注目のワード

官能小説 あなたを感じる〜電話エッチ〜 1話【LCスタイル】


旅立ち

時間とは、何だろうか?空間とは、何だろうか?行きつけのバー。目の前のグラスの中で、氷が小さな音を立てて溶け、崩れる。

「この氷も、隼人が帰ってくる頃には全部溶けて、しかも蒸発しちゃってるのかな?」

隣に座る恋人、浅川隼人に目も合わせないままにつぶやく。

「蒸発はしないって、麻里。数か月か、長くても半年だから」

笑っているけど笑い飛ばさない声で、彼は答えた。

出会った頃、彼は私を苗字で「水谷」と呼んでいた。あれから、1年。時間は流れ、たくさんの空間を共にした。

あと数日したら彼は、ここ東京からドイツへと、長期出張に出かけてしまう。

今ドイツにいる社員が帰国しなければならなくなり、急に隼人が駆り出されたのだそうだ。ついさっき知った事実に、まったく実感が湧かず、「半年」と口の中だけでつぶやいた。

「…ぅうっ」

キスの吸引力は、いつもの何倍だろうか…。

バーを出てから隼人は、私に確かめることもせずホテルへと手を引いた。

そして、部屋の扉を閉めるやいなや吸い上げるように激しく唇を重ねて、それから黙ってきつく抱きしめる。

「…ごめん、麻里」

心臓の鼓動がぶつかり合うような振動の中に、泣きそうな隼人の声が混じる。

「謝ることじゃないのに…」

息苦しい中で、何とか顔を隼人に向ける。彼の瞳は、これまでに見たこともないほどに潤んでいる。溜まっている涙を目にした途端、こみ上げる衝動を抑えられず、私は彼のシャツのボタンに手をかけた。震える指先で少しずつ彼の胸をあらわにする。

「あったかい…」

隼人の厚い胸板に手の平を添える。この温もりに、次に触れられるのはいつだろうか…。

背中のファスナーを下ろした隼人の手が肩を撫でて、ストンとワンピースが床に落ちる。

(この東京に彼が何かを置いて行ったとしても、それは抜け殻。彼は、生身の隼人は、数日もすれば遠くへ行ってしまうのだ)

肌を滑るワンピースにそう言われているようで、隼人の体温を確かめるように、彼の胸に耳を当てた。

「麻里、くっついていて」

シャワーを浴びてベッドに横になると、隼人は腕枕で私を抱き寄せて、ドイツの話をした。

彼は、私と知り合う前に、仕事で2度ほどドイツを訪れている。そのときの思い出、仕事でもある車の話、街並み…。私の髪に何度もキスをしながら、話して聞かせてくれる。

「…でも、やっぱり麻里と一緒に居たいんだけどね」
「けど、技術者としては、すごく認められたからドイツに行くんでしょ?おめでとう」

私のその言葉は、少しも嘘ではなかった。もちろん寂しい。でも、彼が仕事で認められることは、素直に嬉しかった。

「それはそれ!これはこれ!」

隼人が、それまでよりも少し強い声で強引なキスをする。私は、自分の本音を代弁されたようで、もどかしく舌を絡ませた。

その晩私たちは、出会ってからのこの1年の中で、いつよりも激しく抱き合った。

「麻里、舐めていい?」

隼人が、私の両脚の間に指を這わせると、私の口からも自然と「私も、舐めたい」と漏れた。

ジュルジュルと音を立てながら、彼の中心を夢中で舐め上げる。自分の唾液に包み込まれた隼人の中心を、思わず頬ずりして「大好き」と息を吐いた。

ほとんど口の中だけで囁いたのに、「俺も…」と返ってくる。その声が、舐められている中心から、体の中を伝って耳に届くようで、全身の細胞がざわめいた。

「隼人…つながりたい…」

私からそう言ったのは、初めてだったかもしれない。隼人は、いつになく動きも顔つきも激しくて、つながっているあいだ、目が離せなかった。正常位でつながって、彼は体位を変えようとしたけれど、私は「そのまま、目を見ていたい」とお願いした。

彼の中心が、いつもよりも深いところに、いつもよりも強く印を残すように、いつもよりも甘く溶け込みながら、私の奥を突き抜ける。

「帰ってきて。私のところに、帰ってきてね」

思わず出た本音に、「どこにも行くなよ」と荒息に混じった言葉が返ってきた。

数日後。仕事を終えて、空港で隼人を見送る。

「…愛してる。行ってきます」

最後の最後、隼人は私を抱き上げるほどに抱きしめて、耳元でそう囁いた。

初めての「愛してる」を残して、彼は飛び立った。

怪しい小包

(今、向こうはお昼か…)

眩しい街灯をぼんやりと眺めながら帰宅する夜8時。

恋人の隼人が突然にドイツへの長期出張に出かけてから、数週間が過ぎた。

何もかもが新しい環境でバタバタと忙しい中、彼は毎日連絡をくれた。

休日にはビデオ通話もしてくれる。すぐそばにいてくれるような、でも「食事、どこに行く?」なんていう日常的な会話はできなくて、距離を痛感していた。

「…ん?何だろ?」

郵便受けに小さな小包がある。怪しいもの…?こんな時、隼人が一緒にいてくれたらいいのに…。私は、自分で思う何倍も彼を頼りにしている自分に気づいて、また少し寂しくなりながら、恐る恐るその小包を開けてみる。

「服…?」

レースの生地が見える。…と、カードが目に入って、まずはそのカードを取り出した。

“きっと、麻里に似合うよ  隼人”

「隼人?」

思わず声に出して、同時に手が小包の中に伸びる。そのレースは、服ではない。ランジェリーだった。
私が普段つけているものよりも、ずっと色っぽい、ワイン色。それから、そのランジェリーにぴったりなフレグランス。

早速隼人に連絡をする。ちょうどランチだったのか、すぐに返事がきた。

『明日ビデオ通話の時、それ、つけてね』

思いがけない言葉に、思わずランジェリーを袋に戻した。

「麻里、あれ、つけてる?」

ふたりともが休日である翌日、ビデオ通話を始めて間もなくして、隼人は少し意地悪な笑みを浮かべた。

「あれ…。ねぇ、あれって、普段使えるの?なんか…なんていうか…、そういうときのためっていうか…」
「ちょっと、返事になってないよ。せっかく通販で麻里に似合いそうなランジェリー見つけたのにさ。普段も使えるし、ベッドの上で使ってもすごくよさそうだろ?ねぇ、つけてるの?」

楽しそうな隼人に、私はうつむきながら「…うん」と答える。

「ねぇ、麻里。俺の言いたいこと、分かる?」
「分からないよ!…もう、恥ずかしいから、話変えるよ!」
「だめだめ。ねぇ、見せて、ランジェリー」

私を遮る彼の言葉に驚いて、思わずパソコンの中の隼人を直視した。「見せて」と、彼も私を直視する。

「本気で言ってるの?」
「もちろん。ほら、ワンピースのボタン、外してよ」
「えー…。外さなきゃ、だめ?」
「だめ」

即答する彼の声に押されるように、ソロソロとボタンに指をかけた。

「見えてきた」
「やっぱり、似合うよ」
「コットンのワンピだから、ギャップもいいね」
「表情も、すっごくいい…色っぽいよ」
「フレグランスの香りも、伝わったらいいのに…」

彼の声が、ボタンを1つずつ外していく。私はいつの間にか肩もあらわにして、上半身はランジェリーだけになっていた。

「それも、とってよ」
「だめ!それはだめ!」

あまりの恥ずかしさにワンピースを着直して、話を変えた。ビデオ通話の最後、

「麻里、明日も休みだね。明後日、仕事にそのランジェリーをつけていきなよ」と微笑む。嫌だとむくれながら、私は、下半身が熱くなっているのを感じた。

話し終えてしばらくしても、下半身のほてりがおさまらない。ショーツの上から、そっとクリトリスに触れる。

ビクン…。

一気に頭に血が上った。私の体は、こんなに反応していたの…?

そこからは、指が止まらない。ショーツを下ろして直に肌に触れると、吸い込まれるように指はカラダの中に納まっていった。

その指をほんの少し動かすだけで、全身がもどかしいほどに揺れる。「隼人…隼人…」と愛おしい名前を呼ぶ声が次第に大きくなって、それに従って指の動きも激しくなった。ドクンドクンと脈打つクリトリスを手の平の付け根で抑えながら、指に吸い付く蜜壺をかき回す。

「あぁぁ、ダメ…ダメ…」

ついさっき隼人に向けた“ダメ”とは別の“ダメ”が口から何度も出て、果てた。

―――翌々日の朝。

『ランジェリー、つけた?今日はどんな服?』

職場に着く直前に、真夜中のドイツから連絡が入った。急いで写真を撮って、彼に送る。

『こんな上品なスーツの下に、あれをつけてるんだね』

彼の返事を読み終えたところでデスクにつくと、 同僚から「あれ?今日ちょっと、いい香り」とからかわれる。照れ隠しに首を横に振りながら、隼人の「見せて」という声を思い出していた。

新しい小包

長期出張でドイツに行ってしまった恋人の隼人。彼がドイツから通販で購入して送ってくれたランジェリーは、その後、何度も私を包んだ。こんなにセクシーなランジェリーは自分には似合わないとも思う。でも、似合うとか似合わないとかではない。

このランジェリー、それからフレグランスをつけると、 そこに隼人がいてくれて、包んでくれている気持ちになれる。

―――隼人から新たな小包が届いたのは、さらに、数週間が経ってからだった。

『ローション、届いたよ。ありがとう』

それは、“ボディ用マッサージローション”だった。

『届いてよかったー。疲れてるだろうから、使ってね。ほんとは、俺がマッサージしてあげたいんだけどなぁ』

隼人からの返信に、嬉しくもあり、正直なところ少しだけ「エッチなものじゃないのね…」と拍子抜けもした。でも純粋に、隼人が選んでくれたローションでマッサージをすると、少しだけ彼が近づいてくれているようで、幸せだった。

「ねぇ、あのローション、気持ちいい!なんか、あったかいの!」

少し久しぶりのビデオ通話。私は、ローションを隼人に見せた。

「ねぇ、それ。実はエッチなローションなんだよ」
「え?」

キャップを開けて手のひらにローションを取ろうとしているところに、思いがけず“エッチなローション”という言葉が耳に入ってハッとした瞬間、 手のひらにローションがトロッと落ちた。

「それ、エッチなローション。使ってみて」

どう反応していいか分からない私に、隼人はさらに言葉を重ねた。

「今日、ちょうどキャミソールだし、まずは首筋ね…」

戸惑う私を、彼は急かした。

「マッサージ、してるんでしょ?同じようにやってみてよ」

私は、ほとんど恐る恐るというぎこちなさで、ローションを鎖骨のくぼみに馴染ませる。

「綺麗だよ、すごく。あー、ほんとに俺がしてあげられればなぁ」

隼人を見ることができず、トロトロと光る自分の肌ばかりが目に入る。今まで、マッサージローションとしか見ていなかったこれが、隼人の声が重なるだけで、色もとろみも、そして肌に触れる感触も、全部変わる。いつもはほんのりと温かいのに、今日は熱っぽくなっているようにすら感じた。

「いい顔してる…」

隼人の声に、顔を上げる。自然に、画面の中の彼に向けて、笑みがこぼれる。「脱いで」という彼の言葉にドキッとしたけれど、それ以上に、さらに熱を増した肌が、彼の言葉に従いたいと訴えた。

私がキャミソールを脱ぐと、すぐさま彼は「ブラも」と少し息を荒くした。私の指は、操り人形のようにブラのホックをはずす。

(本当は、こうして欲しかったのかしら?…いつから?)

彼の指示に従って改めてローションを手に取りながら、そんな疑問が心に浮かぶ。 隼人にランジェリーを見せてから、私は、自分でも気づかないうちに、 こうやって脱がされることを望んでいたのかしら?

「ローション、胸にたっぷりつけてよ」

左手に取ったローションで、右の胸を包む。

「柔らかいところだけでいいの?麻里のおっぱい、1番感じるところ、そこじゃないでしょ?」
「片方だけじゃなくて、ちゃんと両方して」
「んんん…隼人…」

少しずつ吐息が混じる彼の指示に、私は、腰がクネリと動き始めるのを感じていた。

「すごい…。麻里、すごく色っぽいよ。ねぇ、俺も、自分の、触っていい?」

その言葉に黙って頷くと、さらに大きく腰がうねる。その拍子に、指先が胸の先端にトンと触れた。

「ぁぁああんっ」

ビクンと上半身が揺れて、両手の指先が「これ!」と言うように先端をつまむ。

「そうそう、そこ。麻里のおっぱい、1番感じるのは、そこでしょ?」

うんうんと首を縦に振りながら、手の動きがさらに激しくなる。

胸を包むローションの温もりと先端の快感に、隼人の荒い息使いが混じる。

「今日はここまで!」

突然、隼人がいつもと同じ声を出す。

「え?」

一気に正気に戻されて、私は彼を覗き込んだ。

「麻里、きもちよかった?」

私は、黙ってうなずく。

「じゃ、またしようね。今度は、もっと気持ちよくなっていいよ」

そう言うと彼は、全然違う話を始めてしまった。


私は、慌ててキャミソールの上に羽織っていたカーディガンに手を伸ばし、胸を隠した。

贈り物に包まれる幸せ…

ローションでマッサージをして、ワイン色のランジェリーをつけた。

どちらも、長期出張でドイツにいる恋人の隼人からの贈り物。これから、2週間ぶりにビデオ通話ができる。

ローションを送ってもらってから1ヶ月ほどが過ぎていて、季節が移り変わろうとしていた。

ランジェリー、フレグランス、ローション。離ればなれになってから贈ってもらったすべてのものが、私を包んでいる。

そして今日はもう1つ、彼からの贈り物がそばにある。

「あれ、もうひとりで使った?」

しばらく近況を話すと、隼人はいたずらな目で言った。

「そんなわけないでしょ!」

すぐさま彼の言葉を否定して紅潮をごまかした。リモコンローターにチラリと目をやる。

彼に言った通り、私はこれをひとりで使ってはいない。でも…、このローターが届くまでのあいだ、期待していなかったといったら、嘘になる。

何かまた、エッチなものが隼人から届いているかもしれない、という期待で郵便受けを開けた日は、1度や2度ではなかった。だから、実際に郵便受けの中に小包を見つけたときには、それだけでキュッと両脚のあいだが反応するのが分かった。

「今、ローター見てるでしょ?」

彼にそう言われて、ハッと視線をパソコンに戻す。

「見せてよ」と続く彼に声に、ソロソロと恥ずかし気にローターに手を伸ばした。けれど、腕や指の芯は、彼の言葉に逆らう気持ちなど1ミリもないのだと言っている。

「可愛いローターだね、そのピンク色、麻里に似合ってるよ。ローションもある?」

私はコクリと頷く。

「ランジェリーもつけてるの?」

また私は、小さく頷く。

「そんな返事だけじゃ分からない。見せてよ」

その言葉に、私はどんな顔を見せたのだろう。彼は「嫌じゃないんでしょ?」と続けて、ブラウスのボタンを外すように言った。1つずつボタンを外すたびに、私の体の芯は熱くなり、そしてジワリジワリと濡れてくる。

「ランジェリー、前よりもっと似合うようになってるよ。すっごくきれい」

本当に似合うようなっているのだとしたら、こんなに濡れているからなのではないかと、恥ずかしくなる。でも、恥ずかしくなるほどに、さらに熱く溢れて濡れていく…。

「今日も、おっぱい見せて」という彼の言葉が耳に響いたときには、半分反射的にブラを外していた。さらに、ローションを塗ってほしいという言葉にも、何の迷いもなく応じていた。

「ねぇ、ローションの上から、ローター当ててよ」

「え?」と返事をする私の声は、ほとんど吐息になっていたかもしれない。

「こうして?」

私は、ローターを胸に近づけた。

「そう。スイッチも入れて」
「え?自分で…?」
当たり前のことを訊いたのは、照れ隠しだった。
「そう、麻里が自分で。キモチよくするスイッチを入れるんだよ」

そんなことを言われたら余計にできない…と抵抗しながらも、鼓動が1回ごとに激しくなり、全身がほんのりとしびれ始め、さらに熱いものが溢れていた。

「ほら、リモコン、俺に見えるようにしてスイッチ入れてよ」

少しずつ脳がぼんやりとするのを感じながら、言われるがままにリモコンを見せながらスイッチに手を当てる。

「あぁぁんっ」

ローターが胸の先端に触れて、思わず声が出た。あまりに敏感になっている体に驚きながら、ローションの上を泳がせるようにローターを動かしてしまう。

「見ないで…」

吐息で擦り切れるような私の声に、彼は「どうして?すごくきれいだよ」と同じくらい熱い息で答えた。見ると、彼はスウェットパンツを脱いで、下着に手を当てている。

「隼人、いつの間に脱いだの?」
「麻里も、スカート脱いでよ」

質問に答えずに、彼はさらに息を荒くした。その息に押されるようにスカートを脱ぐ。

「麻里、麻里…。ローター、クリトリスにも当ててみて」
「…え?…無理」

言葉とは裏腹に、クリトリスがビクリといっそう大きく脈打つ。

「ほら、脚、開いてよ」

隼人は、私の言葉よりも、心と体を読んでいる…。心の奥で望んでいることを言い当てる…。少し拒みつつも彼の言う通りに脚を開いて、見えやすいようにカメラに向けた。

「濡れてるじゃん」

隼人の言葉が脳の芯に、ジワリと濡れた感触が両脚のあいだに、同時に染み込んだ。


官能小説で登場した電話エッチについて詳しく紹介

官能小説に登場した麻里と隼人の話の続きを読む前に、電話エッチに興味がある方に向けて、「電話エッチのやり方」「盛り上げるコツ」「おすすめのアイテム」を紹介させてください!

電話エッチのやり方とは?


電話エッチ(テレフォンセックス)は、電話でエッチな話をして楽しんだり、お互いオナニーをして楽しみます。現在はスマホでテレビ電話をして行う方法も人気なようです。

相手の声を聴いたり、エッチな姿を見て一緒に気持ちよくなれるので、麻里と隼人のように、遠距離で会えないカップルに特におすすめです。

とはいえ、いつも通り電話をしているときに「電話エッチがしたい」と切り出すのはなかなか難しいことも。

「最近寂しいな…」「前にエッチしたのっていつだったけ?」などきっかけになる会話から始めてみるのがおすすめです。

電話エッチのやり方についてもっと詳しく知りたいという方は下記の記事もチェックしてください!

電話エッチを盛り上げるコツとおすすめアイテムを紹介


電話エッチを盛り上げるには、会話に加えてラブグッズを使ってみるのもおすすめです。

さくらの恋猫は、アプリと連動して、彼と通話しながらも気持ちよくなれます。彼がアプリをDLすれば、彼の方からの操作もできるので、電話エッチをしたいカップルにはピッタリといえるでしょう。

さくらの恋猫カテゴリ

さくらの恋猫全商品画像

さくらの恋猫カテゴリ雑誌やSNSでも話題?!もはやセックスを超えるひとりエッチが堪能できる『さくらの恋猫』シリーズ。見た目絵もかわいくて部屋にも置きやすいのに、パワフルな振動が特徴です。また、スマフォと連動させて彼と遊んでも良し、コンテンツと連動して振動するのでもはや彼に攻められているかのような新感覚が味わえます。

さくらの恋猫詳細はこちら

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

パートナーとではなく、ひとりで電話エッチのシチュエーションを楽しみたい方には…


この記事を読んでいる方の中には、パートナーと楽しむというよりひとりで電話エッチのシチュエーションを楽しみたい!と考えている方もいるかもしれません。

そんな方には下記の電話エッチのシチュエーションのエッチボイスがおすすめです。ドキドキするような電話エッチを楽しめるので、ぜひチェックしてみてください。

先生の言うとおり〜電話でエッチな遠隔授業〜画像
★【北村敦】先生の言うとおり〜電話でエッチな遠隔授業〜【導入ボイス】を聴いてみる★

意地悪な漫画家〜電話越しに訊かせて?〜画像
★【神楽奏】意地悪な漫画家〜電話越しに訊かせて?〜【導入ボイス】を聴いてみる★

また、上記のエッチボイスのコンテンツは、電話エッチにおすすめのアイテムとして紹介したさくらの恋猫と連動して楽しむことができます。ボイスに合わせて、振動するので、まるで本当に彼に動かされているような感覚に…。ぜひチェックしてみてくださいね!

電話エッチの官能小説を読んでいる方におすすめの記事を紹介

ひとりエッチにまつわるお役立ち記事

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

恋人の隼人に、ドイツへと長期出張に行くことになったと知らされた麻里。
突然のことに実感の湧かない麻里だったが、長くて半年、遠距離恋愛をすることに。
最後の彼の温もりを確かめて…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

クリスマス2020
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
嶋永のの
嶋永のの
フリーのイラストレーター・漫画家(少女漫画・TL)
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう