注目のワード

官能小説 LOVERS〜恋が始まる〜 1話(社員旅行)

優しい部長【社員旅行の恋愛小説】

LOVERS〜恋が始まる〜1

「ごめんね。入社早々、社員旅行だなんて」

「いえ…」

社員旅行の宴会中、申し訳なさそうに言う木下部長に首を横に振った。

30歳になる前に、と勇気を出してIT企業に転職したけれど、
まさか、1週間後に社員旅行があるなんて、思ってもみなかった。

「会社には慣れてきた?」

「少しずつですが…」

「焦らず、ゆっくりやっていくといいよ。困ったことがあったら、遠慮なく言ってね」

「ありがとうございます」

「まぁ、僕も水川さんと同じタイミングで、異動してきたから、あんまり頼りにならないかもしれないけど」

そう言って、部長は少し照れくさそうに微笑んだ。

見惚れてしまいそう…

LOVERS〜恋が始まる〜1

お酒を飲んでいるせいか、部長の頬は少し赤く染まっている。

部長は42歳らしいけど、実年齢を言われなければ30代にしか見えないくらい若々しかった。
サラサラの黒髪に黒縁の眼鏡がよく似合う、いわゆるイケメンだ。

「グラス空だけど、どう?」

部長はそう言って、近くにあったビール瓶に手を伸ばした。

「すみません。ありがとうございます」

私は空になったグラスを部長の持つビール瓶に近付けた。

大きな手が…

LOVERS〜恋が始まる〜1

ビール瓶からグラスに、とくとくとビールが注がれる。
白くキメの細かい泡がキレイにグラスの淵まで上がって来た。

「ありがとうございます」

「いえいえ」

さっきからお礼しか言っていない私に部長は陽気な口調で言うと、とんっとビール瓶をテーブルの上に置いた。

「今度は私が…」

手を伸ばし、ビール瓶を持とうとして、ふいに部長の手に触れてしまった。
部長の大きな手は、温かい。

「すみません…!」

私は突然触れてしまったことに、思わず、ドキリとする。
手に触れただけなのに、なんだか、男の人を感じてしまったのだ。

部長は「気にすることはないよ」と笑顔で言うと、グラスを持ち、「お願いします」と私の方に傾けた。
私はまだ少しビールの残っているグラスにドキドキしながら、ビールを注ぐ。

「それじゃあ、改めて乾杯」

グラスとグラスがぶつかる音が聞こえてすぐ、私たちはグラスに口をつけた。

注がれたビールは少し生ぬるかったけれど、気持ちを落ち着かせるのにはちょうどよかった。



⇒【NEXT】ふわりと身体が浮いたような気がした…(LOVERS〜恋が始まる〜 2話)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
野々原いちご
野々原いちご
小説家。 1984.3.12生まれ。 法政大学文学部…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう