注目のワード

官能小説 Vな彼女と彼氏 4話

ホテルに行こう

『定休日』

拓馬が行こうとしていた店のドアにはそう掲げられていた。

「ここのバー。オススメって、ネットに書かれていたんだけどね」

ばつが悪そうにする拓馬は、腕時計で時間を見た。

「拓馬。そういえば、時間は大丈夫?」

「俺は今日はどこかに泊まるから。気にしないで」

「どういうこと?」

拓馬の言葉が引っかかり、結華は尋ねた。拓馬は「今日はたまたまこっちに帰って来ていて、いま住んでいるのは……」と、いま結華たちがいるところからいくつも離れた県の名前をあげた。それはここから容易く行き来するには難しい距離であった。

「だから、次にこっちに来るのは来月になるかも。ところで、結華の住んでいるところはどこだっけ。終電、大丈夫?」

「ちょっと、待って。いま調べる」

スマートフォンを取り出して、結華は終電の時刻を調べた。表示された時刻は、いまいる場所から小走りで駅まで行けば間に合う。だが、結華は内心それどころではなかった。「どうだった?」と尋ねる拓馬の声がすると、慌てて結華はスマートフォンをカバンに入れた。

「うーん? もう間に合わない……かなぁ」

困ったような顔を精一杯作って、結華は言った。

「えっ! ごめん、遅くまで引き留めてしまって。タクシーで送るよ」

大通りを探そうとする拓馬の腕を、結華は掴んだ。

「私は帰りたくない」

次に拓馬に会えるのは来月だ。それはあまりにも長く遠い。

しかも、来月に必ず会えるとも限らない。次のチャンスはいつ来るか分からない。

「拓馬と一緒にいたい」

腕を掴んだまま、結華は上目で見た。拓馬は結華をしばらく見つめた後、視線を宙に泳がせた。そして、遠くにあるいくつもの『HOTEL』と書かれたネオンの看板を見つけた。結華もそれを見ると、拓馬をじっと見た。こくりと、頬を赤くして結華は小さくうなずく。

「『初めては拓馬と』って決めたから。行こう」

拓馬は結華の手を取ると、ゆっくり歩き始めた。

薄型テレビが…

コンビニ袋を持った手で、拓馬は部屋の入口で電気を点けた。狭くて短い廊下を少し進む間に、ドアがふたつ見えた。反対側の壁には小さな絵がいくつか飾られていた。

大きな空間に辿り着くと、暖色系の照明に照らされたキングサイズのベッドが目に入った。結華も拓馬もギョッとしたが「ここはそういうことをする場所である」ということを思い出すと、ふたりは赤くした顔を見合わせるしかなかった。

初めてのラブホテルでローションやローターに驚く男女

部屋の隅に小さなガラステーブルとソファが見えたので、

カバンを持ったまま結華はいそいそと座った。拓馬はコンビニ袋をガラステーブルに置くと、 近くにあるクローゼットに、カバンとジャケットを入れた。

「結華のも貸して」

手を伸ばした拓馬に、慌てて結華もジャケットとカバンを渡した。

拓馬は部屋を見回すと「先に、俺……行ってくるから」と歯切れ悪く言った。 来るときに通ったドアのところに行き、閉まる音がすると結華はソファにもたれ込んだ。 おそらくあれはトイレと浴室だろう。しばらくするとシャワーの音が聞こえた。 ふと、拓馬のシャワー姿が結華の頭に浮かんだ。

筋肉質でたくましく、無駄のない体。上から降り注ぐシャワーの水滴が、濡れた茶色がかった髪を通って、滑らかな肌を伝い落ちていく。そして、やがて水滴は下半身へと落ち、その下半身は――……。

「うわわわ!」

ぶんぶんと結華は頭を横に振った。どうしても、想像がやけに膨らんでしまう。

心を落ち着かせるために、壁を見ていると大きな薄型テレビがあった。

――私の実家のものより大きいなぁ。ここで映画を見ると楽しそう。

思っていたよりも普通の部屋構えに結華は感心した。

――ラブホテルって、もっと派手なものだと思っていたし。

壁紙が真っ赤やピンク。プールや怪しい設備。浴室やトイレが丸見え。

どこから得た知識か分からないが、結華が想像するラブホテルはそのようなものであった。けれども、ここには落ち着きがある。そこらのビジネスホテルよりも、高級感があるのではないだろうかとすら思えた。

「拓馬、まだかなぁ……。まだ、だよね。やっぱり」

シャワーの音はまだ聞こえていた。居ても立ってもいられず、結華は部屋を探索した。テレビの下に小さな冷蔵庫が見えた。狭い冷蔵庫であったが、ふたり分の飲み物は入るように思われた。結華はしゃがみ込むと袋から出して入れた。途中でコンビニに寄ったのだが、当然ながら結華は上の空であった。緊張を鎮めようとして、思わずアルコールに手を伸ばしかけたほどである。

「ん?」

立ち上がりかけたとき、冷蔵庫の奥にもうひとつ冷蔵庫があることに気づいた。

「……げっ!」

しゃがみ込んで近づいて、結華は尻もちをついた。それはローターやバイブといったアダルトグッズの自販機だった。他にもローションやコンドーム、さらには精力増強の怪しいサプリメント、そして穴の開いた下着まで売られている。

――こんなのまであるの!?

結華はベッドに腰かけ、動揺を鎮めるためにテレビをつけた。チャンネルを切り替えていくが、深夜の番組は見慣れていないせいか、どれも面白そうに感じられた。どれにしようかと選びながら、結華は軽快にリモコンのボタンを押していく。

『あっ、あんっ! あ〜んッ!』

大きな喘ぎ声と一緒に、ぼやけた肌色が画面いっぱいに映った。

『そこ、だめっ! いやっ、あぁんっ! おかしくなっちゃう〜!』

目を皿のようにし、結華はリモコンを手にしたまま固まった。均整のとれた艶めかしいボディが四つん這いになっており、大きな胸が激しく左右に揺れていた。女性が男性に後ろから激しく突かれている。はちきれんばかりの、豊満だが柔らかそうな胸がアップで映る。

「ゆ……結華……?」

「拓馬ぁ!?」

声がした方を見ると、拓馬がいた。拓馬はバスローブを身にまとっていた。筋肉がほどよくついている体格に目を奪われる。バスローブの隙間から鎖骨と胸板が見えた。

「これは、違うの! 偶然、チャンネルが!」

『イェスッ! アハ〜ン! カモォン!』

驚いた結華の指が他のボタンを押す。先ほどよりも豊満なボディを持つ金髪女性が映った。それが男性の上で野性的に動くものだから、上下の胸の揺れがとにかく激しかった。ふたりとも思わず、金髪美女の咆哮のような喘ぎ声と動きに釘づけになった。

溢れる浴室

湯気が浴室に溢れていた。熱いシャワーを浴びながら、結華の頭の中はアダルトチャンネルのことでいっぱいだ。

――ひょっとして、私もあんなことするの?

金髪美女のそれはさておき、問題は四つん這いになっていた女性である。初めての機会でいきなりバックは怖い。かといって、どういったものが良いかとなると、それはそれで分からない。結華にとっては、すべてが未知のことなのである。

「はぁ……どうしよう」

蛇口を締めながら溜息が出た。いまになって怖くなってきた。

洗面所の大きな鏡に映った自分の姿は、柄になく弱気なものだ。結華はその姿をしばらく見つめ、頬をパシッと強く叩いた。そして、強い眼差しで鏡の中の自分を見た。

――弱気になってどうする!

気合を入れ直した結華は、備え付けのバスタオルで丁寧に体を拭き始めた。タオルで肌を撫でると、さっと水玉は綺麗に消えた。ぷるぷるとした肌触りがあり、毛穴も黒ズミも目立たない。化粧を落とした素肌にも透明感がある。

ポーチを開けると、結華はウェットティッシュを取り出した。『ジャムウ・デリケートウェット』である。自宅ではこの固形石鹸である『ジャムウ・ハーバルソープ』を使っているのだが、出先でデリケートゾーンの臭いが気になったときのために持ち歩いていた。

――持ち歩いていてよかった。夏だから蒸れるし……。

念入りにシャワーを浴びたといえども、臭いが消えたかは疑問である。普段からワキやデリケートゾーンの臭い対策として『ジャムウ・ハーバルソープ』でパックをしているが、念には念を入れるべく、結華は『ジャムウ・デリケートウェット』で気になる箇所を拭いた。

拭き終ってポーチを見ると、薄ピンク色の袋を見つけた。

『シャイニング ラブエステ』

それはボディローションのサンプルのようであった。ポーチに知らぬ間に入っていた。いつもは風呂上りに『プエラリア・ハーバルジェル』で保湿をしていたが、今日は手持ちがなかった。商品名が気になったこともあって、折角の機会なのでこのサンプルを使ってみようと思った。

「いい香り!」

思わず、結華は声に出した。袋を開けてまず感じたのは、ベリーの甘い香りだ。とても美味しそうな香りであった。手のひらに取り出すと、とろっとした乳白色の液体が出てきた。指で触っていると糸を引く。ボディローションにしては、粘度が高いように思われた。

――どうか、素敵な夜になりますように。

そう思いを込めて、結華は肌に塗った。初めに感じたとろみとは裏腹に、肌にすっと馴染み、まるで魔法をかけてくれたかのように『シャイニング ラブエステ』は素肌を映えさせた。照明の下にある体は、自分のものながらも輝いて見えた。

バスローブを着ると、髪を乾かした。結華は鏡に向かって、自分に気合を入れる意味でにっこりと微笑んだ。恋をしている自分が楽しく、これから拓馬に会うのがとても待ち遠しかった。

部屋に向かうと、拓馬はベッドの上でテレビを見ていた。結華が近づくと、拓馬はこちらを見た。そして、目を瞬かせた。

隣に座る間も、拓馬は結華の顔をじっと見つめていた。化粧を落としたから、何か言われるのではないだろうか。先ほど自信を持っていたといえども、あまり見つめられるのが怖く感じられた結華は、無意識にバスローブの袖を掴んだ。

拓馬はテレビを消し、ベッド脇にあるパネルに触れた。部屋中のライトが薄暗いものになり、結華はそっと後ろから抱きしめられた。これから始まるのかと思うと、結華は呼吸を忘れてしまうほどだった。

「……いい?」

「いいよ」

問い掛けに結華は優しくうなずく。拓馬は結華を寝そべらせ、彼女の腰元にある結びをほどいた。エアコンによる冷たい空気が結華の胸を撫でる。ショーツだけになった肌を見て、拓馬の動きが止まった。ごくりと息を飲み込む拓馬の手は宙をさまよう。まるで、結華の素肌に恐れを抱いているかのようであった。

「……ごめん……俺も……」

控えめな声に「えっ?」と結華は顔を上げた。拓馬は正座をして言った。

「男がこんな年で初めてなんて、ね……その……」

言葉が続くにつれて、表情どころか声も次第に曇ったものになった。結華は首を微かに傾げた。ここは相手を思って察するべきであったのかもしれないが、素で意味が分からなかった。「初めてって何が? ホテルでエッチするのが?」などということを真面目に思った。

「いままで……一度も女性と付き合ったことがないんだ」

「えぇ!?」

結華はバスローブが脱げたこともお構いなしに、勢いよく起き上がった。

「ということは、つまりはそういうことも……?」

結華が尋ねると、拓馬は手で顔を覆って小さく何度もうなずいた。結華は大きな衝撃を感じた。拓馬のような素敵な男性ならば、女性と付き合ったことも性経験もあるとすっかり思い込んでいた。けれども、実際は女性と付き合った経験すらないと言う。

「ここに来ようと思ったのは、どうして?」

「結華と一緒にいたかったから」

拓馬から心なしか、ぐすりと泣き声が聞こえた。

――私がホテルに行こうと言ったのもあるだろうし。それに……。

『据え膳喰わぬは男の恥』という言葉が結華の頭に浮かんだ。もしかすれば、これもあるだろう。

「一緒にいるだけなら、ホテルは断ってくれてもよかったのに」

そんな結華の言葉に、拓馬は困った表情を見せた。

「『初めては結華と』って、俺も決めていたから。だから、あのとき結華が言ってくれて……嬉しかった」

軽く笑みを浮かべた拓馬を見て、結華は正座をした。

「ふつつかものですが、宜しくお願いします」

結華が一礼して言うと、拓馬も驚きながらも「こちらこそ」と一礼した

⇒【NEXT】拓馬は結華を抱きしめ、まるで独り占めするかのように…(Vな彼女と彼氏 5話)

あらすじ

ついにホテルへ入る2人…愛に溢れる拓馬は…

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ホワイトリリー
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
凛野あかり
凛野あかり
マルチな活躍を目指す小説書きです。女性向け・男性向け、…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう