注目のワード

官能小説 夜はまた明ける 前編【LCスタイル】


こぼれ落ちた色気

“全然…違う”

目の前で一緒にランチが運ばれてくるのを待っている弥生とは、大学時代からの付き合いだ。ごく自然に女らしさがにじみ出ている彼女に比べて、私は…。
弥生の艶っぽい唇を眺めながら、自分の唇に触れると、ガサガサと音がしそうな肌触りだ。
目に入る唇と指先に触れる唇のギャップに恥ずかしくなって、私は、思わず水を飲んで唇を濡らした。

大学を卒業してから6年。山?弥生は29歳、私、五十嵐美雪は28歳になった。
一緒にゼミやサークルに通っていたあの頃には、こんなに女らしさに違いがなかったように思う。お互い、恋愛もしていた。
社会人になってからは、会える機会も減ってしまったけれど、ときどき一緒に旅行をする。今回は、隣県の温泉を私が予約した。

「やっぱ、まずは温泉でしょ!」

弥生のひと言で、宿に着いてまずは温泉を堪能した。

「なんか弥生、色っぽいよ。なんだろ?全然違う!」

脱衣所でお風呂上りの彼女の体を、まじまじと見てしまう。

「見ないでよ、恥ずかしいなぁ」

言いながら彼女は、ボディーローションをバッグから取り出して塗り始めた。

“こういうところが、違うんだよなぁ…”

ぼんやりと浴衣を羽織ろうとすると、

「ねぇ、美雪も使ってみなよ!」

弥生がボディーローションを手渡してくれる。 言われるままに手に取って、腕に塗ってみる。

“いい香り…”

甘くて、でも爽やかで可愛らしくて、ピュア…。自分自身からこんな香りが漂ってくるのは、いつぶりだろう…。

「それ、気持ちいいでしょ?」

弥生の言葉に頷いて目を合わせると、

「ねぇ、友達だから言うけど。美雪、色気なくなってるよ」

言いながら、弥生の目が真剣になっていくのが分かった。

「だよね、やっぱり…」

私は、苦笑いを浮かべてしまう。

「うん…。でも、色気って、なんか、指のあいだから落ちてく砂みたいに、いつの間にか少なくなってくとき、あると思う。でも、けっこうすぐ取り戻せるもんだとも思うよ」

弥生は、厳しい指摘をしながらも、たくさん私のいいところを褒めてくれて、私のことを大好きだと言ってくれて、大笑いしながら食事をして、あっという間に一日が過ぎていった。

布団に入り、いつもより柔らかい肌に触れながら、思い返してみる。 最後にセックスしたの、いつだったかしら…。

―――あぁ、もう2年も前…。

「いいよ…。ほら、イキな」

当時の恋人・祐司は、私の脚のあいだに入って、敏感なマメを舐め転がすのが好きだった。
そのすぐそばから溢れる蜜をすすりあげながら、ドクドクと脈打つマメに舌をねっとりと這わせて、じっと目を合わせてきた。

「あぁ、祐司…もっと…もっと…いいっ」

彼は舐めるのが大好きだったから、私もいつも思い切りおねだりをしていた。

「もっと?美雪、もっとしてほしいの?いつから我慢してたの?」

私の両脚を大きく左右に開いて、彼は表情も舌の動きもさらにねっとりとさせる。 ジュルッと大きく音を立てて愛蜜を吸い上げると、舌先でチロチロとマメをくすぐり始めた。

「あぁぁ…それ…だめ…イク…」

私の快感も吸い取りそうな彼の目にまっすぐに視線を向けて、私は、果てた。

「まだまだ…美雪はこんなんじゃ足りないんだよね」

充血の極みを突き抜けたクリトリスを、しばらくは優しく包み込むように舐める。それから、だんだんと舌を強く押し付けて、吸いながらこねる。
同時に、蜜の溢れる出口を、指先でくすぐる。

「うぅん…だめ…また…またイっちゃう…」

快感で全身に力がこもり、私は脚を閉じたくなる。

「ダメ、美雪。脚を大きく広げたまま。いやらしい恰好でイクんだよ」

「あぁん…。うん…うん…わかった…。だから…もっと…舐めて…」

「欲張りだねぇ。美雪のここは…」

祐司は、絶妙な強さで爆発したばかりのマメを吸うと、ざらつきと唾液のとろみの混ざった生温かい舌の動きを、一気に速めた。

「あぁぁ…また…イク…」

彼に抑えられて閉じられない脚を痙攣させて、私はまた果てた。

「まだまだだからね…」

彼の愛撫は、私がぐったりとするまで、いつも終わらなかった。

「何度もイキな」「好きなだけイっていいんだよ」という甘くていやらしくて愛のある言葉が、旅館のふわふわした布団にくるまる私の耳の奥に、甦った。

耳の奥に響く言葉

「この子にそういう言い方をしない方がいいって、前にも言ったよね?」

学習塾に勤め始めて6年。まだまだ経験も力も足りないところがあるけれど、後輩もできて指導を任されている。鈍い後輩を、ついつい叱ってしまった。

トイレで鏡を見ながら「人のこと、言えないなぁ。この後輩には、どんな言い方をすればいいんだろ?」と反省しながら鏡を眺める。

瞳が、少しくすんでいるかもしれない。 …やだ。目の下にクマ?

1週間前に温泉旅行をした友人、弥生の「色気、なくなってるよ」という言葉が、耳の奥から聞こえてくるようで、思わずため息が出た。

“今夜、飲みにでも行くか”

がっくりと肩を落としていると、同期の正樹から誘いが入った。

“行く行く!正樹、いつもタイミングいいわ〜”

早速返信すると、両頬を軽く叩いて気分を切り替え、仕事に戻った。

正樹と一緒に飲むのは、行きつけの居酒屋とほぼ決まっていた。

「どうしてあの子にあんな言い方するのかしら?」と仕事の愚痴をこぼし、
「弥生に、ついに“色気ない”って言われてさ…」とプライベートの弱音も吐いて。
そんな私の話を、正樹は、生ビールを飲みながら笑って聞いている。

「まぁ美雪は、この仕事が向いてるんだよ。後輩に同じことを求めちゃいけないってのも、頭では分かってるんだよな。でも、生徒のことを考えると“しっかり見てくれよ”って思っちゃうんだよな」

「そう!生徒のこと考えると…なんだよ」

正樹は、本当に私のことをよく分かってくれる。

「でもまぁ、弥生ちゃんの言うことも、ちょっと図星かもな」

自分と同じ大きさのジョッキから生ビールをグビグビ飲む私に、正樹は笑った。

「え〜!正樹まで、それ言う〜?じゃあもう、色気なくていいわ」

笑い返しながら、私は生ビールの追加を注文した。

居酒屋を出て、ひとりでもう一軒。 2年前の恋人、祐司とよく行っていたバーに向かう。
別れてからもときどき顔を出していたが、数ヶ月ぶりだ。

「美雪ちゃん、久しぶり!」

マスターとママの顔を見ると、胸の奥のモヤモヤが、激しく暴れ出すのが分かった。
弥生に言われたこと、正樹にもダメ押しのように色気がないことを指摘されたこと。後輩に求めすぎてしまうこと…。 ゆっくりと水割りを飲みながら、暴れて仕方がないモヤモヤを吐き出す。

「私、空回っちゃってるのかな…。仕事でもプライベートでも、女らしさとか柔らかさとか、どんどんなくなっちゃってるのかな。どうしてだろう…」

認めたくないことが自分の口から出てきたとたん、涙が溢れた。

「私に言えたんだから、もう大丈夫よ」

ママは、「もう閉店だから、ちょっとふたりでゆっくりしよう」とカウンターからテーブル席へと私を促した。 温かい紅茶を出して、私の手を包んで温めてくれる。

「美雪ちゃん、あのね。女らしさって、先端に宿るの。指先、つま先、毛先。先端が傷ついてるっていうのは、女らしさが傷ついちゃってるのよね」

私の指のささくれを、ママは優しく撫でてくれる。 そして、「ちょっと待ってて」と爪の手入れをする道具を持ってきた。

「自分を責めないで、美雪ちゃん。たとえ少し女らしさが減っちゃってるとしても、それは女をサボッてきたからだって思っちゃだめ。ひとりの人間として、一生懸命に闘う時間を過ごしたからなんだよ。今の美雪ちゃん、祐司くんと来てくれてた頃より、ちょっと先端が傷ついてるかもね。でも、あの頃よりも素敵になってるところだって、いっぱいあるよ」

10本の指の爪の甘皮を優しく剥がして、爪の形を整えて、表面をピカピカにしてくれながら、ママはずっと優しかった。
今の私のいいところ、祐司との思い出話。ときどき冗談も言いながら、「まだまだこれからよ」と磨きあがった爪と手にクリームを塗ってくれた。

―――翌朝。

仕事に行く準備をしながら、ふと昨夜ママに手入れしてもらった指先が目に入る。
爪の生え際から先端まで、何も塗っていないのに女らしさが溢れている。 つい、柔らかくて繊細な動きをしたくなる…。

(あ、この感覚…)

自分の中に、忘れかけていた女らしさのかけらを発見したようで、瞬間、胸が熱くなる。

「女、磨こう!」

優しく輝く爪を眺めながら、小さく、でも強く、声にした。

お湯を揺らすカラダ

数日前、バーのママに手入れしてもらって女らしくなった指先。その爪の艶を目にするほどに、「女を磨こう」という決意が、くっきりと浮かび上がってきた。

≪弥生、おはよう!今日、仕事帰りに会える?ネイル行かない?≫

ネイルサロンに、ひとりで行けないわけじゃない。でも、何かに踏み出そうとするとき、近くにいてくれると心強い。弥生は、そんな友達だ。

≪行く行く!私もちょうど、美雪に渡したいものがあるの≫

早速の弥生からの返信に、気分がさらに高まる。

「やっぱり、いいねぇ」

ネイルサロンを出て、弥生のオススメのレストランで食事をしながら爪を眺める。 爪を女らしくするだけで、気分がこんなにも潤って艶やかになっていく。
知っていたはずなのに、心の奥のほうに置き去りにしてきたんだ…。

「そうそう、美雪。これを渡したかったの」

弥生がバッグから出したのは、リップグロスとヘアパフューム。

「可愛い!…でも、どうして?」

「こないだ、一緒に温泉行ったでしょ?で、美雪に女を取り戻してほしいなって。せっかく可愛いし魅力的なのに、もったいないって。そう思ってたら、ちょっと言い過ぎちゃったなって反省してたの。それで、お詫びのしるし!」

弥生は、少し照れながら「すっごくいい香りなんだよ」とパッケージを開けた。

「ほんとだ!」

甘くて爽やかで可愛らしい香りが、鼻の奥に染み込んでいく。チラリと自分の指先が目に入る。
女を磨くスイッチは、実は、自分の中のいろんなところにあるのかもしれない。

「ありがとう、弥生」

彼女の心の温もりまでもらった気分で、デザートまで楽しんだ。

帰宅してお風呂に浸かりながら、改めて爪を眺め、食事中の弥生との会話を思い出す。

「弥生って、すごく女っぽいのに、爪が短いよね。なんか、意外」

そう言って食後のコーヒーを口に運ぶ私に、彼女は

「だって…、爪が長いと、セックスのときに邪魔じゃない?」

と囁いた。不意打ちを食らった気分で、私はきっと、ひどく間の抜けた表情で、コーヒーをゴクリと飲んだに違いない。

「それに…」

弥生は、私に顔を近づけてさらに声をひそめ、

「ひとりエッチするとき、爪が長いと、指を入れられないでしょ?」

といたずらっぽく笑って、自分もコーヒーを飲んだ。

「ひとりエッチ…かぁ」

お風呂のお湯を両手にすくって、ポツリとつぶやいてみる。 考えてみれば、セックスだけでなく、ひとりエッチも長いことしていない。

私は、何度かチャプチャプとお湯をすくってはこぼしながら、だんだんと、自分の肌に触れてみる。 腕…肩…胸…お腹…太もも…。毎日のように洗っているけれど、それはただの作業になっていたことに、ゆっくりと触れてみると気づく。

(柔らかい…)

自分は女性だったんだ。 あまりにも当たり前なことが、指の腹から伝わってくる。

お湯の中で肌に触れるうちに、いつの間にか、指が両脚のあいだへと伸びていった。 その指に呼応するように、脚が開いていく。

敏感なめしべと小さな花びらを包み込む、ふっくらとした大きな花びらを、人差し指、中指、薬指の3本で撫でる。ゆっくり、ゆっくり…。 何度か前後させながら撫でるうちに、少し強く押さえたくなる…。

「…んんぅ」

思わず息が漏れて、左手でバスタブの際を掴んだ。 花びらに隠されているめしべが、ウズウズと訴え始める…。 (触れて)と動き始める。
私は、人差し指と薬指で花びらを掻き分けると、中指でドクドクと脈打っているめしべに触れた。

知らないうちに蜜が溢れていて、お湯の中にトロッとした感触が混じる。

(あぁぁ、クリトリスって、こんなに繊細だったかしら…)

今にも弾けそうなオレンジの一粒のようなみずみずしさと、弾力。
つぶさないように、つぶさないように、そっと撫で続ける。

「はぁぁ…」

めしべの温度と同時に、息も熱くなる。 溢れ続ける蜜に導かれるように、蜜の源泉の入り口にも、指が伸びた。

「んん…いぃ…」

腰の力が抜けていって、首までお湯に浸かり、仰向けになる。 体の芯から熱さと切なさがこみあげて…、それが全身に広がっていって。 また芯から快感がこみあげて…。

「あぁぁ…、これ…これ…。きもちいい…」

久しぶりに味わう快楽の波に、思わず声が出ていた。

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

魔性と純粋企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
嶋永のの
嶋永のの
フリーのイラストレーター・漫画家(少女漫画・TL)
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう