注目のワード

官能小説 心の糸を結ぶ場所 1話

たった半年前…

本棚

「あ…」
思いがけない写真を本の中から見つけ、たったひとりの部屋の中で、気まずくなる。

元恋人、哲弥とのキス写真だ。
読んでいる本のスピンが切れてしまい、しおりが欲しいと言った私に、「じゃ」といきなり口づけ、その瞬間の写真をプリントアウトした哲弥。

「ねぇ、みさき。次は、こういうところも撮ろうか」
と、片手で私のシャツのボタンを器用に外し、もう一方の手を裾から忍ばせてブラのホックを外すと、胸にしゃぶりついた。
スカートのファスナーも下ろすと、ストンと床に布が落ちるほのかな感触に、私のスイッチが入る。

哲弥のベルトを外して下着まで一気に脱がせ、すっかり硬くなった彼自身を右手で包み込む。

その間に、彼も私のショーツに手をかけ、ふたりとも、ほんの数十秒の間に体温も鼓動も直に感じる姿になった。

そのままベッドになだれ込み、激しく口づけながら、胸と胸を合わせる。
そして、ゆっくりと肌と肌を滑らせるのが、私たちは好きだった。
上半身をぴったりとくっつけて、彼自身が私の太ももの間に挟まり、あちこちが同時に摩擦と興奮の熱を上げていく。哲弥の肌が、私の全身に快感を塗り込んでいくようで、太ももの間でさらに硬くなる彼自身を、いつのまにか溢れてくる愛液が包み込んでいた。

「あぁぁ」
予告もなく、愛液の壺の中に突き入れられる硬直した彼自身に、思わずのけぞる。

「いきなり入れても、こんなにグチョグチョ…」

たっぷりと唾液の湿り気を含んだ声で耳を噛む哲弥に「だって…ぁぁ…突いて」とねだりながら腰を突き上げた…。


―――結局は、その写真を撮ってすぐに別れてしまい、気力が落ちた私は、読んでいた本も本棚に眠らせたままだった。

「ついこの間まで、結婚とか、何も考えずに恋愛してたのに…」

哲弥と別れて半年。
あれから、恋愛はいまひとつパッとしない。誰のことも好きになれないし、きっと誰にも恋されていない。
そんな中で27歳の誕生日を迎えて以降、いつの間にか「次の恋人とは結婚したいな」と思うようになっている。

キラキラした瞳との出会い

カップ

―――数日後。

「みさき、その服、いいよ!」
同僚でもあり友達でもある美穂は、待ち合わせのカフェで顔を合わせると、まずそう言った。
今日はこれから、美穂が見つけてきた婚活パーティーに一緒に参加するのだ。
美穂は、何度か同じようなパーティーに参加していて、今回は「ウジウジしてても仕方ないから、一緒に申し込んじゃったよ」とハタからみれば強引な、でも本当はとても温かい友情を発揮してくれた。

「あれ?美穂さん?」
コーヒーを飲みながら、美穂の婚活パーティー講座を受けていると、男性がにこにこと近づいてくる。
「直樹くん!」
美穂の大学時代の後輩だという直樹は、24歳という年齢よりも、さらに若く見えた。

「フリーデザイナーしてるのよ、直樹くん。こちらは、銀行の同僚のみさき」
それぞれを紹介し終わると、美穂の携帯が鳴る。「ちょっとごめん」と美穂が席を立つと、直樹と私は必然的にふたりになった。

「すごく、似合ってますね。水色のストール」
キラキラという言葉が少しも誇張ではないくらいに瞳を光らせながら、いかにもデザイナーらしい言葉を口にした。

大人の落ち着きとの出会い

ワイングラス

直樹と別れて婚活パーティーに向かうと、会場には予想以上の人が集まっていた。

「ここにいるだけで、くすぐったい感じがしますね」
参加者全員が1対1で自己紹介をした後のフリータイム。
カウンターでワインを受け取っていると、不意に話しかけられた。

「あ…、お付き合いで参加の、健二さん」
「お互いさまですね、みさきさん」

はにかんで自分もワインを受け取った健二という男性とは、友達に連れられて初めて婚活パーティーに参加したという共通点があったおかげで、自己紹介でも自然と笑顔が出た。

「ほんと、くすぐったい。友達は、どこかに行っちゃうし」
男性と楽しそうに話す美穂から健二へと、視線を移す。
「僕もです」
さっきより少し砕けた笑顔に、私も気持ちがリラックスしていった。

落ち着いた話し方の健二は、私よりも4つ年上の31歳。
歯科医師をしていて、数年のうちには開業する予定だという。

きちんと組み立てた人生設計を話す健二は、たった4歳差とは思えない大人の空気を放っていた。

あらすじ

ある日、元彼の哲弥とのキス写真を本の中から見つけた。

その写真は、しおりが欲しいと言ったみさきに、いきなり口づけ、
その瞬間の写真だった。

「ねぇ、みさき。次は、こういうところも撮ろうか」
哲弥はそういうと片手でみさきのシャツのボタンを器用に外していく。

次々を服を脱がされ、スカートがストン、と床に落ちるほのか感触にみさきのスイッチも入った。
哲弥のベルトを外し、一気にぬがせ、そのままベッドになだれ込む。

―――結局は、その写真を撮ってすぐに哲弥と別れてしまった。
つい、この間まで結婚とか何も考えずに恋愛してたのに…。

哲弥と別れて半年が経ち、みさきは誰の事も好きになれず、
誰にも恋されていない、そう思っていた。
しかし、27歳の誕生日を迎えると、いつの間にか「次の恋人とは結婚したいな」と思うようになった。

数日後、友人である美穂とカフェで待ち合わせをする。
美穂が見つけてきた婚活パーティーの参加について話し合う事になっているのだ。


この時、美穂の大学時代の後輩である直樹と出会い、そして、その後の婚活パーティーで出会うもう一人の男性・健二との出会いで、みさきの運命が動きだす…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ 決算セール
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
  • クンニ
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう