注目のワード

官能小説【最終話】彼の知らない私と、私の知らない彼【LCスタイル】

いじわるな王子様

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「ラブグッズで熱く感じる小説コンテスト」のLC賞作品です。

優くんがお姫様を扱うように、そっとベッドの上に寝かせてくれる。おもむろに優くんがラブグッズの箱の中を漁っているのが見えた。そして、水色の細長いものを手につかむ瞬間も。

「あ、それは……!」

(買ってはみたけれど、今まで怖くて、まだ使ってなかった――)

「祥子ちゃん。これ、わかるよね」
「バ、バイブ……です……」

それは二股に分かれたバイブレーションだ。
長い方は膣の中に、短い方はクリトリスに当てて、それぞれ刺激する。

「どうやって使うか、教えてもらっていいかな」
「ス、スイッチを入れて……振動する先端を……クリ、に当てたり……」
「へえ。これ、そのまま使っていいのかな?」
「……まずコンドームをつけて、ローションで濡らして……」
「そっか。祥子ちゃんの大事な体が傷ついたら、大変だもんね」

言いながら、目の前でコンドームをつけたバイブにローションを垂らしていく。
あふれたローションが、優くんの手まで濡らしていった。

「ちゃんと……トロトロにしてあげないとね」

私の目を見ながら、優くんがそうつぶやく。
スイッチをいれると、振動音と共にバイブが大きく回転した。

「へえ……こんな感じなんだ。ねえ、祥子ちゃん」

私は、ごくりと唾を飲んだ。

「イメージしてみて。こうやって回転しながら、祥子ちゃんの気持ちいところに当てていくんだよ」
「……ぁ……っ」
「何度も、何度も、電池が切れるまでずっと……」
「ゆ、優くん、じらさないでっ……お願いっ」
「ふふ、そんなに慌てないで。今、いじってあげる」

優くんがバイブを片手に、ベッドの上で膝立ちになる。
ベッドがきしむ音だけで、興奮してくる。
彼はゆっくりと私の両足からショーツを引き抜くと、M字に足を開かせる。
ウィンウィンとうなるバイブが、股間へと近づいていった。

淫らなご褒美

「さ、存分に気持ちよくなって」

先端がクリトリスに触れた瞬間、今までのたまった快楽が爆発する。

「あ、ああっ……!」

(すごい……っ!気持ちいい……っ!)

「んんっ、いい!気持ちいいよっ、優くん……!」
「うん。すごくトロトロな顔してるよ、祥子ちゃん。エッチで、可愛い」

その瞬間、するりと先端が私の中に入り込む。
膣の中でバイブが暴れまわり、肉壁を押しのけて、奥までかき分けていった。

「……ひぅっ!?あ、ダメ、中、すごい、う、動いてる……!」
「ねえ、祥子ちゃん。このバイブ、クリトリスがちゃんと挟める形になってるみたいだよ」
「優くん!?待って、いきなりすぎっ」
「スイッチはこれかな?」
「ダメ、ダメ、待って……!」
「快感から逃げないで、祥子ちゃん」

(今、クリまでいじられたら、気持ちよすぎて、変になっちゃう……!)

「どんな祥子ちゃんでも、ちゃんと僕は受け入れるから」

止めるも間に合わず、クリ側のバイブが振動した。

「ひああああっ!」

腰がはねる。
中と外から挟むように同時に責められて、気持ちよさの逃げ場がない。

「優くんっ、優くんっ」
「あぁ……すごく、エッチだよ、祥子ちゃん……っ」
「ダメ、気持ち良すぎて、ダメ……おかしくなる!」
「可愛いっ……大好きだよ」

優くんがバイブを、ピストンする。わざと、グチュグチュとした水音が響くように。
先端が何度もGスポットをかすめるたびに、私は気持ちよさで頭がいっぱいになっていく。

「んんっ、ひぅ……っああんっ!」
「ズボズボされるの、気持ちいいんだ?エッチな汁が、どんどんあふれ出てくるよ。お尻の穴までぐしょぐしょだ」
「あんっ!あ、アアッ……ん、はあぅ……っ!ふ、ぅあ……っ!」
「……そういえば、お尻も気持ちよさそうだったよね」
「……ぅ、あっ……えっ!?」
「こっちも、いじめてあげる」

さっき使っていたローターが入り口に当てられる。
すると愛液がローション代わりになり、つぷっとローターが中に入ってしまった。

「んんんっ!?」
「おっと。入っちゃった」

入り口付近が、ローターのせいで閉まりきらない。
異物感に、嫌でもお尻の中にローターが入っているのだと思い知る。

「ちょっとつつくだけのつもりだったのに……祥子ちゃんのお尻が呑み込んじゃったんだよ」
「や、やだ……っ、言わない、で……っんぁあっ」
「エッチなお尻だね。ローターをくわえて、離そうとしないんだから」
「や……ゆ、うく……」
「これでスイッチまで入れたら、どうなっちゃうんだろうね」
「……いや、怖いっ、優くん待ってっ!」
「――でも少し悔しいな。グッズ相手だと、こんなに気持ちよさそうなんだ。ちょっと妬いちゃうよ」
「ゆ、うくんっ……優くん……っ!」
「……祥子ちゃん、僕とのエッチでこんなに乱れたこと、ないもんね」

ハッとして、私は顔を上げる。
優くんは静かに、そして寂しそうに笑っていた。

「最初から、グッズを使ってあげればよかったのかな……」
「……ち、違う」
「ん?」
「優くんだから……優くんにいじめられたから、気持ちいいの」

確かに、優くんとのエッチの物足りなさを感じていなかったと言えば、嘘になる。
けれどMだからといって、誰にでも責められばいいってわけじゃない。
むしろ逆だ。信頼した相手からじゃなきゃ、怖くて気持ちよくなるどころじゃないのだから。

「一人エッチの時も……ずっと、優くんにされたらって……んっ、妄想、してた……っ」

あなたじゃなきゃ

私はバイブのスイッチを切ると、起き上がる。
茫然とこちらを見つめる優くんの肩をつかんで、正面からちゃんと告げた。

「優くんじゃなきゃダメ。大好きな人からじゃなきゃ、感じない。……私は優くんに意地悪されたいの!」
「……僕じゃなきゃ……ダメ?」
「そうだよ。優くんだから怖くないの、安心して身を任せられるの。だって、優くんは私を愛してくれてるから……っ!」

官能小説挿絵:彼に愛されながら意地悪されるのを望むシーン

目頭が熱くなる。
少し、泣きそうになってしまう。泣いている場合なんかじゃないのに。

「……泣かないで、祥子ちゃん」

優くんの指が、そっと涙をぬぐう。

「ねえ、君が嫌ならこれ以上、僕は何もしない。君を傷つけたいわけじゃないんだ」
「優くん……」
「祥子ちゃん。この後……どうしたい」
「どう……って」
「それとも、もう、僕が怖い……?」

私は大きく首を横に振る。

「……ううん。そんなことない」

胸の奥から思いがこみ上げてくる。
この言葉は、私の本当の気持ちだ。

「私、優くんに抱かれたい。優くんに、めちゃめちゃにされたいよ……!」
「……良かった」
「お願い。……私の中に、優くんの……入れて」
「うん、喜んで」

優くんは私を優しく押し倒す。
バイブを引き抜くと、すでにいきりたっていたそれを、深く挿入した。

「んんっ……!」
「あぁ……あったかくて、気持ちいいよ、祥子ちゃん……」
「……んっ、優くんのも、あったかい……よ」
「大好きだよ、祥子ちゃん」
「私もっ……優くんが大好きっ」
「ちょっと、もうガマンできないかも……っ、動くね」

優くんが私の腰をつかんで、深く貫いていく。
私の気持ちいい場所は、とっくに優くんに知られていた。

「一番奥、好きだよねっ、祥子ちゃん。ここを……ぐりぐりされるの、そんなに気持ちいいんだ……!」
「ああっ!優くん!優くん!そこっ、そこがいいのぉっ……!」
「可愛い……僕ので気持ちよくなってる祥子ちゃん、すごく可愛いよ……っ」

奥まで突かれると同時に、優くんの顔が近づいてくる。
唇が深く重なっていく。
その隙間から、優くんの舌がもぐりこみ、私の咥内をぐちゃぐちゃに侵していく。

「ん、んんっ!あ……っん、む、ちゅ……ふあっ!」
「ふ……んむ……ン!ん……フッ」

まともに息もできないくらい、深い口づけ。
酸欠状態で、クラクラしながらも、やめられない。やめたくないくらい、気持ちいい。

「――っぷは……!」

それは、息継ぎした一瞬だった。
お尻の中に残っていたローターが、いきなり振動し始めたのだ。
そしてそのスイッチを優くんは手にしていた。

「ゆ、優くん!?」
「全部……気持ちよくなろ、祥子ちゃん」

じわじわとローターのスイッチを上げながら、優くんは私の髪をなでる。

「お尻も、口の中も、乳首も、クリトリスも……。祥子ちゃんの気持ちいいとこ全部」

彼は、私の耳元に口を寄せた。

「……ぐっちゃぐちゃに、してあげる」

今まで見たことのない、ほの暗い表情に、ゾクゾクする。

「あ……優、くん」

この人は誰だろう。こんな表情ができる人だっただろうか。
けれど、もう怖いなんて思わない。
彼は、私の奥底に眠っていた被虐心を引きずり出してくれたのだから。

「して……私をめちゃくちゃにして……!」

キスで口の中をなぶられて。
両手で乳首をいじられて。
腰でクリを押さえつけて。
お尻の中のローターを擦るように、中を突かれて。

(もう……溶けちゃう、溶かされちゃう……っ!)

「んああ、優くんっ、優くんっ!イく、イッちゃう……あああっ!!」
「……っ、祥子ちゃん!」

頭の中が真っ白になる。
そして、二人同時に果てた。

演技じゃない

「す、すごかった……」

あの後、失神するように眠ってしまった私は、気づけば服まで着せられて、ベッドの中にいた。
隣には当然優くんがいるが、ピロートークより前に放心状態になったせいで、甘い雰囲気が全然ない。

(今までしてきたエッチって、いったい何だったんだろう……)

「大丈夫?痛いところはない、祥子ちゃん?ごめんね、無理させちゃったよね」

優くんはいつものおだやかで心配性な恋人に戻っている。
本当にさっきと同一人物とは思えない。

「大丈夫。ありがとう、優くん。すっごく良かった」
「でも……意外だったよ。祥子ちゃんにあんなMっ気があったなんて」
「……ごめんね、ずっと言い出せなくて。あと」
「ん?」
「……ありがとうね。優くん、私のためにSっぽく振舞ってくれたんでしょ」
「ああ、うん。それなんだけど……」

優くんの方に顔を向ければ、少し照れた様子で頬をかく彼がいた。

「その……僕も、祥子ちゃんをいじめてる時……すごく興奮しちゃったんだ」
「……え?」
「本当はね。祥子ちゃんが泣いたとき、申し訳ないと思うと同時に、もっといじめたいって思ったんだよ」

(え?優くんが?え、私を……?あれは演技じゃなかったの?)

「自分にこんな一面があるなんて、思わなかった」
「ゆ、優くん……?」
「それにラブグッズも、調べたら色々あるんだね。今度、僕も買ってみようかな」
「じょ、冗談だよね……?」
「ふふ、どうかな」

優くんは口元を上げるが、その目は笑っていない。
エッチ中でもないのに、私の心臓は早鐘のように鼓動していた。

「ねえ、祥子ちゃん」
「な、なに……?」

悪寒のような、それでいて楽しみのような感情が、私の中で同時に渦巻いていく。
もしかしたら私は、彼すら知らない彼の秘密を暴き出してしまったのかもしれない。

「――次はどれでいじめられたい?」

END

⇒【こちらもおすすめ】ぞくぞくぞくっと、身体の中から震える。まるで、触れて貰うためだけに、そこは存在しているんじゃないかと思うくらいに…(官能小説 私も知らないわたし)

あらすじ

大学生の祥子には、恋人の優に言えない秘密があった。
それは彼にいじめられたくて、エッチな妄想をしているということ。
ところが、そんなある日、ラブグッズを使って妄想しているところを彼に見られてしまい……!?

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

2019クリスマスSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう