注目のワード

官能小説【最終話】エッチな女性はお好みですか?

カレと一つになって

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「ラブグッズで熱く感じる小説コンテスト」の大賞作品です。

――最高ですよ、エロい女性。

飲み会の場で、ふざけてそう言われることはあっても、あんなに一生懸命、まっすぐに言われたのは初めてだった。
なんか、肩の力が抜けた。
彼のキスは優しくて、労わるような手つきにすぐに緊張がほぐれて――
ベッドの上で、もっと深く、もっと深くと彼の舌に応える。

「っん……」

Tシャツの上から胸を揉まれて、鼻から抜けるような、甘い声が漏れた。
下着をつけていないそこを、彼の長い指が優しく引っ掻く。

「あっ……」
「ヤバいですって、その声……」

きゅ、と先端をつままれて、腰が揺れた。
吐息と共に、嬌声が高くなっていく。

「あ、んっ、あっ……やぁっ……」
「……いや、ですか?」
「あ、やぁ……服の、上からは……」

求めるように彼の首に手を回す。

「本当に……エロい、ですね。佐倉さん」

伊地知くんのあの熱い視線を感じて、身体が更に疼いた。
彼はTシャツをめくると、その膨らみに、そっと舌を這わす。

「あぁ……っ」

(自分でするより、全然気持ちいい……)

突起を舐められ、吸われ、軽く歯を立てられると、それだけでイってしまいそうだった。
伊地知くんは、片方を丁寧に食みながら、もう片方を指で弄る。

「あっ、あん、ぁ、いいっ……それぇ……っ」
「……ヤバいです、マジで」

熱い吐息を吐きながら、伊地知くんが私を見下ろす。

「あの佐倉さんが、俺の手で悶えてるなんて……興奮が、ヤバい」

(あ……)

伊地知くんの言葉に、視線に、胸の奥がきゅっと切なくなった。

彼が好き。
彼と、一つになりたい。

けれど伊地知くんは、デンマを手にして、電源を入れた。

「これ、使ってもいいですか?」
「え……」
「あー、振動のバリエーションがあるんですね。どれが一番好きですか?」

私は、今すぐにでも彼のものが欲しくて欲しくてたまらなかったのに。

余裕そうな彼の様子に、ちょっとだけ嫉妬する。
けど、すぐにそんなことどうでもよくなった。
何も考えられなくなった、というほうが近いか。

「あっ――!」

私の足を開脚すると、伊地知くんはデンマをそこに当てた。
一番弱い振動なのに、気持ちよすぎて腰が引ける。

「ダメですよ、逃げちゃ」 「あっ、やぁんっ、ダメ、それぇっ……!」

私の足を固定して、伊地知くんがそこを責め立てる。
とろとろと溢れた蜜が絡まって、卑猥な音を漏らしていた。

「これが、好きですか? それとも、こっち?」

カチカチと振動のバリエーションを変えながら、伊地知くんはまっすぐに私の顔を見下ろしていた。
反応してしまうのが恥ずかしくて、でも、顔を隠す余裕なんてない。
最終的に、私は泣きながら懇願していた。

「あっ、や、それぇっ……それ、いいっ、いいの……っ」
「そうですか。じゃあ……」

カチ、一段階、振動が強くなる。

「ひゃあぁぁっ、イっちゃ、イっちゃう、よぉっ」
「いいですよ。イクところ、見せてください」

カチ。

「――っ!」

びくびくっ、と身体が震えて、次の瞬間、頭の中が真っ白になった。
ベッドが湿る感触がして、伊地知くんがふっと笑う。

「潮、吹いちゃいましたね。……かわいい」
「っあ……」

伊地知くんは私に見せつけるように、濡れてしまった指を舐める。
その妖艶な姿に、私の中が切なく疼いた。

「いれ、て……」

喘ぐように呟く私に、伊地知くんが目を見開く。

「はやく……」

足を開いて見せると、彼が途端に余裕のない表情になった。
バスローブを乱暴に脱ぐと、固くなったそれを宛がう。

「もう……なんでそんなにかわいいんですか、貴女は」
「ん、ふ……」

キスをされ、それと同時に挿入された。
苦しいくらいの圧迫感に、ぎゅ、とシーツを掴む。

「……痛かったら、言ってください」
「ん……へい、き……」

官能小説挿絵:エッチな女性を抱いている男性のイメージ

伊地知くんの手が、シーツを握っていた私の手に重なった。
彼の手に指を絡めると、ぎゅっと握り返してくれる。

「うごき、ます……っ」

優しい、けれど切羽詰まった腰の動きだった。
すぐに私の弱いところを見つけて、そこばかり突いてくる。

「あっ、あっ、ぁ、いいっ、いいっ……!」
「っ、僕も、いいです……佐倉さんの中、すっごいキツくて……っ」

唇に軽いキスをすると、伊地知くんは私の顔を見つめる。

「っ、かわいい……好きです、佐倉さん……」
「わたし、も……好きぃっ――」

ぐ、っと最奥を貫かれた瞬間、中が大きく収縮するのがわかった。
彼の熱を受け止めながら、私も、高みへと昇っていく――。

カレのものに…

(……まだ、身体が疼いてる……)

翌朝、寝ている伊地知くんを置いて、私は朝食の材料を買いに出た。
スーパーの袋をぶら下げて帰る途中、昨夜の出来事を思い出す。

(これから、会社で会ったらどんな顔したらいいんだろ)

彼のあの熱い視線に射抜かれただけで感じてしまいそうで、私は疼く身体を引きずるようにして、家まで戻った。

「ただい、ま……って、え?」
「さっ、佐倉さん!」

玄関を開けると、伊地知くんがパンツ一丁のまま駆け寄ってきた。
その焦ったような表情に、眉をひそめる。

(もしかして、昨日のこと覚えてないとか……? だいぶ、お酒飲んでたし……)

嫌な予感が、脳裏をかすめた、次の瞬間――

「や、やり逃げされたかと思った…!」

彼の悲痛な声色と、言葉のギャップに、私は思わず噴き出してしまった。

「ちょっ、そんな笑わないでくださいよ!」
「だって……やり逃げも何も、ここ私の家なのに」
「そ、そうです……けど……」

靴を脱いで家に上がった私の手を、伊地知くんが握る。

「……俺のもの、ですよね?」

不安げに揺れる瞳に、胸が締め付けられる。

「……はい。ちゃんと伊地知くんが好きです。私を……あなたのものにしてください」

背伸びして、ちゅっとキスをすると、彼は耳まで真っ赤に染めて……。
その様子に、私は再び笑い声を上げた。
彼のことが好きだと、心から思った。

END

⇒コチラもオススメ!「達也。今日って何の日だか知ってるよね?(Lovecure 1話)

あらすじ

――最高ですよ、エロい女性。そう言ってくれたからか肩の力は抜けた。
彼のキスはとても優しくて緊張がほぐれていくようだった。
そして私のことが好きだって言ってくれた彼に応えようと…

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
torico
torico
小説家、シナリオライター。 主に女性向け小説、ゲーム…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう