注目のワード

官能小説 バースデーバレンタイン 1話【LCスタイル】


出会い

「そういえば私、今日が誕生日なんです」

打ち合わせの合間に、相庭由子は何気なく口にした。すると、向かい合っていた取引先の男性が驚いたように顔を上げた。瞳のきれいな男性だと、ふいに由子は気がつく。

「えっ?実は、僕もなんです」

由子は運命的なものを感じ、微かに胸が高鳴るのを感じた。

「じゃ、渋谷さんもバレンタインデーが?」

男性が、柔らかく笑って答えた。笑うと大人っぽい容貌がふっと少年のように変わる。

「ええ、バレンタインがバースデー」

それが、由子と渋谷友樹の出会いだった。

夢のような恋愛

由子はそれまで、仕事に夢中だったのと、元来のサバサバした性格のため、社会人になってからは、恋をする機会がないままだった。しかし、友樹と出会って、彼こそが求めていた男性だと感じた。

友樹も同じ気持ちだったのか、二人は急速に親密になり、恋人になった。
友樹は男臭さを全面に押し出すような所はなく、どちらかと言うと控えめで包容力のあるタイプだったが、その大人な部分に、由子はかえって魅かれていったのだ。

恋の始めは夢のような日々だった。
デートの帰り、公園での初めてのキスに、由子は女子高生のようにときめいた。

初めてのベッドイン、友樹の少し不器用だが丁寧な愛撫に、由子の全身が甘くとろけた。それまでセックスをあまりいいものと感じなかった由子は、友樹に出会い、快感を極めるという事を知った。

由子の甘え

気の強い由子と温厚な友樹は、お互い愛の言葉をなかなか口に出来ないでいたが、それでも最初のうちは、恋の高揚感が二人をぴったりとつないでいたのだ。

しかし、二年も過ぎると、日々の忙しさと慣れで、由子はいつの間にか友樹をぞんざいに扱うようになっていた。

「どう?今度の土曜日、映画でも見ない?」

その日、友樹の誘いの電話に、由子はあっさりと答えた。

「ごめん、土曜日、 友達とイタリアンの先約あるんだ」

「そうか……それじゃ、仕方ないね」

友樹は静かに答えて電話を切った。
その声の響きに、一抹の寂しさがあるのを、由子は気がつかなかった。友樹はいつでも自分の事は優しく受け止めてくれる、由子はそううぬぼれていた。

俊とのディナー

「うそっ、カレシの誘いを断ったのかよ」

大川俊は、フォークを宙に浮かせたまま大声を上げた。
土曜日に由子を誘ったのは、幼なじみの大川俊だった。一人っ子の由子のお兄さん役のような存在で、由子とはさばさばした親友同士だ。

「だって、俊ちゃんと先に約束したし……」

由子は肩をすくめてサラダを突つく。

「あのな由子、恋人としてそういう態度、どうかと思うぜ。

瑠香なんか、オレがちょっとでも連絡しないだけで、『俊ちゃんに会えないと死んじゃうよ!』なんて メール何通も送ってくるぜ。まいっちゃうよ」

俊の恋人の瑠香は、由子の後輩だ。容姿も性格も女らしく可愛らしい。

「ふぅん、俊ちゃん、 そう言いながら、顔がにやけてるよ」

由子が指摘すると、俊は少し赤面する。

「ま、まあ、そういうとこが すっごい愛おしいんだけどねー」

俊ののろけを聞いているうちに、由子は、ふいに口の中のパスタが味を失ったような気がした。

(私は今まで、友樹に『会えないと死んじゃう』なんて言ったことない。

それどころか、『好き』だって、ろくに口にできない。私って、本当に可愛くない女だわ)

由子は無性に友樹に会いたくなった。

気持ちとは裏腹に…

食事を終え俊と別れ、駅へ向かう道すがら、由子は友樹に『今、なにしてるの?』と、メールしてみた。すぐに返事が来る。

『一人で酒飲んで、テレビ見てるよ。 ちょっと…つまんないかな』

由子は週末、一人で部屋でぽつんといる友樹の姿を思い、心がちくりと痛んだ。

しかし思わず返したメールは『ごめん。今日はしかたないよね』送信してから、由子は激しい後悔の念に捕われた。

(ばかばか!なんでこんな返事しちゃうの!こんな可愛くない女、友樹だって嫌になっちゃう!なんで私っていつもこうなの!)

いつも本当の気持ちと裏腹なそぶりをしてしまう自分に、由子はどうしていいか分からなかった。

(このままでは、友樹とどんどん気持ちが離れていってしまう…)

重苦しい不安が、由子の胸に渦巻いた。

女性向け官能小説でもっと感じたいあなたへ

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

クリスマス2020
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう