すごく嬉しい」

口角を上げ、拓馬はにっこりと微笑んだ。きらきらとした眩しいくらいの爽やかな笑顔だ。それは結華にとって、いつまでも変わらないもの。

結華は、きょろきょろと辺りをうかがうと、忍び足で拓馬の隣に座った。そして、家にいるのは自分たちだけであることを確認すると、拓馬の肩に寄りかかった。

「これからずっと、私のガトーショコラを食べてね」
「もちろん。よろこんで」

ふたりは見つめ合い、そしてゆっくりと唇を重ねる。窓の外では、雪が降っていた。

END

バレンタインの約束

エプロンをつけた結華は、鼻歌交じりで冷蔵庫から白い皿を取り出した。

そこには綺麗に焼かれた丸いガトーショコラがある。リビングのテーブルに置くと、チョコレートの香りがした。しっとりとしており、食べ頃である。結華はその出来映えに、思わず嬉しくなる。

「拓馬くんは、いつ来るの?」

来客用のティーカップを用意する母の言葉に、結華はスマートフォンを見た。

「あと30分くらいだって。……って、あ! これ、20分以上前のだ!」

そのとき、チャイムが鳴った。母の「拓馬くんじゃない?」との声に、結華は玄関に走った。約半月ぶりに拓馬と会うことに喜びを隠し切れず、結華はエプロン姿のままドアを開けた。

バレンタインデーに彼氏のために作ったケーキ

「拓馬! いらっしゃい!」
「こんにちは」

コートを羽織った拓馬は、挨拶を交わすと小さく笑みを見せた。「どうしたの?」と結華は首を傾げる。

「だって、結華。すごく嬉しそうだから。可愛いなぁ、と思って」

結華は心がむず痒くなる。ベッドの上だけでなく、普段も拓馬は直球な愛情表現を口にする。けれども、結華は未だに慣れない。にこにことする拓馬とは対照的に、いつも結華は照れを隠そうとするのが精いっぱいである。

――こういうところがズルい。サラッと言っちゃうんだよなぁ。

だから私は拓馬に敵わない。結華は内心で常々そう思う。

「どうしたの? 拓馬」

視線を感じて拓馬を見ると、彼は返事を待っているかのようであった。

「……拓馬も、その……カッコイイよ」

照れが体中から溢れて、うつむく結華の声は消え入りそうであった。けれども、拓馬はしっかりとその言葉を受け取っており、結華の頭をぽんぽんと嬉しそうに撫でた。

結華の母は拓馬の顔を少し見ると「ちょっと百貨店に」と買い物に出かけた。家から百貨店まではバスで片道20分程かかり、なおかつバス停まで徒歩10分である。これは気を利かせてのことだろうと、ふたりはすぐに察した。

リビングでテーブルを挟んで、結華と拓馬は向かい合っていた。彼らの前には、ワンホールのガトーショコラがある。

「これ全部、俺に?」
「だって、ずっと渡していなかったから」

十年分のガトーショコラ、と結華は恥ずかしそうに言った。

「食べ切れるかな。でも結華のガトーショコラ、大好きだから。俺、すごく嬉しい」

口角を上げ、拓馬はにっこりと微笑んだ。きらきらとした眩しいくらいの爽やかな笑顔だ。それは結華にとって、いつまでも変わらないもの。

結華は、きょろきょろと辺りをうかがうと、忍び足で拓馬の隣に座った。そして、家にいるのは自分たちだけであることを確認すると、拓馬の肩に寄りかかった。

「これからずっと、私のガトーショコラを食べてね」
「もちろん。よろこんで」

ふたりは見つめ合い、そしてゆっくりと唇を重ねる。窓の外では、雪が降っていた。

END

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>

あらすじ

ついにホテルへ入る2人…愛に溢れる拓馬は…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

魔性と純粋企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
凛野あかり
凛野あかり
マルチな活躍を目指す小説書きです。女性向け・男性向け、…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう