注目のワード

官能小説 「もうひとつ」の誘惑 1話

同棲、半年

同棲半年の手紙を仕分ける習慣

真鍋浩之に届いている手紙と菊地香澄に届いている手紙。リビングのテーブルの上に仕分けるのが、帰宅して最初の習慣になって半年。


浩之と付き合い始めたのは8ヶ月前で、私たちは恋人になって1ヶ月たらずで同棲を決めて、さらにその1ヶ月後には一緒に暮らし始めていた。 それは、彼が31歳で私が29歳という年齢が理由ではないと思う。私たちは、最初に体を重ねたときから、それまでとは違うものを感じていた。


私は、初めて行ったビーチで、初めて見る砂と海に引き込まれて、波に飲み込まれるように、彼のセックスに溶けていった。


付き合い出して数週間の頃、彼にそう話したとき、彼はしばらく黙ってから、「とにかくぴったりだった」とありきたりなことを口にした。 「俺たち、一緒に住もうか」と彼が口にしたのは、その夜のことだった。




週末のご褒美

女性からの誘惑、週末の甘いご褒美

「ねぇ、舐めてもいい?」 


週末の夜、夕飯を終えて軽くワインを飲みながら、隣に座る浩之のデニムに手を伸ばす。明日は休日だと思ってほっとリラックスすると、浩之を欲するマグマが、自分のずっと奥の方から湧いてくる。


「もちろん」という言葉と同時に、彼はデニムと下着を一気に脱いで、座り直す。


「もう、こんなになってる…」


目に入って来た彼自身は、すでに硬く上を向いていた。


「香澄に舐めてもらえると思うと、すぐこうなっちゃうよ」


私は、ワイングラスをテーブルに置いて、彼の両脚のあいだに入り込む。 ジュルッと音を立てて、すっかり大きくなっている彼自身を頬張る。一週間の疲れが、彼の味の中に消えていくようで、私は黙って熱心に舐め続けた。


「あぁぁ…きもちい…。香澄の口の中、やっぱすごい…」


浩之は、私のカットソーの中に手を忍ばせ、ブラの上から胸を包む。そして、「おぉ」と熱い息を吐きながら、器用に乳首を見つけて指先でつつく。


「香澄だって、もう、乳首立ってるよ…」


そう言いながら、口の中の彼自身はさらに大きさと硬さを増した。


「んん…」


息を詰まらせながら、私は、さらに深くしゃぶりつく。


「香澄は、ほんとにフェラチオが好きだね」


「浩之のだからだよ」


彼自身を浅く口に含みながら、目を合わせる。乳首を弄ぶ彼の目が、切なく潤み始めている。




眼下からの提案

眼下に居るカレからの甘い提案

彼に抱かれてベッドに移動すると、私たちははぎ取るようにお互いの服を脱がし合って、全身を舌でむさぼり合った。


「香澄、そろそろ上になりたいんじゃない?」 


後ろから愛液を溢れさせて、背骨に沿って愛撫を行き来させながら、浩之は口にした。


「浩之は?」


「そう訊く時は、上になりたいんだよ、香澄は。俺も、下から突き上げたいよ、香澄を」


彼は、グッと奥にひと突きすると、一気に引き抜いて、仰向けになった。


「自分で、いれて」


頭の下にある枕を整えながら、彼は意地悪な視線を絡めてくる。 私は、自分の愛液でぐっしょりと濡れた彼自身に親指と人差し指、そして中指を添えると、蜜闇の中に少しずつ収めた。


「あぁぁ…」


ふたりで同時に吐息を吐くと、腰がウズウズとして、激しく前後したい衝動に駆られた。


「動いて…いい?」


彼の胸板に手をそっと置きながら、眉間に力が入るのが分かった。


「いいよ。いっぱい。好きなだけ、気持ちよくなりな」


彼の言葉に、私は胸板に添えている指先を離し、少しだけのけぞりながら、腰は激しく前後させる。 体中の細胞のひとつひとつを繋ぐ糸が、一本ずつ音を立てて切れていく…。腰を動かすたびに私の体はフワフワと浮きあがるようで、逆にクリトリスが吸いつくように彼自身の根本をうごめいていた。


「いい…浩之…」


目を合わせると、彼は「ねぇ」と少し」冷静な温度で口にした。 「ん?」と私は表情だけで答える。


ディルド、使ってみよっか?」


下から私の腰にそっと手を添えて、いたずらっぽい表情で口にする彼。 私はどんな表情をしたのだろう?


「嫌なら、抜いちゃうよ」


浩之は、私の腰を少し強く掴むと、グッと彼自身の先端だけがおさまるところまで持ち上げた。


「イヤイヤ…」


私は、反射的に口にしながら、彼自身を深く沈めようとする。


「何が嫌なの?ディルド、嫌なの?」


激しくかぶりを振る私。


「抜いてほしくないんだ。いやらしいね、香澄は」


一気に奥に打ち付けるように、彼は私の体の中に沈んだ。


⇒【NEXT】「早く使いたいんでしょ?」…私の理性のスイッチをそっとオフにしていく魔法だ。…(「もうひとつ」の誘惑 第2話)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ 決算セール
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
  • クンニ
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう