注目のワード

官能小説 キス以上の事をしてほしいのに(インサート・コンプレックス 1話)

溜息

それはコーヒーの湯気かマリカのため息か、本人にもよくわからなかった。

喫茶店で働く彼女こと飯塚マリカは、2つの仕事をこなしている。

1つは、チェーン店の喫茶店のクルー。もう1つは、仮歌シンガー。仮歌シンガーというのは、歌手が本当に声を吹き込む前に、仮で歌詞とメロディをガイドする役割のことを指す。
マリカはいつか本物のシンガーになれることを夢見て、仮歌を日々録り続けている。

そんな彼女にも、大切な恋人がいる。名前は橋本耕史。海洋研究員である耕史は、彼女とは全く違う生活をしている人で、なぜ2人が付き合うことになったのか、本人たちでさえ不思議であった。

今日も2人はお互いの仕事を終えて、駅前で待ち合わせをする──。

好き

「マリカ、ごめん。待った?」

「ううん、今来たところだから大丈夫」

息を切らせてきた耕史に、マリカは微笑む。本当は10分前に到着していたけれど、彼の顔をみたらそんなことを言おうという気が無くなった。

それほど、マリカは耕史のことが好きだった。


「お腹すいた? 何食べようか」

手をつないで2人は歩き出す。

「耕史の好きなものだったらなんでもいいよ」

「それは困るよ。決めただろ? 食事をするときは交互に案を出すって。前回は俺がお店を決めたんだから、今回はマリカが決めてよ」

「そうだったっけ? うーん。わかった。じゃあ、あそこどう?」

マリカが提案したのは、チーズをメインにしたレストランだった。今流行の兆しが見えているチーズたっぷりのシカゴピザが名物らしく、きっとお腹いっぱいになるだろう。

それに、とマリカは思う。

あのチーズの店は、ホテル街にほど近い場所に位置する。「その気」になったときにすぐに移動できるのだ。
だが、マリカは喫茶店での自分のため息を思い出した。


(──今日はエッチ、できるかなあ)

耕史はなぜかエッチをあまり積極的にしようとしなかった。なぜなのか、理由はわからない。そのことがマリカには少し不満でもあり、不安でもあった。


(私って、魅力ないのかな)


チーズのレストランに入ると、店中がふんわりとしたいい香りに包まれていた。

「私、このお店初めてなの」

「俺もだよ。っていうか、存在を知らなかった」

「友達がね、美味しいって言ってたんだ」

マリカがはしゃぐのにつられて、耕史も笑顔になる。


「そういえば、仮歌の仕事のほうはどう?」

シカゴピザは手で持ち上げるとチーズがとろりと伸び、まるでどこまでも付いてくる影のようだ。

「うーん、今週はコンペ用に2本録っただけ。歌手として生活できるようになるには、仮歌じゃなくて本番を歌えるようにならないとね」

「そうなんだ、本番ってたとえばどんなのがあるの?」

耕史は目をキラキラさせて尋ねてくる。彼は知らないことがあるととても嬉しそうになるくせがあった。

「そうね、たとえばCMソングとか。私の知り合いはクリスマスの時期になると、チキンのCMソングを歌ってるよ」

「へえ、マリカも歌えるようになるといいな」

そう言って耕史は笑い、グラスを傾けた。
食事もそこそこ食べ、そろそろお会計にしようか、という雰囲気のときだった。


「ねえ、これからどうする?」

マリカが甘えた口調で耕史に尋ねる。
彼女の言いたいところは、つまりこの後ホテルへ行こうというものだった。
古い考えの人の中には、女の子から言い出すなんてはしたない、と思う人もいるかもしれない。

誰にどう思われていようとも、マリカは耕史に対しては積極的になりたかったし、それぐらい彼のことが好きだった。

「うーん、俺、明日仕事早いからなあ。東京に出張へ行かなきゃならないんだ。マリカは?」

耕史の手がカバンから財布を取り出し、お会計の準備をする。


マリカは少し寂しそうな目をして、その手を見つめた。

「私は、明日遅番だから少しぐらいなら平気……でも、耕史が朝早いなら、無理させちゃだめだよね」

「ごめんね、マリカ」

強がり

テーブルでお会計をすませると、2人はチーズのレストランが位置する、ホテル街の入り口で立ち止まった。


「ねえ、耕史。私のこと好き?」

マリカが街灯の死角に耕史を連れていく。
ホテルに入れないなら、せめてここでキスぐらい、と思ったのだ。

「うん、マリカのことは好きだよ」

そう言いながらも、彼はホテルに入りたがらない。

それは今に始まったことではなかった。交際を始めて3ヶ月、同じベッドを共にしたのは数えるほどしかない。
マリカは次第に、女としての自信を失い始めていた。
それを察知したのか、耕史がマリカを暗がりの中で抱きしめる。


そしてそのまま、乱暴に唇を奪った。

「んっ……はむっ、ふ……うぅん……」

官能小説 キスをする男女


耕史の薄い唇が、マリカのぽってりした唇に合わさる。
彼の唇は薄いのにあたたかくて、マリカを安心させる。

マリカが薄く開けた口の中に、次に耕史の舌が入り込んできた。
熱っぽい舌は、ねっとりした感触を与える。
それはマリカにとって嫌な感覚であるどころか、嬉しい感触であり、彼女は耕史の首に腕を回した。


「マリカ……好き、だよ。すごく好き」

唇を重ねる間に、耕史は言葉も重ねる。
マリカの不安を感じ取っているのか、キスをする時は必ず耕史は「好き」と言ってくれた。


「は……う、あ……んっ……」

耕史のキスは、上手だった。

どう上手だったかというと、唇を食むタイミングと舌を入れるタイミングが絶妙なのだ。
マリカの口が逃げるのを追い、絶対に逃さない。
涙目になるほどマリカは骨抜きにされてしまうし、それを見たときの耕史は少し意地悪な微笑みを瞳で返すのだ。

そんな時、マリカは思う。
(私はこの人が好き。たぶん、耕史も私のことが好き)

好きでなければ、こんなキスできないだろうと考える。
おずおずとマリカも舌を差し出し、唇からにゅっと先を出すと、耕史も口から舌を出して絡ませた。
2人分の唾液が、舌と舌の間に糸を引く。
耕史はそれを、蜘蛛が糸を捕まえるように、口に手繰り寄せてもう一度キスをする。

(こんなんじゃ足りない、もっとしてほしい……)

マリカは視線で耕史に訴えた。
街灯の死角であるからはっきりは見えなかったかもしれない。でも、マリカの鼓動は聞こえているはずだし、潤む瞳だって本当は見えていたかもしれない。

耕史はそれに生唾を飲み、一度マリカをぎゅっと抱き締めた。
そして抱き締めた手をもぞもぞと動かして、マリカの体をまさぐる。
彼女のトップスの中に耕史の手が入り込んできて、マリカの背中に触れる。
体温の低めなマリカの背中に触れた手は、熱っぽく、耕史の興奮を表していた。


「耕史……? ねえ、好きにして……」

背中に彼の手の感じを覚えながら、彼の腕の中でマリカが精一杯のことを言った。

「う、うん」

耕史の唇が、今度はマリカの首筋に乗る。
吐息がかかると、マリカは身をぶるっと震わせた。


「んっ……。あ、あぁ……んあっ……」

あたたかい吐息が、くすぐったいような気持ち良いような気がする。
だが、その声を聞いた瞬間、耕史の手がぴたりと止まった。


「……耕史?」

マリカが不審がって、彼に声をかける。

「……いや、ごめん。やっぱ今日はやめよう? 俺、明日早いの忘れてた」

背中に這わされていた手がするりと逃げ、抱き締めていた腕も遠くなっていく。
マリカは目を伏せて、彼の方を見ないようにした。


(やっぱり……私、魅力的じゃないのかな……。耕史にエッチしたいって思ってもらえるような女の子じゃ、ないのかな……)

男に求められることが全てではない、マリカはそう思っていたが、だが好きなひとにこんな反応をされると、悲しい気持ちになってしまう。

マリカは心の中がじくじくと膿んだようになりながら、精一杯の強がりで耕史と手をつないで駅まで戻っていった。


⇒【NEXT】耕史がマリカの上に覆いかぶさって、もう一度唇と唇を合わせた。(インサート・コンプレックス 2話)

あらすじ

いつか本物のシンガーになれることを夢見ている仮歌シンガーの飯塚マリカ。
今日も付き合って3か月の彼氏・橋本耕史とデートだった。
話も盛り上がって楽しくディナーを過ごしていたが、マリカにはある悩みがあって…

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ラブグッズSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
虚羽あす
虚羽あす
女性向け・男性向け小説/シナリオを執筆するフリーランス…
酒井 さゆり
酒井 さゆり
イラストレーター兼漫画家兼主婦。雑多に色々と描かせて頂…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう