注目のワード

激しいセックス体験談(ラブコスメを使ったエッチ) (体験談一覧)

大好きな彼と愛し合い、身も心もトロける激しいセックス…ラブコスメリュイールホットの体験告白が集まりました!普段、どんなエッチをしているの?楽しいセックスのヒントを見つけてみましょう♪ 体験談で紹介されたラブコスメリュイールホットの購入はこちらから

彼が横で寝てるし…と心の中で葛藤

今回初めてLC様にお世話になりました。

彼と付き合って10年以上、SEXもマンネリ化してきて、何か方法はないかな…と思って検索。

悩みに悩んで買ったリュイール ファイヤーローズ。

届いたその晩、ドキドキして、さっそく…と思っていたのに、そんなことも知らない彼は、疲れた…と仕事から帰ってくるなり眠ってしまいました。

かなりがっかり…。

でも興奮冷めやらぬ私は、一人でも…と思い、彼の寝ている横でリュイールをヌリヌリ…。

塗った瞬間にアソコがじわ~っと熱くなって濡れてくるのがわかり、マッサージを続けているとどんどん汁があふれてきます。

だんだん気持ちよくなり、でも彼が横で寝てるし…と心の中で葛藤しつつも、快感に耐え切れず、ついには我慢できなくなって、ローターをアソコに…

ローターがアソコに触れた瞬間、足の先から全身に電流が流れるようなかんじでビクビクしてしまい、すぐに「イクっ…!」と思った瞬間なんと大量に潮を吹いてしまったのです。

彼が横に寝ていたドキドキ感もあると思いますが、自分でしてそんな風になったことがないのでビックリしましたが、あまりの気持ちよさにしばらく動けませんでした。

彼が起きなかったのは幸い(ちょっと残念…)でしたが、今度はコレを塗って彼にマッサージしてもらったらどんなに気持ちいいんだろう…と考えただけでうずうずしています。

次は彼と使ってSEXしたときのもっとすごい体験談を投稿しますね。 素晴らしい商品をありがとうございます。

(あんぱんまんさん/30歳/主婦)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

情熱的に愛し合いたい

今回、初めての体験を報告させていただきます。

私には付き合って3年になる彼がいて、お互いに身体の相性も良く、感度も悪くないのですが、同棲を始めたこともあってか、やはり付き合った最初の頃の《衝動》や《興奮》が、今では《安心感》や《愛情》に変わり、昔のような、快楽を貪るような情熱や、背中に電気が走り頭が真っ白になるような絶頂なんて、今じゃ遠い昔の思い出でした。

《また情熱的に愛し合いたい!》

その思いが強くなった私は、ラブコスメ リュイール ホットとちょうどコンドームが切れていたのでグラマラスバタフライ ホットを併せて購入。

届いた翌日、夕食のあとにトイレでリュイールをぬりぬり…。

あったかい感覚のあとにスゥーっとした感覚!なんだか不思議な気分で、テレビに夢中な彼の横に…。

あれ…。私に無関心…?あまりにもドラマが面白かったのか、テレビにくぎづけの彼…。

私も素直に甘えられずにいると…なんだか険悪なムードに…

彼からの『エッチする?』の一言にも『眠たいからもういいよ』なんて、可愛くない返事をしてしまい、彼がタバコを吸いに出て、とりあえず休戦。

戻った彼と仲直りして、『今日はもう普通に寝よう!』と、消灯。

…。
今だ!!!と、ばかりに2度目のリュイールぬりぬり!

なんだか凄くヌルヌル濡れてます!!!

彼は『凄くエッチしたいけど眠たい…』といいながら右手を私のパンツの中に…。

グショグショに濡れた私に触れながら『…これじゃあ目が醒めるよ…』と、彼はスイッチオン!!!手でヌルヌルグショグショと触られるうちに私自身いつもより凄く敏感になっていることに気付きました!

そしてグラマラスバタフライ ホットをつけて彼が入ってきた瞬間、凄く感じるんです!彼の動きと形と硬さと体温を!!!

いつもより幸せな、優しい絶頂が何度も何度も押し寄せて、夢のような快感です。普段なかなかしないのに『バックがしたい』と彼が私を後ろから奥まで突き上げ、『ダメだ!イキそう…!』と、息も絶え絶えに動き続けます。

最後はいつもの正常位で思う存分激しく突き上げて果てた彼。

ラブコスメのおかげでステキな仲直りセックスが出来ました。

今夜も絶対にラブコスメで官能エッチします!!!!(笑)

(コトコ。さん/27歳/飲食店)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

今日はりんにプレゼントがあるんだ。

「今日はりんにプレゼントがあるんだ。」

その日は付き合って1年記念日。
彼の家でゆっくり時間を過ごし、夜ご飯を食べてくつろいでた時のこと。 彼は私の耳元で、そうそっと言いました。

耳元で言われてビクっとしながら、
「えっ!…なぁに?」と聞くと、

「でも、今は教えない。ゆっくり教えてあげるねっ」

と、ベッドに連れて行かれ、彼にゆっくり押し倒された後、
私はタオルで目隠しをされました。

何も見えない中この後何されるんだろうと想像し、だんだん体が熱くなってくると同時に彼からの深いキス。
何度も舌を重ね、息が上がってきたところで耳,首筋,胸へと唇が下りていき、ゆっくり愛撫。

あともう少しで秘部…っというところで、彼の動きが止まりました。

「…どうしたの…?」
と恐る恐る聞くと、

「プレゼントのお出まし♪」
と嬉しそうに言い、私のショーツをゆっくり下ろして秘部に触れました。

あれ?
…指がトロトロしてる…?

と思ったと同時に、じわじわ~っと秘部が熱くなって…
優しくマッサージしてきます。
それだけでビクビク感じてしまい、私の秘部も 驚くくらい濡れていて…

「もっと中まで触ってあげよっかな♪」
と言う言葉と一緒に彼の指が中に入ってきたとき、
今までに感じたことのないくらいの快感が襲ってきました。

「何っ!?何でっ??何したの!!?…ゃっ…」

ビックリして騒いでも(笑)、何も言わずにゆっくりと指を出したり入れたり繰り返す彼。
どんどんペースが早くなって…
1本だった指も2本になって…あっという間にイってしまいました。

「気持ちよかった?じゃあ今度は、…俺と一緒に気持ちよくなって…?」
と、もう彼のモノはすっごくおっきくなって、
それが私の中に入ってきたとたん、さっきよりもすっごい気持ちよくなって…

それは彼も感じたのか、「あぁ...すごい、締め付けて…もう、イきそう…」と言って間もなく、しかも2人で一緒にイっちゃいました。

あとからラブリュイールホットのことを聞かされ、さっきまでのことを思い出した私は、

「素敵なプレゼント、ありがとう♪」
と耳元でささやいてあげました。

今後もお世話になりそうです…♪

(りんさん/18歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

あぁもぉダメ、お願い!ベッドまで運んで!

彼とお付き合いして3年が経ちましたが、普段からお互いに仕事が忙しく、会いたい時に中々会えないせいか、会えた時のキュンとする気持ちは付き合い当初と変わらず、又倦怠期というのも未だ経験した事もなく、毎回会う度のエッチも、満足なのですが…LCさんのサイトでラブコスメリュイールを知り、体験談を読んでいる内に、私も彼と使用してみたい!!と思い、早速私もラブコスメリュイールホットを購入しました!!

商品は届いたのに、中々彼と会える時がないので、いつになったら使えるのか?早く使ってみた〜い☆と!使える日がとても待遠しく、本当に楽しみにしていました!!

そして…彼と久々に会える日が来ました!!私は、やっとリュイールホットが使える日がきたー♪と、彼と会う前から、とてもドキドキしていました☆

彼が私の家に到着する前に、彼が帰宅してから直ぐに、エッチが始められる様にと!色々な準備をして待っていました☆

それから、家に来る途中の彼の携帯には、リュイールホットの画像と、エッチな内容のメールを送っていました。

彼が家のドアを開けた瞬間に、彼が「ただいま」を言う隙すら与えず!

いきなりキスをして彼をお出迎え☆どうしたの?!って、彼は凄く驚いていましたが、とても興奮した様子で、そのまま玄関上がった所で押し倒されてしまいました。

もうドキドキで、そのまま暫くキスをしたり、お互いの体を少し強く噛み合ってみたりと、いつもと違うエッチに、私の顔はトロントロン状態…

「あぁもぉダメ、お願い!ベッドまで運んで」と、彼に部屋まで連れてってもらい、そしてベッドの上に用意しておいたリュイールホットを彼に見せました。

すると彼は優しい笑顔で「こういうことを、アキからねだってくれるだなんて、嬉しいなぁ〜」と言いながら、私にキスをして、そっと私のアソコにリュイールホットを塗り、優しくマッサージをしてくれました。

頭と全身に一瞬電気が走った様な感覚になり、自然に漏れてしまう吐息を彼がキスで塞ごうとしたり、耳元では「アキ?エッチな液がこんなに流れてるょ?凄く綺麗な色してる…すっごく熱くなってるょ…そろそろアキの中に入ってもいい?」と、エッチな言葉を色々と囁いてきたり、私はもぉどうにでもして欲しい!!!と思うくらいの気持ち良さで、何故か涙が自然に出ていました…

愛撫にどれだけ長い時間かけてくれたのでしょうか…?

気持ち良さと、彼の温かな腕に抱かれ、何とも言い様のない心地良さに包まれながら、今迄にない快感を得ることができたのと、いつもは彼がクリトリスを触ってイク事しか出来なかったのに!

リュイールホットを使用した時は、彼が私の中に挿入したまま、彼と一緒に初めてイク事ができたんです☆

クリトリスでイッた時の気持ち良さとは、ちょっと違う感じで、とても気持ち良かったです。中でイク感覚が分からなかったので、やっと中でイク体験ができて、嬉しかったです。

今回はホットの購入でしたが、他の種類も色々あるので、他の種類も試してみたいです!そしてまた、トロットロなエッチな体験をしてみたいです♪

(あきりんさん/33歳/自営・美容関連)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

こんな姿見せられちゃ我慢できないよ

次の日も早いし今日はHなしのデート…と覚悟していたのですが、ドキドキしたくて、デート中にこそっとリュイールをクリにひと塗りしていました。

キスするだけで、塗ったところがジンジンして、ゾクッとするのを感じていました。

そんな私の様子を察知したのか、突然彼がスカートを乱暴にまくりあげてきたのです。前触れもなかったので、慌てて少し抵抗する私を押さえつけ、トレンカ越しにすーっとなぞります。

「何もしてないのになんでこんなに濡れてるの?染みてきてるよ。…何を想像してたの?」と力とはうってかわって耳元で優しく囁いてきます。

そのまま片手は胸へ。抵抗する力が入らない私はいつも以上に感じた声が勝手に出てきてしまいました。

「こんな姿見せられちゃ我慢できないよ。時間ないけど、ダメ…?」年上の彼のあこんなに甘える声を聞くのは初めてかもしれません。

少し落ち着いた彼とそのままホテルへ…部屋に入ったとたん、また彼のスイッチが入り、後ろから羽交い締めであっという間に下着のみにされました。胸を揉まれながら、耳、首すじ、おしり、もも…と彼の舌がつたっていきます。

まともに立っていられない私に、「どれだけこうなるお前を想像してたと思う?今日は一段とすごいよ!!」と言いながら、その場でひとつに。

その状態でベッドまで行き、久々のHを満喫しました。すぐには2人とも動けず…(笑)となるくらい長時間していました。(時間なかったのに。)その間終始潤っていて、「ほら、エロい音がしてる」と彼の興奮をさらに引き出していました。

恥ずかしい話、こんなに出るのか!!と思うくらいで、パンツもシーツもびしょびしょで(笑)あの記憶がとびそうなジンジンする感じも、リュイールのおかげですね。LCさん、ありがとうございます。

彼への種明かしはまたの機会にして、もう少し塗る場所を変えたりして研究してみようかなと企んでいます♪

(あゆみんさん/24歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

彼が耳元で「みにぃ・・・愛してるよ・・・・・・」

彼と付き合って早1年3か月。

彼はホントに優しくて、私のこと大切にしてくれる。 遠距離恋愛で月に1回しか会えないけど・・・・

『一緒にいる・・・それだけで日ごろの色んな嫌なことやストレスが癒される。』 そんな感じで、順調に愛を育んでた私たち。

彼と付き合い出してから友達からも、「みにぃって最近、表情が柔らかくなったよね~!!」 「心身ともに落ち着いてて幸せ!!ってオーラ全開だよ!!」と嬉しい褒め言葉の連続。

でも、その時の私には人に言えない悩みを抱えていたんです。 実は・・・・・未だに彼とSEXが出来ない・・・・・

以前に付き合った人との嫌な怖い思い出のせいで、
男性とお付き合いすることを躊躇させ、4年間も私から恋愛を遠ざけてました。
そして、SEXの快感も・・・・・

遠距離恋愛で、初めからお泊りだったものの。
彼が私を求めてきたのは、3カ月経った頃でした。
ところがと言うべきか、やっぱりと言うべきか・・・彼のことを受け入れることが出来ませんでした。

しかも、受け入れるどころか、素肌に触れられた瞬間に身体がこわばり、完全な拒否反応。

そんな私を毛布にくるんで、「ごめんね。怖かったね。」って優しく抱きしめてくれた彼。

過去に起こったことを正直に彼に話し、どうしても身体が受け入れないこと。

それは今夜だけに限らず、この先も続くこと
大人として身体の相性は大切だし、SEXというコミュニケーションは更に大切。
この先、本当に付き合っていくのかを考えて欲しいと彼に伝えました。

彼は、躊躇することもなく、まるで私の話を聞かなかったかのように 「明日どこ行く??いっぱい思い出作ろうな!!」と。

それから1年、彼と一緒に、LCさんのサイトのローションを1つずつ試して、 素肌に触れられることに慣れ、素肌を重ねることの快感も覚え、 彼のものに触れたり咥えたりして彼を満足させる喜びも覚えました。

でも、彼が花びらを指でほんの少し触れるだけで・・・・・
身体全体がこわばることは改善しませんでした。

胸や背中、首筋、無意識に私の甘い声が漏れてしまう部分を責められても、 ローションを使っても、彼が舐めてくれても、泉が潤うことはありませんでした。

「彼とひとつになりたいのに。こんなにも愛してるのに。」
身体と心が同じ方向を向かないことが切なくて・辛くて・・・・

LCさんのサイトの中で、なぜか彼が唯一買うことを許さなかったラブリュイール。
「もう、これしかない!!」彼から怒られることも覚悟の上、 ホントに藁をもすがる思いで購入ボタンを押しました。

届いたラブリューイルは、小さい私の手の中にすっぽりと収まるサイズ。

彼に会う日・・・

ラブリュイールを手に握ったまま、ベットに優しく押し倒され、 私の感じる部分を彼が舌で辿っていく度に、「んぁ・・・・ぅん・・・」と声が漏れ、 彼が不自然に握ってた手をそっとひらいて、ラブリュイールを見て一瞬困ったような驚いたような顔をして、 耳元で「駄目だって言ったのに、悪い子・・・・・でも、ありがとな。」と言いながら、 花びらに、優しく塗り始めました。

触れられた瞬間、いつものように身体がこわばりそうな感覚が・・・

「あぁ・・・これでも駄目かぁ・・・・」

そう思いながら、痛みを涙目で我慢している私。

いつもなら彼が「今日はここまでな。」って止めてくれて抱きしめてくれて・・・そう思ったのに。

一向にマッサージを止めない彼。

「みにぃ。。。良い子だからもう少し我慢な。」

「ゆっくり息吐いて、吸って・・・吐いて・・・吸って・・・」

段々痛みが和らいで、少しずつ自然に呼吸が出来るようになって、 私の様子を見守ってた彼が、「痛みは?」と「うん・・・平気・・・」「そっか、良かった。」

彼からの優しいキスが、むさぼるようなキスに変わった瞬間、また鈍い痛みが・・・

キスの合間から「みにぃ、息して・・・吸って・・・吐いて・・・ん・・・良い子だ・・・」

段々と痛みが和らぎ、今度はなんだか身体がふわふわとして。

彼が耳元で「みにぃ・・・愛してるよ・・・・・・」とささやかれたまでは記憶にあるんですが。

気づいた時には、彼の腕の中でした。どうやら、イッてしまったようです。

彼曰く、ラブリュイールを塗ってしばらくすると潤いが出てきたので、 少しずつ指を奥まで侵入させていって、(念のため、ローションも垂らしていたようですが・・・) 私の反応(中も外も)を見ながら、抜き差ししてたら、 中が痙攣してきたし、目がトローンとして来たから一気にスパートかけたら、 腕の中でイッてくれたと満足そうに語ってくれました。

私が、常に昔の彼に縛られている様に見えて彼も苦しんだみたいです。

自分の腕の中でイッてくれたことで、やっと解放してあげられたみたいな気がして、 ホッとしたと後で教えてくれました。

結局ホントの意味で、彼とひとつになれたのは、しばらく経った後ですが。 それは、またの機会に・・・なんて(笑)

彼は、あの日以来、腕の中で私がイクのを観察するのが気に入っているようで、 会う度に、私は腕の中でぐったりしています。

過去の傷を癒してくれた彼にも、きっかけを与えてくれたラブリュイールにも感謝です。

そんな彼と早2年半のお付き合いとなり、ついに今年12月に入籍予定です!!

(みにぃ♪さん/27歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

わたしの心臓の音が彼に聞こえちゃうかも…

わたしは高校時代から2年間片思いをしてアタックし続けた末、片思い3年目の夏、逆に告白され大阪と北海道の遠距離恋愛が始まりました。

彼は恋愛経験もそこそこある方でわたし自身は初めての彼氏…

キスやエッチはもちろん手を繋ぐことからの全てが初めてでした

付き合って5ヶ月を迎えた頃、初めてお泊まりに行きました

遠距離なので5ヶ月ぶりに会えた上初めての密室で緊張しすぎて喋りは早くなるはソワソワして動き回らずにはいられなくなるは

彼とベッドの縁に座って楽しく話しているとお互い口数が減って突然静かになってわたしの心臓の音が彼に聞こえちゃうかも…と思い下を向いて髪をいじっていると

彼がベッドの上の方へ登っていきました

わたしが彼をみていると上の方で彼が「おいで?」と手招きしました

わたしも彼の隣に寝転びに行くと「やっぱ小さいね」と言いながら脇腹に腕を入れて抱きしめてきました

この時点で緊張は最高潮で体は硬直してどうして良いか分からずひたすら「待って待って」と 言い続けるわたし…

そんなわたしをよそに彼はわたしの服を脱がそうとボタンを外し始めあっという間に脱がされ両腕を片手で押さえエッチモード、スタート

しかしいざ挿入となると痛すぎて半泣きで断念

そこでリュイール ホットを取り出し、彼に塗ってもらいました

すると自分でもびっくりするくらいびしょびしょになって声がでてしまい思わず「気持ちいぃ」

彼も「これすごい」とびっくりしていました

彼も我慢出来なくなったのか「挿れて良い?」と聞きながらも挿ってきました(笑)

結局途中までしか出来ませんでしたが

痛くてトラウマになりかけていたのが嘘のように気持ちよくて突かれるたびに「あっ あっ あっ」と声が出てしまい…

最近別れてしまいましたがあの気持ちよさはいまも忘れられません!!リュイール、手放せません!

(キャンディさん/19歳/アパレル販売)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

夢中で「やっぱりしよ、ほしいの」

今の彼と付き合って半年を過ぎたくらいのころ。

共通の友人と7,8人で遊ぶことになり、その前に少しだけ2人で会うことになりました。

ちょうどその前お互い忙しかったためしばらくしていなかったので、前日連絡をとったときも「明日は行こうね」と口には出さないものの二人とも暗黙の了解(笑)

しかも2,3日前にリュイールのホットが届いたところだったので、会う直前にこっそりぬりぬりしておきました。

しかし塗りこみ方が足りなかったのか、そのときはまだちょっとあったかいような…?という程度でした。

いざ彼と待ち合わせの場所に行くと、目の下にクマができてものすごく疲れた顔をした彼。

聞いてみると、前日働きづめだった上に一睡もしていないらしく、とてもホテルに誘えるような感じではありませんでした。

とりあえず仮眠とろっか、と言ってネットカフェ(仮眠やちょっとした暇つぶしでよく利用するんです)へ行ったのですが、満席!そのあたりのネットカフェを3軒まわったのですがどこも満席で、結局「絶対に手出さないから!」と約束して近くのホテルに入りました。

私もその前の晩寝たのが遅く少し疲れていたので、ホテルにつくと二人してベッドへもぐりこみ、おやすみモード。

やりたくなるといけないから、抱きあったり腕枕したりもせず、まっすぐ横に並んで大真面目に仮眠をとっていました。

しかし、なんとなくうとうとして、どのくらいたったかな・・・というぐらいの頃、突然彼がガバッと覆いかぶさってきました。

半分寝ぼけて状況が飲み込めないでいると、彼は私の服や下着を無理やり脱がし強引でむさぼるようなキスをしながら、胸やあそこをじわじわと触ってきました。

今日はしないでゆっくりさせないと、と思っていたので必死に抵抗していたのですが、彼が耳元で「本当にしないつもりやったん?こんなところに来て?」「こんなに濡れてるのに?するつもりやったやろ」と囁いてきます。

もともと耳が特に感じやすい私は、言葉責めのせいもあってかものすごく感じてしまいました。

そしてふと気がつくと、あそこが熱いんです!もうあったかいどころじゃなくて、中がとろけるんじゃないかってぐらい熱くてすぐにでも欲しくなりました。

言葉責めを続ける彼に、夢中で「やっぱりしよ、ほしいの」と懇願してしまいました。

そんな私を見てすっかりSのスイッチが入った彼。「する?何を?言わんとわからんよ?」「今日はしないって言ったやん」となかなか応じてくれません。散々焦らされたあと、やっと指を入れてくれた彼が「めっちゃ熱い・・・ひくひくして絡みついてくるんやけど」と驚いたように言い、さらに攻められてしまいました。

もともと結構濡れる体質で濡れないことはまずなかったのですが、この日はそれどころではなく本当に洪水という表現がぴったりな溢れ具合でした。

ものすごく濃厚な1回のあと二人して眠ってしまい、目覚めると友人たちとの待ち合わせの20分前。

急いで彼を起こしたのですが、ちょっとキスだけしてシャワーを浴びにいくつもりがキスしているうちに彼のものが元気になってしまい、押し倒されてもう1回。

このときもリュイールの実感が続いていたのかまた溢れるほど濡れてしまい彼もびっくりするとともにかなり興奮していました。

結局友人たちとの待ち合わせには二人して遅れて行き、「バスが渋滞にまきこまれて・・・」と苦しまぎれの言い訳をしました。バレたかどうかはわかりませんが、なんだかちょっとワルイことをしてしまった気分です(笑)

リュイール(とシチュエーション?)のおかげで、その日はかなり濃厚なラブタイムでした!その後も彼に内緒でリュイールをちょこちょこ塗っては乱れまくっています(笑)いつ種明かしをしようか、ちょっとわくわくです!

(あやさん/20歳/学生)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

最後にラブリュイールを

濡れにくい私を気遣って、いつもとても丁寧な愛撫をしてくれる彼。

彼とは一年に数回しか会えないのですが、会った時には離れられなくなるセックスをいつもプレゼントしてくれます。

1年ぶりに会える日が来て、心はときめきます。何よりも、今夜がどんな一夜になるのか、それを考えるだけで体が熱くなります。

だから、私も今回はラブリュイールのホットを使ってみようと思いました。

会ったら、まずは食事をして、でもその間も身体は熱く、触れたくてたまらないのを抑えるのが精一杯。

自分の身体のうずきを抑えるために、露天風呂に行きました。

きれいに洗ったら、最後にラブリュイールを。

その行為だけでも、すでに濡れそうな勢い。

あとは、彼に確かめてもらうだけ。

ついばむようなキス、そして、ディープキスから、彼が大きな手で私の顔や身体をなでていくと、身体が少しずつ震えだすのがわかります。

どうなっていくんだろう…

胸をたくさん愛してもらい、それだけでもいきそうになる私。

ゆっくり彼の舌が降りていき、ラブリュイールが塗り込まれた場所へ・・・。

彼の動きがふと止まり、私を見上げて「どうしたの?こんなに濡れてるよ?」 やっぱりそうなんだ、濡れてるんだ、私。

その言葉だけで気絶しそうなほど感じているのが、彼にもわかるのか、やさしくそこをなでてくれました。

「もしかして、色々経験して濡れやすくなったの?」

「え…」

ラブリュイールのおかげだよ、と言いたいような言いたくないような。でもこのままだと誤解されてしまいそうで、それがはがゆくて。

言葉を失った私を見て、彼が意地悪くゆびを入れてきました。

思い切り擦られた瞬間、私は声を出す間もなく、いってしまいました…。

その後は指で何度いかされたことか。

そして、彼と抱き合えた時には、私は放心状態。

濡れたのは、彼に会えたおかげと、そしてラブリュイールのおかげだと種明かししたのは、次の日になってからでした。

(mingmeiさん/37歳/教師)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

ここって…?と思ったのもつかの間、優しく…

夏休み前、彼も私も出張だとわかったので、出張の最終日に、ちょうど中間地点の駅で落ち合うことにしました。

こんなことでもしなければ、なかなか会えない彼と私。

今回は海の見えるとても素敵な老舗の旅館に一泊。

浴衣に着替えて、大浴場にいく私の背中に、彼が聞きました。

「あれ、今日持ってきたの?」あれって、やっぱりラブリュイールのことだろうなあ、と思いながら、「何を?」と、とぼけてみたら「ほら、前抱き合った時に、おまえがすごく喜んでたヤツだよ」と。

口に出して言われるととても恥ずかしいもので、顔を見ずに「ポーチに入ってるよ」とだけ言って、私は大浴場へ行きました。

部屋に戻ると、食事の用意が。

郷土料理に新鮮な魚介類に舌鼓を打ちながら、久しぶりだね、と何度も言い合っての食事でした。

食後に布団の用意をしていただくということもあり、散歩に出ようかと、話をしていたその時、彼が私の肩をつかんで抱きよせました。

そして、「あれ、ここに塗って出かけよう」と。

ここって…?と思ったのもつかの間、優しくキスされました。うっとりとしていたら、胸をやさしくもまれ、 浴衣が次第にはだけていくと、その胸の先端をつまんで「ここ」と。

胸はとても敏感なので、つままれただけでイッてしまいそうなのにこんなところに大丈夫なのかな、と思いつつ 彼がゆっくり塗ってくれました。

ゆっくり触られるだけで、すでに胸の先は主張してしまっているのに、ラブリュイールの滑らかなクリームで転がされていると、次第に体がしびれてきました。

「さあ、散歩に出かけようか」

彼、こんなに意地悪だったっけ…。

海辺をゆっくり歩き、景色を楽しみたいのに、胸の先端がものすごくうずいてしまい、彼との会話も上の空。

彼がさりげなく肩を抱いてくれる、それだけで体に軽い電流が走るようで。

30分くらい歩いたのでしょうか。

部屋に戻り、ドアを閉めた瞬間、私から彼にだきついて、ディープキス。

「もうダメ、お願い!」

私のこの言葉に彼のS魂がかなり刺激されたようで、「どうしてほしいの?」「なんでこんなにエロくなったの?」と、言葉攻め…。

彼の唇が胸の先端に届いた時、私は軽くイッてしまいました。

そして下着の中は洪水状態。

ラブリュイールは本当はここに塗るんだよね、と彼が私の敏感なところを舌先で愛撫してくれましたが、 今回は塗る必要もなかったみたいです。

初めて、シーツまで濡らしてしまい、翌日チェックアウトがとても恥ずかしかったです。

(mingmeiさん/37歳/会社員)

※体験談はあくまでご購入者の個人的な感想です。保証する効果・効能ではありません。
個人差がありますのでご注意ください。

全33件中 1 - 10件を表示

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜の道具箱
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト

無料動画を見る

メルマガ登録して限定漫画を読もう