注目のワード

官能小説 心も体もつながる夜は 1話

恋と痛み

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「女性の為のHなラブコスメ小説コンテスト」のLC賞作品です。ドキドキの小説をお楽しみください。

「――――ぅ、ん、……っ」
薄暗い寝室のベッドの中、下腹部に鈍い痛みが走り、美冬は思わず身を硬くさせた。
体重をかけないように覆いかぶさっている恋人が優しく抱き締めてくれたが、狭い隘路をこじ開ける異物感は増すばかり。
膣壁をこするザリザリとした痛みに涙がにじんだ。
「……ぅ……、ぃ、痛……っ」
とうとう我慢できなくなって、美冬は弱々しく手で突っ張る。ハッとした彼が身を引けば、安堵と共に襲ってきた劣等感で胸が痛くなった。

――――また、私のせいでできなかった。
「大丈夫か?ごめん、ちょっと早まった」
「違うの、私が悪いの。……ごめんなさい」
細い腕でベッドカバーを手繰り寄せて身を起こし、涙目の美冬は小声で謝る。
週末の金曜日、恋人の部屋に誘われて夜に行うことといったら一つしかない。それは美冬も承知していたのに、ふと沸き起こった恐怖心からまた彼を拒否してしまった。
ひどいことをしたのは自分で、泣きたいような気持ちなのは多分彼の方なのに、こうしてこちらが泣くなんて卑怯だと思う。
でも、涙は止まってくれなかった。

「今日は……大丈夫だと思ったんだけど」
そんな後悔と罪悪感で潰れそうな胸の彼女を優しく労ってくれるのは、恋人であり、職場の同僚でもある飯塚知宏だ。
営業部のエースとして女性社員からモテまくっている彼の対応は、こんな時でも完璧だった。
「いや、こっちこそごめん。美冬が可愛いからつい夢中になって止まれなくて……。ごめんな、痛かったよな」
美冬の体を気遣いつつ、さりげなく愛の言葉を囁き抱き寄せる。
よしよしと髪を撫でられて、どうしようもない優しさにつんと鼻の奥が熱くなった。
自分にはもったいないくらいの恋人だ。

「なぁ……、今日はもう何もしないからさ。このまま一緒に寝ていいか?」
そして告げられたのは、素肌を合わせて寝ようという少し恥ずかしいお願い。
途端に顔がかぁぁっと熱くなるが、こちらを覗き込む子犬のような表情に嫌とは言えなかった。
「……ぅ、ん」
「っしゃ!」
美冬が小さく頷けば、彼が小さくガッツポーズをして、ベッドにゴロンと横になる。
ぽんぽんと隣を叩かれ、おずおずとそこに収まった。

「美冬、ゆっくりやればいいからあんま気にすんなよ?俺、待つことだけは得意だし。可愛い抱き枕が手に入っただけでも幸せ」
「……うん」
自分より少し体温の高い知宏の腕に抱かれ、きゅうっと胸を締め付けられる。
どこまでも優しいこの人のために、自分はどうすればいいんだろう。
彼のことは本当に好きなのに、昔の苦い恋愛経験が小さな棘のようになって心に突き刺さり、どうしても最後の一線が越えられないのだ。
このままでいいはずがない、けれど、解決の方法が分からなかった。

苦い思い出

苦い経験を思いだす女性

彼女――相川美冬が彼と出会ったのは、今から5年前の春だった。
新卒で入社し、一般職として初めて配属された営業部に2歳年上の知宏がいたのだ。
当時、入社3年目ながらメキメキと頭角を表して営業成績上位をキープしていた彼は、短く切った黒髪に清潔感があり、ハキハキとした喋り方がとても眩しかったのを覚えている。
しかし顔立ちが整っていても近寄りがたいということは全くなく、少し垂れた目と、右目の下にある泣き黒子が親しみやすさを感じさせ、周りには自然に人が集まってくるタイプだ。
たまたま彼のアシスタントになった美冬は、同期たちから羨望の眼差しを一身に浴びたものだった。

とはいえ美冬には、彼に必要以上に近付く気は一切なかった。
過去のひどい男性経験から恋愛なんて二度としないと決めていたし、特に知宏のようにキラキラした男性は苦手だったから。

そのひどい経験は、彼女の大学時代にさかのぼる。
中堅どころの女子大に入学した美冬は、友達に誘われて入ったインカレサークルで初めての恋人ができた。大人しい美冬と違って明るく派手なことが好きだったその人は、いつもワイワイと盛り上がっている賑やかなタイプだった。
自分とは全然性格が違う、と思ったものの、熱心に口説き落とされて付き合いが始まった。
初めての恋愛に美冬はどんどんはまっていき、好きで好きでたまらなくなった頃。自分が単なる浮気相手の一人だったと知った。
二股ですらない。本命の彼女は同じ大学にいて、自分は使い捨ての遊び相手だったらしい。

泣いて問い詰めた美冬に対し、悪びれない元カレはヘラヘラと『1回、処女の子とヤッてみたかったんだよね。お前もいい思いできただろ?』などと言い放った。
美冬が処女を捧げたのはその前週のことで、とにかく痛いだけだった行為2も大好きな人のためだと思ったから頑張れたのに。
結局元カレとの付き合いで美冬に残ったのは、男を簡単に信用してはいけないという教訓と、痛みしかなかった性行為の忌まわしい記憶だけだったのだ。

【NEXT】過去にとらわれた美冬と知宏は…(心も体もつながる夜は 2話)

あらすじ

挿入時の痛みで恋人とセックスできない悩みをもつ相川美冬。
彼もエッチしようと試してみるも、恐怖と性交痛に耐えられずやっぱり出来ない。
セックスを恐れてしまう美冬には、
過去に恋愛で苦い思いをした経験があった…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう