注目のワード

官能小説【1話】彼の知らない私と、私の知らない彼【LCスタイル】

甘美な時間

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「ラブグッズで熱く感じる小説コンテスト」のLC賞作品です。

「ゆ、優くん……!そこっ!クリはダメッ、ジンジンしちゃうのぉ……!」

『いけない子だな、“祥子”。そんなにローターでいじられるのが好きなのか?』

「うんっ、好き……!気持ちいい……っ」

『下着もビショビショだ……。“俺”の手まで濡らすなんて、お仕置きが必要だな』

官能小説挿絵:彼にエッチなお仕置きをされることを妄想するシーン

お仕置き、の言葉に私の腰が跳ねる。
下着越しに伝わるローターの振動が、一気に強くなった。
早く奥までいじめて欲しくて、私は彼に懇願する。

「……ぁ、優くん、お願い……。エッチな私に、お仕置き、して」

『ああ。――ヘンタイで淫乱なお前に、ピッタリの罰を与えてやるよ』

彼には言えない

「――子ちゃん?祥子ちゃん?」
「え!?」

私はハッとして、目の前の優くんを見た。
落ち着いたブルーのシャツを着た、いかにも文学青年といった服装の優くんは、私を心配そうに見つめている。

「大丈夫?さっきから、なんかボーっとしてるよ」
「え、あ、うん」

(いけない、また妄想してた……!)

それもこれも、さっき見た恋愛映画のせいだ。
ドSで気になる彼と、優しい幼馴染。二人の間で揺れる女子高生を描いた人気少女マンガが原作で、ついつい感情移入してしまっていたらしい。

(またやっちゃった……。デート中に妄想するなんて最低だ、私……)

「ご、ごめん。なんでもないの」
「……もしかして、歩き疲れちゃった?この喫茶店、ちょっと遠かったよね。ごめんね」
「そんなことないよ!オシャレだし、ケーキも美味しいし、すっごく素敵なところだと思う!」

私は必死に力説する。
優くんが今日のデートのために、たくさん調べて準備してくれたことを私は知っている。
このカフェだって、私の好きなモンブランが美味しいことで評判だから、選んでくれたのだ。
――そう、私は彼に愛されている。優しくて、恋人思いの素敵な彼だ。
だから、問題は私の方にある。

(でもこんなこと、優くんには絶対言えない……)

「祥子ちゃん。……もしかして、なにか悩み事でもあるの?」

一瞬、考えていたことがバレたかと思って、びっくりする。

「最近、考え事してるの多いよね。僕でよければ話を聞くよ」
「優くん……」
「これでも一応、祥子ちゃんの、か、彼氏、だし」

照れくさそうに優くんが頬をかく。
大学のサークルで知り合ってから二年。付き合ってからは半年たつのに、まるで手をつないだばかりの中学生みたいな反応をする。
そこが可愛いと思うと同時に、物足りないと感じてしまうのは、私が欲深いのだろうか。

――私が彼に言えない秘密。

(それは、私がラブグッズでいじめられるのが好きな、Mだってこと……)

彼だったらいいのに

あの後、体調が悪いと嘘をついて、家に戻ってきた。
帰りたいがためのとっさの嘘とはいえ、優くんを余計に心配させてしまったのは本当に申し訳ない。

(ああ……本当に私って最低)

しかも帰りたい理由が、これだ。
品名に化粧品と記された、宅急便の段ボール。
中身はもちろん、化粧品なんかじゃない。

「また買っちゃった……」

ラブグッズ、それもアプリのストーリーと連携するローターだ。
箱の外からはラブグッズだなんてわからないとはいえ、宅急便のお兄さんに何度も運んでもらうのはやっぱり気恥ずかしい。
私は梱包を開いて、中身を取り出す。淡いピンク色の猫の形をしたローターを手に取った。

(あ……けっこう可愛い)

ふにふにした触感が、ローターっぽくなくて少しほっとした。
でも、この可愛い猫ちゃんが、これから私のビンカンなところを刺激するのだと思うと、申し訳ないような、ゾクゾクするような気分がする。

「ストーリーは……色々あるんだ。どれにしよ――あ」

見つけたのは、ドSな彼にいじめられるストーリーだった。
迷わずそれを選ぶと、私はイヤホンをつけて、ベッドに寝転ぶ。

(ちょっと、ドキドキする……)

私はストーリーの再生ボタンを押す。
ローターを手に握りしめながら待っていると、耳元から男の人の低い声が響き渡った。

「……っ」

ゾクゾクする。
体中が総毛立つ感覚に、身震いした。
それは優くんとの甘いエッチでは味わえない、ヒリヒリとした快感だった。

(私……やっぱりヘンタイなんだ)

耳元で、私を支配する声が聞こえる。
言われるがままにローターをクリトリスに当てると、声と共に振動がいきなり強くなる。

「んん……っ!」

甘ったるい声が抑えられない。
眉根を寄せてこらえながら、気持ちよさに腰を揺らす。

(……でも)

確かに気持ちいい。けれど。

(これが……優くんだったらいいのに)

どうせいじめられるなら、好きな彼がいい。
私はいつものように、目を閉じて優くんにいじめられている妄想を始める。

『そんなに腰を振ってどうした、“祥子”』

「ぁ、優くん……」

妄想の優くんは、私を祥子ちゃんとは呼ばない。
いじわるで強引で、それでいて……エッチな私を引き出してくれる。

『ほら、もっと股を開いてみろ。“俺”に見せつけるように』

「あ、こ……こう……?」

『ふふ……。恥ずかしいところが丸見えだなあ。特にーーココ。ずいぶんヒクヒクしてるじゃないか』

「っや……み、見ないで……っ!」

『恥ずかしいのが好きなくせに。自分の気持ちに正直になれよ、“祥子”』

「ゆ、う、くん……」

『ココ、いじられるのが気持ちいいんだろう?』

「う、うん……好き。私、好きなの……優くん」

『よく言えたな。正直な子には、ご褒美をあげなくっちゃな』

するとブブブブブッと、ローターのバイブレーションが、一気に最大値まで上がる。

「ンアァッ!」

『これが好きなんだろ?気持ちいいんだろ?』

「好き、好きっ!頭おかしくなるくらい、気持ちいいのぉ……!」

『ハハ!ほら、好きなだけ味合わせてやる!』

「ダメ……イ……イく!優くん、イッちゃう――!」

あと少しで、絶頂を迎えるというその時――。
ゴトッ、と近くで何かが落ちる音がした。

「……っ!?」

どう考えても、イヤホンの外から聞こえた音だった。
慌てて、イヤホンを外し、周囲を見回す。
そこには部屋の入口で茫然と立ち尽くす優くんがいた。

「ゆ、ゆう、くん……なんで?」

彼の足元には、コンビニ袋からはみ出したスポーツドリンクが転がっている。
きっと、体調が悪いという私の嘘を信じて、見舞いにきてくれたのだろう。

(ど、どうしよう……見られちゃった……!)

二人で

「あ……ご、ごめん。ノックはしたんだけど……中から苦しそうな声がしたから、病気じゃまずいと思って……その……」

優くんが気まずそうに視線をそらす。

「その、僕、あの……な、なにも見てないから」
「……え?」
「……僕、帰るね。本当にごめん」

優くんはそのままきびすを返す。

(ダ、ダメ……このまま優くんを帰しちゃダメ!)

理由はわからない。
けれどこのまま彼を帰しては、なにか取り返しのつかない誤解が生まれそうな気がした。

「ま、待って!優くん、違うの!」

あわてて、彼の腕をつかむ。
振り返る彼に、私は言葉を振り絞った。

「私……Mなの!」
「……え?」
「強引にいじめられるのが好きなの。でも、優くんにそんなこと言えなくって……試しに買ってみたラブグッズにどんどんハマっちゃって……な、なんて」

マシンガントークで言い訳をする私に、優くんは固まったままだった。

「ご、ごめんね。引いちゃうよね。こんなこと言って……ごめん」

話していくうちに、どんどん目の奥がツンとして、泣きそうになる。 私に泣く資格なんてないのに。

「――祥子ちゃん。一つ聞かせて」
「……うん」
「さっき一人エッチしてるとき、僕の名前を呼んでたよね。あれはどうして?」
「……その、優くんにいじめられてるのを妄想してたら、気持ちよくなっちゃって」
「そう……だったんだ」

すると、彼にぎゅっと抱きしめられる。
突然のことに、私は彼の顔をじっと見つめた。

「正直に話してくれて、ありがとう、祥子ちゃん。すごく勇気がいったよね」
「優くん……」
「……僕の方こそ、ごめん」
「ごめんって……どうして?」
「祥子ちゃんを疑った。もしかしたら、祥子ちゃんが浮気してるんじゃないかって」
「え!?」
「もちろんそんなことないって思ってたけど……祥子ちゃん、最近上の空だったし。スマホも気にしてるみたいだったし」

スマホを気にしていたのは、単にラブグッズの発送が気になっていただけだ。
まさか、彼にそんな風に思われていたなんて。

「それに祥子ちゃんすごく可愛いから、もしかしたらって……不安になって」
「か、可愛くなんてないよ……!私なんて……優くんにはもったいない……」
「……ねえ、祥子ちゃん。僕のココ、触ってみて」

そっと手を下に誘導される。
彼の下半身は、ズボンの上からでもわかるほど、今にもはちきれそうだった。

「おっきくなってる……」
「ね?祥子ちゃんのこと考えてたら、こんなになっちゃった」
「私のこと……気持ち悪くないの?」
「そんなことない。大好きな子がエッチだなんて、こんなに嬉しいことはないよ」

優くんが私の頭をそっとなでる。
彼にそんなことをされたのは、初めてだった。

「ねえ、祥子ちゃん。エッチしよ。二人でいっぱい、気持ちよくなろ」

⇒【NEXT】「本当はずっと……こうされたかったんでしょ?」(彼の知らない私と、私の知らない彼 2話)

あらすじ

大学生の祥子には、恋人の優に言えない秘密があった。
それは彼にいじめられたくて、エッチな妄想をしているということ。
ところが、そんなある日、ラブグッズを使って妄想しているところを彼に見られてしまい……!?

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

2019クリスマスSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう