注目のワード

官能小説【2話】私だけの、キミでいて。

いつもと違う私

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「ラブグッズで熱く感じる小説コンテスト」の大賞作品です。

「……なんか今日、いつもと雰囲気違うね」
「え、そ、そうかな?」

航くんとデートの日。
優里にもらったラブコスメをつけて出かけたら、なんとなく気づいてもらえたみたいで、心の中でガッツポーズする。

「うん、……香苗さんの職場って、男も多いんだっけ?」
「男の人?まあ、それなりにいるよ?」
「……なんかやだなぁ。心配」

そう言って少し口を尖らせた航くんに、手を絡められる。

(え……もしかして、ヤキモチ?)

「航くん?大丈夫だよ、私モテないから」
「…それでも俺は心配なの」

顔を赤くしたそう言う彼に、ドキドキが止まらない。
その日は一日中、手を繋いでデートをした。

だけど、幸せなデートはあっという間に終わってしまって。
今日もまた、何もせず帰ってしまった航くん。

(私……いやらしいのかな)

不安になるけど、そんな気持ちを抑えるように恋猫に手を伸ばす。
さみしいけど、自分磨きの時間にしよう。

最近は、自分の感じるところも把握してきたし、ナカもちゃんと気持ちいい。
航くんとエッチしたら、どうなっちゃうんだろう……?
次のデートは、…誘ってみようかな。
恋猫のおかげで、少し自分に自信が持てるようになってきた私、だったけれど。

まさか、航くんと優里がふたりで会っているのを見ちゃうなんて……。

親友とカレの仲

次のデートに着ていく服を新調しようかな、と思って仕事帰りにショッピングにきた私。

だけどそこで偶然、航くんと親友の優里がふたりで歩いているのを見てしまった。
ふたりとも、スーツのままで、私と同じく仕事帰りだってわかる。

……私も入れて三人で会ったことは何度かあるけど、連絡先知ってたんだっけ。
何、してるんだろう。
買い物? デート?……これって、浮気?

仲よさそうに話す二人は、レストラン街もあるショッピングビルに入っていった。

なんとなく、追いかける気にもなれなくて。
服も買わず、そのまま家に帰った。

視界の端に、恋猫が入る。
優里は、どんな気持ちでこれをくれたんだろう。
もしかしたら、トレーニングの成果も出せないまま航くんとはお別れしちゃうのかな。
まさか優里、恋猫のこととか航くんに話してたらどうしよう……!

「週末、会えますか?」

そんなメッセージが航くんから来ていたけど、何を言われるのか怖くなった私は逃げるように布団に潜った。

家にやってきたカレから…

どんなに嫌な気持ちでも、日々は回って。
連絡しないまま迎えた週末、玄関のチャイムが鳴った。

のぞき穴の向こうには、

(ウソ、航くん……??)

少しふてくされたような顔の航くんが立っていた。
いつもは絶対、「これから行きます」って連絡してからくるのに。
連絡、返してないのは私だけど。

別れ話かもしれない。
でももう、逃げられない。

おそるおそる玄関を開けると、……目の前が、真っ赤になった。

官能小説挿絵:私だけの、キミでいて。で登場するプレゼント用のバラをイメージ

……バラの花?

「え、航くん……?」

視界いっぱいに差し出されたのは、たくさんのバラの花束。
何本あるのかなんて、一目では数え切れないくらい……

「108本あります」

聞くより早く、航くんがつぶやいた。
…真っ赤なバラの花束が、108本。これって。

「香苗さん、……俺と、結婚してください」

⇒【NEXT】「……気に入んなかったら、すみません。でも俺、香苗さんのことが好きです。」(私だけの、キミでいて。 最終話

あらすじ

友人からもらったラブコスメをつけデートした日、今日はカレの反応がいつもと違う。
もしかしたら今日は…と思ったのも束の間、今日も何もせずに帰ってしまったカレ。
寂しい気持ちを抱える香苗は…

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
emu
emu
「applemint」というサイトで女性向け夢小説を創…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう